たけさんのzakki

take0606の日記

クリンチャー凱旋門賞挑戦!「世界の頂点を目指したい」について...雑感 |更新9/17 仏・フォワ賞 ヴァルトガイストが差し切り優勝、武豊クリンチャーは最下位6着

f:id:ktake0606:20180418191905j:plain

2017年デイリー杯2歳S 優勝 ジャンダルム    

クリンチャー&ジャンダルム、凱旋門賞挑戦も!

2018年皐月賞(GⅠ) レース結果

f:id:ktake0606:20180607061243p:plain

皐月賞【2018年4月15日中山11R】 | 競馬ラボ

レース 映像

2018年04月15日 皐月賞GⅠ 芝2000m 中山競馬場

1着:エポカドーロ 牡3 (戸崎圭太)
2着:サンリヴァル 牡3 (藤岡佑介)
3着:ジェネラーレウーノ 牡3 (田辺裕信)

レースタイム:2:00.8(稍重)
レース上がり3F:37.3
勝ち馬上がり3F:35.1

皐月賞レース後コメント

9着 ジャンダルム(武豊騎手)
 「スタートが痛恨でした。前につけようと思っていましたが、ポジションを取れませんでした」

ノースヒルズ・前田幸治代表「世界の頂点を目指したい」

クリンチャー&ジャンダルム、凱旋門賞挑戦も!ノースヒルズ・前田幸治代表「世界の頂点を目指したい」 : スポーツ報知

 天皇賞・春で人気の一角を担うクリンチャー(牡4歳、栗東・宮本厩舎)と、ダービーでの反撃を狙うジャンダルム(牡3歳、栗東・池江厩舎)の2頭が凱旋門賞・仏G1(10月7日、ロンシャン競馬場・芝2400メートル)への挑戦を検討していることが16日、分かった。現在は一次登録を申請中。株式会社ノースヒルズの前田幸治代表は本紙の取材に対し、「日の丸を背負い、世界の頂点を目指したい。日本人初の凱旋門賞制覇を狙います」と意欲を示した。

 ノースヒルズは13年に出走したキズナが4着。「クリンチャーは天皇賞・春で勝ち負けをしてくれれば。重い馬場の適性はキズナよりも上ではないかと思っています」とタフな芝への対応力に自信を見せる。一方、皐月賞で9着に敗れたジャンダルムも「ダービーで3着以内なら」と参戦を検討中。こちらは米国競馬の祭典、ブリーダーズカップ競走(11月2、3日、チャーチルダウンズ競馬場)のターフ(芝2400メートル)、またはマイル(芝1600メートル)への参戦も視野に入れている。

2014年札幌記念 優勝馬 ハープスター

 ジャンダルム、凱旋門賞挑戦なんだね。次走はダービーで、ハープスターみたいに札幌記念を使ってから、渡仏の予定かしら。

 ハープスター好きな馬だったな(^^♪

 主戦の川田将雅がよくやり玉に上がったのも懐かしい。よし、動画見るよ。では、2014年の札幌記念にします。

2014年札幌記念 ハープスター   


札幌記念 2014 ハープスター

 札幌記念から凱旋門賞へ出走したのだけど、出来イマイチもゴールドシップを封じたのだから恐れ入るよね。同レース2着のゴールドシップとともに渡仏し、3歳牝馬ながら6着と大健闘。

2014年凱旋門賞      

 日本からタイプの違う3頭を揃え参戦させるも、後ろ目のポジションが仇となり全馬着外に。

 不調だった、前年の覇者トレヴが復活V。

2014年 第93回 凱旋門賞      
ハープスター 牝3   6着
ジャスタウェイ 牡5  8着
ゴールドシップ 牡5  14着

優勝馬トレヴ 牝4 仏国

ハープスター  競走成績
ジャスタウェイ 競走成績
ゴールドシップ 競走成績

2014年凱旋門賞 トレヴ   

時計のかかる馬場が合いそう

 クリンチャーもジャンダルム同様に時計のかかる馬場が合いそうなので、悪くないチョイスに思う。宝塚記念では、レインボーライン、キセキとともに上位に取ろうと思ってた(^_-)-☆

