#2“kizunaロートシルト”さんはROCKが好き “9”

通信・J-ROCKは好相性「ABCDEJは必須」「一神教で母が好き」 電通で電気でヒカリエで東急でauの子 ROCK(青2黒2赤18)=22 “8995” いよいよノンポリ宣言よしこ!

ゆず「ガイコクジンノトモダチ」炎上について |“kizunaロートシルト”になりました。今後とも宜しくお願い致します

精神性の自由を追い求めてこそ文化

“kizunaロートシルト”になりました

自由を追い求めないから表現物もつまらなくなる

現者の窮地だと思いますね。

 自由に表現する事、また精神性の自由を追求してこそロックの本質であると理解しますが、テレビ放送が大量生産したB層により、テレビそのもの、または表現物をつまらなくさせ、結果、テレビ局自身の首を絞めることとなっているようです。

 自業自得とは思いますが、とんでもないマッチポンプですね。

 

ウーマンラッシュアワーのミーハー感覚のB層批判

ーマンラッシュアワーのネタ自体もB層を批判しているものであったはずなのですが、面白いもので評価する者もB層。

 ネタ自体は、僕もつまらないとは思いましたが、何故だか評価され、年明けの『朝まで生テレビ』出演時での失言により、ネット世論が打って変わって、村本叩きの流れへ。

 この一連の流れが影響したかは知りませんが、米国でスタンドアップコメディの勉強をする為に留学するとの報道がなされました。

 


日本全土振動した!ウーマンラッシュアワーの時事漫才

2018年夏 計3回ウーマン村本トークライブ参加

きっかけはTwitter上でからんだことから

時のことを思い出しながら、話を進めて行きます。

 今は別の場所におりますが、そいつと同居中、朝食時にウーマンネタのことを振ってきた。“THE MANZAI2017”を優勝したらしい。早速、YouTubeで確認してみた。

 さかのぼること数か月前。

 “THE MANZAI2017”が放送されたのが年末と考えると、10月ころだったのか。定かではないが、Twitter上でウーマン村本に絡んでしまった。もちろん、悪気はないし、良かれと思ってはじめた。ただ、面白くなかったらしい。

 どこの馬の骨をくわえた犬のようなやつに絡まれてもかなわん、と想うのは理解できるところ。

 そんなこともあった。以降、ネット上でからむようになった。

 そんな最中でのこと。“THE MANZAI2017優勝”、気になる。YouTubeで確認することにした。

手のひらクルクル感から生まれた“マッチポンプ永久機関”

像を通しでみて、気になる点があった。

 どうも、客席が理解しているように想えなかったし、ネット上の手のひら返しもすごい。クルックルッ。手首から先が無いのではないかと想うほどのくるくる感。すげーなと想いつつも、いつものやつ。いつもの通りではないかと思い、皮肉をいってしまう。これもまたいつものやつ。

 かわらない様式美。 

その時生まれたものが

いわゆる“マッチポンプ永久機関”であった。

f:id:ktake0606:20180411174033p:plain

意欲的でもあった、2018年夏でした...

記の表現を、どのように捉えていたかは、分からないが、以降、ネット上でからむことをつづけた。2018年6月、ある施設に通いはじめる。

 状態も良くなりつつあり、意欲的でもあった。そんな最中、ウーマン村本トークライブを見にいくことにした。そんな、2018年夏。

 トークライブ自体計3回見にいくことが出来た。素人だし、ネタをどうこう言える立場にはない。ただ、大きいものや多数のものに批判的な立場にいる事は理解できた。

 それ自体は良いものとらえており、立ち行かない日本社会を少しでも変えることが必要に感じられることから、半ば暴言の数々も良いものととらえている。マイノリティのそうした表現自体を封じてしまうと、民主主義は立ち行かなくなるし、多種多様な文化、ローカルの文化も、育むことも難しくなってしまうと考えられることから、トークライブ自体を好意的に捉えていた。

 4度目は理由があり、かなわなかったが、2018年夏の出来事は良いのものとして記憶にとどめております。その節は有難うございました。

 

村本論: 妬み恨みを強みに変える、ネガポジ365日

村本論: 妬み恨みを強みに変える、ネガポジ365日

ミーハー感覚のB層が自由を奪っている

治に限らず、表現者の自由を奪うのがB層であり、B層が諸悪の根源なのかなと考えています。

 ただ、しょうがないかも知れません。テレビとは大衆のためのモノであり、テレビの本分というのも理解しますから仕方ないのでしょう。

 しかし、この状況にアーティストなどは、つまらないと感じているのではないでしょうか。

 B層向けの作品しか作れないですから。

ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体 (講談社+α新書) 新書 – 2011/8/19
適菜 収 (著)

