たけさんのzakki

take0606の日記

高校野球はいつまで、炎天下の真っ昼間に試合をするのか... |天照大神のお怒りに触れた。それは女性を蔑ろにし続け、男性の役割を全うしないことへの怒り 更新7/23 

天照大神。それは女性の神様 天照大神(あまてらすおおみかみ、あまてらすおおかみ)は、日本神話に登場する神。皇室の祖神で、日本国民の総氏神ともされる。『延喜式』では自然神として神社などに祀られた場合の「天照」は「あまてる」と称されている。 天…

「経験則中心主義」それが彼らの“普通” それがルールブック |高校球児が夏の甲子園を目指し熱戦も熱中症で倒れる...炎天下でのプレーに疑念を抱く者も

take0606.hateblo.jp 暑い。異常。今日の最高気温は37℃になるそうだ。 やはり、思う事があるのだとすると、炎天下で野球をやる事の異常さとなる。 日中に出歩くと自然と異常さに気づけるはずなんだ。汗を大量にかくし、衣服がまとわりつくようにもなってくる…

高校球児が夏の甲子園を目指すも熱中症で倒れる...炎天下でのプレーに疑念を抱くものも |ハナから精神論や根性論を排除しても上手くいかない

ハナから精神論や根性論を排除しても強い心が育まれない 全国高校野球選手権が今年で100回目をむかえるそうだ。 節目の大会となる今年の夏の甲子園だが、炎天下でのプレーを疑問視する声も少なくない。 昨今、問題が以前にも増して顕在化しやすくなってきた…

黙々と“野球”で物事に打ち込み、“サッカー”のコミュニケーションで結びつく。人だけでなく国もそうかも知れない

https://toyokeizai.net/articles/-/186752 日本で人気のスポーツと言えば、サッカーと野球がイメージとして真っ先に浮かびます。 個人的には対極に位置する競技と認識しているのですが、どうでしょうか。 サッカーは個より組織、野球は組織より個 サッカー…

“鉄人” 衣笠祥雄さんが一途にやり抜くことの美しさを教えてくれた ―― 衣笠祥雄が育てた広島カープの伝統文化

引用:https://dot.asahi.com www.huffingtonpost.jp “鉄人” 衣笠祥雄が育てた広島カープの伝統文化 一途にやり抜くことは美しい 人の評価は恐ろしい 山口も毀誉褒貶に悩まされ続けた不器用な男だった “鉄人” 衣笠祥雄が育てた広島カープの伝統文化 一途にや…

損得勘定よりも、自身の心に重きを置いた大谷翔平から武士道精神を感じる

引用:https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180407001654.html news.livedoor.com 戦前の日本においては学生野球、とりわけ大学野球に人気が集まり、職業野球と呼ばれたプロ野球に人気が出るのは戦後の話。 プロ野球人気の話はそのうちするとして.... …