たけさんのzakki

take0606の日記

ポーランドは親日国である「日本とポーランドが手を携えてロシアと闘おう」 |更新10/3 2018ロシアW杯 日本、ポーランドに引き分け以上で決勝T進出 備忘録

知られざる親日国。なぜポーランドの人々は日本に感謝し続けるのか ポーランドが欧州一の親日国となった最大の理由はロシア革命後、シベリアに抑留されたのポーランドの孤児765名をシベリア出兵中の日本軍が救出し、日本で療養させ、1人の死者も出さず、本国…

サッカーのシンボル「八咫烏」 バレー部所属時代、体力強化でお世話になったのが熊野神社 |更新9/27 『2018世界バレー 女子大会 』9月29日開幕!!

【2018 U-20女子W杯 優勝!】なでしこJAPAN ハイライト【タマシイレボリューション】 U-20女子 2018年 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会 U-20日本女子代表、悲願の初優勝~FIFA U-20女子ワールドカップ2018フランス~ | JFA|公益財団法人日本サッカー協…

『ちびまる子ちゃん』の作者さくらももこさん、53歳で死去 |更新9/11 健診の結果を聞いてきた!中性脂肪が202、LDLコレステロールが157と出ました!

・『ちびまる子ちゃん』の作者で知られるさくらももこさんが乳がんのため亡くなった・「極秘でがん闘病を続け、病状を知っていたのは親族や親しい仲間のみ」と出版関係者・吉本ばななさんや『ワンピース』の尾田栄一郎さんとは、特に親しかったという ちびま…

金メダリスト村田諒太が、Facebookで日本ボクシング連盟の不正疑惑に関して言及問題 雑感 |更新8/3 過去の不正は仕方がない。過ちを繰り返さない事により信用や信頼が回復されて行く

リオデジャネイロ五輪(2016年)にボクシング男子ライト級で出場した成松大介選手(28)=自衛隊=に対し、独立行政法人「日本スポーツ振興センター」(JSC)が15年度交付した助成金240万円を巡り、日本ボクシング連盟側の指示で別の選手2人…

「経験則中心主義」それが彼らの“普通”それがルールブック。炎天下でのプレーに疑念を抱く者も... |更新8/3 本田圭佑「東京五輪にオーバーエイジで目指す」

take0606.hateblo.jp 暑い。異常。今日の最高気温は37℃になるそうだ。 やはり、思う事があるのだとすると、炎天下で野球をやる事の異常さとなる。 日中に出歩くと自然と異常さに気づけるはずなんだ。汗を大量にかくし、衣服がまとわりつくようにもなってくる…

黙々と“野球”で物事に打ち込み、“サッカー”のコミュニケーションで結びつく。人だけでなく国もそうかも知れない

https://toyokeizai.net/articles/-/186752 日本で人気のスポーツと言えば、サッカーと野球がイメージとして真っ先に浮かびます。 個人的には対極に位置する競技と認識しているのですが、どうでしょうか。 サッカーは個より組織、野球は組織より個 サッカー…

サッカー日本代表、FIFAランク3位ベルギーに敗れ16強敗退も... |日本の心を取り戻せたということに、勝利以上の価値があるのではないのか

原口元気と乾貴士のゴールで2点をリードしながら、ヤン・フェルトンゲンとマルアン・フェライニ、ナセル・シャドリに3点を食らい、まさかの逆転負けを喫したロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦・ベルギー戦。 一夜明けた3日、日本代表はベースキャ…

ベルギー監督、パス回しは「批判することではない」 |目標が決勝トーナメント進出なら問題ない。プレーの精度と質の向上は次回以降

https://worldcup2018.yomiuri.co.jp/news/2855/ take0606.hateblo.jp 基本線を間違えてはいけない 人の評価は仕方がない。毀誉褒貶もどうにもならない。ただ、基本線を間違えてはいけない。 目的や目標をしっかり定め、その目標にできる限り近づくためには…

ベルギー監督、パス回しは「批判することではない」-サッカー日本代表 |アスリートも武士道と騎士道で戦っている

海外メディアをはじめ国内でも物議をかもすことになったラスト10分。これについて「間違っていたと思うか」と質問を受けたマルティネス監督は「まったく批判すべきことではない」と一蹴した。「W杯ではやはり目標を目指すことが大事。監督は重要な決断を…

「フェアプレーを汚した」「恥だ」日本の他力本願な“消極的パス回し” |美しい姿勢には礼をもって接する。恥を知り襟を正すべきと思う 

黒星もGL突破の日本代表にファンは賛否両論! 勝利するためだけに勝負するわけでもない 各々の戦う場所があるはず ヒノマルを背負おうが結果を残そうが批判 先人が、美しい姿勢を示し続けてきたからこそ 美しい伝統文化 美しい姿勢には礼をもって接する 黒星…

すべてのサッカー選手が目指す大舞台ワールドカップ。負けるつもりでプレーするものなどいない |乾貴士、コロンビア戦の悲観論に待った!「言葉には気をつけて。僕たちはやれる」

引用:「30万ユーロというバカげた移籍金でやって来た」エイバル乾貴士を全国紙が特集! | サッカーダイジェストWeb すべてのサッカー選手が目指す大舞台 内戦状態のなかでもボールを追いかけている デコボコのピッチでも無心にボールを追いかけている 負け…

勝ち負け以外のところに真実がある。姿勢だけは嘘をつけない「W杯日本代表23人発表。本田、香川、岡崎選出」 |サッカー親善試合 スイスに0-2で敗れる

引用:https://jp.sputniknews.com/sport/201709014038371/ W杯日本代表23人発表。本田、香川、岡崎選出 雑感 欧州組中心。「サプライズ」はゼロ 負けるにしても、美しい姿勢を示してこそ 毀誉褒貶が飛び交っている 一途に黙ってやり抜いてこそ だからこそ…