#2“kizunaロートシルト”さんはROCKが好き “9”

通信・J-ROCKは好相性 「ABCDEJは必須」 「一神教で母が好き」 電通で電気でヒカリエで東急でauの子 ROCK(青2黒2赤18)=22 “6915”

2018-10-04から1日間の記事一覧

フォークでサーモンをつつきながら考えた事 |日本と米国の航空母艦について 備忘録10/4

前記事: 悩みの改善 これは、以前目を通した読み物に記述されていたお話です。 それによると、たとえば、うつ病を改善するのに良いとされるのは、右利きなら左手のみを使い続ける。 また、左利きなら右と、利き手と反対の手を使い続けるというもの。 どうい…

コミュ障とは、インプット時の接点、または「内側」で異常をきたしてのアウトプットの下手さ 備忘録10/4

やはりシャア好きだわ。メンドクサイやつと思うが、それでも好きだわ 「腕なんて、あんなの飾りです。偉い人には分からんのですよ」 右手が動かない... すぐさま病院へ マズい状態では... かなりの不自由 「内」と「外」を繋ぐモノが身体 自分の心が内側の世…

SNS社会では一神教的な不寛容も通用しない。多様性を貴ぶ事こそ重要となるのは自明の理 備忘録10/4

そもそも、真実なんてモノは無いと理解した方が良い。 少なくとも戦前の日本人の価値観の中にそれらは存在していた。 映画『羅生門』 真実など無い 正解だったとしてもヘイト 真相は『藪の中』 一神教と多神教 マスメディアが一神教の神 一神教的な不寛容も…

相手を疑うのも良いが、同様に自分も疑ってみればいいと思う。いうほど皆大差ない 備忘録10/4

『藪の中』 芥川龍之介の短編小説 『羅生門』のタイトルで映画化 真相は『藪の中』 一神教と多神教の話 「神の視座」が遍在 多神教の国だから 多様性も寛容さも持ち合わせていた やはり「神の遍在」とは日本的 全くの不寛容 自分の頭が藪の中 マスメディアが…