 宝塚記念使うのかな。宝塚は凱旋門賞挑戦馬選定レース的な意味合いがあったりするから、このレースで強い競馬をすると、凱旋門賞で勝てないまでも、ある程度勝負になるから試金石になる。楽しみな2頭だね。

ジャンダルムが米遠征断念 今後は富士SからマイルCSへ

 BCマイル・米G1(11月3日・チャーチルダウンズ)挑戦を予定していたジャンダルム(牡3歳、栗東・池江)が遠征を見送ることが24日、分かった。

 「今のレーティングでは出走枠に入らない。現地の前哨戦であるGIで3着以内に入らないと駄目なので」と池江師が説明した。ダービー17着後は放牧に出されており、秋は富士S(10月20日・東京)からマイルCS(11月18日・京都)に向かい、その後は香港マイル(12月9日・シャティン)への参戦も視野に入れている。

2017年富士S 優勝 エアスピネル


2017/10/21 第20回 富士S(GⅢ)【エアスピネル】

2017年マイルCS 優勝 ペルシアンナイト 


2017/11/19 第34回 マイルCS(GⅠ)《結果速報》

2018年仏・フォワ賞 JRAから武豊騎手クリンチャー参戦 6頭立ての4番枠に

 16日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる、凱旋門賞の前哨戦であるフォワ賞(G2・芝2400m)の枠順が発表され、日本のクリンチャーは4番枠となった。鞍上は武豊騎手
 現在3連勝中、前走でサンクルー大賞(G1・芝2400m)を制したヴァルトガイストは3番枠、昨年のBCターフ(G1・芝2400m)勝ち馬のタリスマニックは6番枠となった。
※ゲート番順、数字はゼッケン番号
02 ウェイトゥパリス(牡5、C.デムーロ騎手、伊・A.マルチャリス厩舎)
04 クロスオブスターズ(牡5、V.シュミノー騎手、仏・A.ファーブル厩舎)
03 ヴァルトガイスト(牡4、P.ブドー騎手、仏・A.ファーブル厩舎)
06 クリンチャー(牡4、武豊騎手、栗東・宮本博厩舎)
01 カプリ(牡4、W.ローダン騎手、愛・A.オブライエン厩舎)
05 タリスマニック(牡5、M.バルザローナ騎手、仏・A.ファーブル厩舎)
※全頭斤量は58kg

フォワ賞 GⅡ

2018/9/16(日)

フランス パリロンシャン競馬場 発走時刻 16:35(日本時間 23:35)

芝右2400m 馬場状態:良


《高画質版》2018年 第64回 フォワ賞(GⅡ)【ヴァルトガイスト】

仏・フォワ賞 ヴァルトガイストが差し切り優勝、武豊クリンチャーは最下位6着

 16日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われた、凱旋門賞の前哨戦であるフォワ賞(G2・芝2400m・6頭)は、後方からレースを進めたP.ブドー騎手騎乗のヴァルトガイスト(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)が、直線で前を捕らえ優勝した。勝ちタイムは良馬場で2:28.70。
 2.1/2馬身差の2着がタリスマニック(牡5、仏・A.ファーブル厩舎)、クビ差の3着がクロスオブスターズ(牡5、仏・A.ファーブル厩舎)となった。日本から参戦した武豊騎手騎乗のクリンチャー(牡4、栗東・宮本博厩舎)は、先手を取ったものの、直線伸びずに最下位の6着だった。
 ヴァルトガイスト父Galileo母Waldlercheその父Monsunという血統。今年のサンクルー大賞(G1・芝2400m)の勝利などがある。

武豊フォワ賞最下位。勝ち馬陣営「ジャパンC向く」!クリンチャー惨敗以上に驚愕