では、『ガイコクジンノトモダチ』を聞いてみよう

ゆず- ガイコクジンノトモダチ    

ゆず- ガイコクジンノトモダチ 

ガイコクジンノトモダチ

ガイコクジンノトモダチ

“右左”とはあくまでも手段   

 家やくにを守るかに、いわゆる“右左”は無関係。“右左”とはあくまでも目的を達成するための手段。

 手段としての表現が“右左”のレッテル貼りにより不自由にされるなら、やはり“右左”の問題ではなく駄目ですよ。駄目なものはダメ。

 そう言えば、椎名林檎さんも似たようなレッテル貼りで叩かれましたね...( ;∀;)

椎名林檎 - NIPPON   


椎名林檎 - NIPPON

追記:19/6/9   

 昨日、横須賀に行ってきました。三笠公園に立ち寄ることが目的でした。また、横須賀中央駅付近も散策して来ましたので、機会がありましたら、少しづつ反映させて行けたらなと思います。

f:id:ktake0606:20190609032546j:plain

三笠公園   

三笠公園(みかさこうえん)は、神奈川県横須賀市にある都市公園(歴史公園)である。横須賀新港に面しており、大日本帝国海軍の戦艦「三笠」が保存・公開されている。

 右手の像が、東郷平八郎。また後ろに見えるのが、大日本帝国海軍の戦艦「三笠」になります。

 先日、東京競馬場によった際、時間も少し余ってしまったので、付近を散策することにした。東郷寺が気になり立ちよることにした。

 黒澤明監督の映画『羅生門』のモデルとなった門があるのだとか。写真に収め納得。後日、原宿にある東郷神社にも立ち寄りました。(下記リンク内に記事があります)

 

三笠公園(みかさこうえん)は、神奈川県横須賀市にある都市公園(歴史公園)である。横須賀新港に面しており、大日本帝国海軍の戦艦「三笠」が保存・公開されている。

三笠公園は「日本の都市公園100選」「日本の歴史公園100選」に選ばれており、テーマは「水と光と音」。園内には流れるせせらぎの音が耳をくすぐる安らかなひと時がある。園内には音楽噴水があり、1日6回(夏季は7回)音楽に合わせて大小様々な噴水が上がるショーが1回約15分で行われ、夜にはライトアップもされる。

そのほか芝生広場や豪放な壁泉、高さ18メートルのモニュメント、東郷平八郎連合艦隊司令長官の銅像などがある。大和型戦艦の砲弾も付近に展示されているほか、大日本帝国海軍を偲ぶ形で石碑も建立されている。観光ツアーのコースのひとつとなっている。2009年放映開始のテレビドラマ『坂の上の雲』に戦艦「三笠」が登場し、撮影ロケ地となった。

三笠公園 - Wikipedia

f:id:ktake0606:20190609035824j:plain

戦艦「三笠」   

軍艦(ぐんかん)三笠(みかさ)は、敷島型戦艦の四番艦。イギリスのヴィッカース社で建造され、1902年(明治35年)3月に竣工。奈良県にある三笠山(春日山)にちなんで命名された。

東郷平八郎 (講談社学術文庫)

東郷平八郎 (講談社学術文庫)

「明治」という国家[新装版] (NHKブックス No.1249)

「明治」という国家[新装版] (NHKブックス No.1249)

三笠(みかさ)は、大日本帝国海軍の戦艦。

軍艦(ぐんかん)三笠(みかさ)は、敷島型戦艦の四番艦。イギリスのヴィッカース社で建造され、1902年(明治35年)3月に竣工。奈良県にある三笠山(春日山)にちなんで命名された。 船籍港は京都府舞鶴市の舞鶴港。同型艦は、敷島、初瀬、朝日。1904年(明治37年)からの日露戦争では連合艦隊旗艦を務め、連合艦隊司令長官の東郷平八郎大将らが座乗した。1905年(明治38年)5月末、連合艦隊旗艦として日本海海戦を戦う。同年9月11日、佐世保港で爆沈した。浮揚修理され、1908年(明治41年)4月下旬に修理工事を終えた。1912年(大正元年)10月3日、前部火薬庫火災事故を起こす。

f:id:ktake0606:20190609040011j:plain

三笠 (戦艦) - Wikipedia

NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 ブルーレイ BOX [Blu-ray]

NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 ブルーレイ BOX [Blu-ray]

アンチのメディアリンチに過ぎない“ネトウヨもB層”

旧メディアが違えど、政治家さんやその奥さんである一般人の方、はたまた、芸能の世界で生きる芸人さん、アーティストの皆さん、それぞれがメディアリンチに遭っているだけです。

 新旧違えど、それぞれ新旧が作りだしたアンチにリンチに遭っているだけです。韻を踏んでいるわけではありませんがwそういう事です。

 同様の事です。

 

右翼と左翼 (幻冬舎新書)

右翼と左翼 (幻冬舎新書)