たけさんのzakki

take0606の日記

多様性と寛容さが日本の歴史と伝統文化とも言える。それら日本の心に準ずることが保守のありよう |アニメーションと神道は密接な関係  更新6/12

f:id:ktake0606:20180420010248j:plain
Forest-Creek-Eagleville-PA-USA.jpg - Wikipedia

保守思想とアニメは密接

アニミズムと神道

 保守思想とアニメーションは密接な関係にあり、切っても切り離せない。

 日本には古来から、アニミズム思想と言うものがあり、自然の中に精霊や魂、神様が宿ると考えられていました。

 その様々なところに神様が宿るさまから、“八百万の神々”と呼ぶこととなります。

 蛇足ではありますが、これらは森喜朗元首相の“神の国発言”の由来とも言えます。

 発言自体は間違いではありません。

日本のアニメと神社

 また、「八百万の神々」が作中で描かれたものが、スタジオジブリ作品、映画『千と千尋の神隠し』です。

 川や海、汚泥にすら神が宿っているのです。


千と千尋の神隠し - あの夏へ

 映画『君の名は。』では、ヒロインの宮水三葉が、妹とともに宮水神社の巫女を務めるなど、本作品に限らず、あらゆるアニメに神社が描かれています。


【高音質】【君の名は。】主題歌&劇中歌4曲メドレー【RADWIMPS】

関連記事:

take0606.hateblo.jp

自然の中に神を見る

 古代日本宗教とは、「アニミズム」と「シャーマニズム」の二本柱で成っていたそうで、アニミズムとは、人類学者タイラーの提唱した『霊的存在への信仰』という意味だそうです。

 語源はラテン語で「アニマ」と言い、『霊魂』という意味を指し、一方、シャーマニズムとは、霊能者シャーマンが霊的存在と交信を取って儀礼を行うような宗教儀式を総称して言い、語源はツングース語で「サマン」、『知る人』という意味だそうです。

 日本のシャーマンは、地方によって巫女、イタコ、ユタなどの名称で呼ばれているようです。

 古代日本人は、自然の中に神を見出し崇め祀ることで自然を大切にしてきました。

 そうすることで自然を守り、自身をも戒めていたのでしょう。これが、アニミズムなのです。

 そして、アニメーションは、ラテン語で霊魂を意味するアニマが由来しています。

 生命のない、動かないものに命を与えて動かすことを意味しており、無生物もアニマをもっているという世界観がアニミズムなのだそうです。

アニメやマンガに寛容でこそ

表現方法に過ぎない

 アニメやゲーム、マンガなどに不寛容なオトナがいる。

 ずいぶんと頭が固いな、と僕などは思うが、アニメもゲームも、それこそマンガも、ただの表現方法。

 手段に過ぎず、貴賤などない。

 僕は小説も読むし、実写・アニメ映画も観る。また、ゲームもプレイするしマンガも読む。本来、そこに貴賤など、あるはずもないのだが、そう思っていない者もいるらしい。

 頭が固いね(^_^;)

日本の心に準ずることが保守

 自由を追求してこその保守。また、多様性と寛容さが日本の歴史と伝統文化とも言える。

 それら日本の心に準ずることが保守思想なのだろう。

 同時に他者が自由を追及しているのだとしたなら、多様性を認め寛容さで接してこそで、アニメやゲーム、マンガなどwwwとすべきでない。

 少なくとも保守ほどすべきでない。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

自由に表現してこそ

“平等”は多様性と対極

 ゆずの「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞について、ネットを中心として炎上していました。 

 ネット民が言うには、ゆずは“ネトウヨ”だそうです💦

 B層由来の“テレサヨ”がレッテル貼りをしてのこととも思いますが、平素、多様性や寛容を口にするものが、何故、歌詞の文言をとらえてネトウヨ認定できるのか、謎でもありますね。

 そもそも、ゆずに「ネット」のイメージが有りませんがな( ;∀;)

 ゆず- ガイコクジンノトモダチ

関連記事:

take0606.hateblo.jp

アニミズムこそが日本における多様性

 少なくとも“サヨク”こそ、“ガイコクジンノトモダチ”を認めなければならないはずなのに、歌詞にとらわれ、アーテイストの言わんとすることが見えてこないから、起きてしまったパラドクス( *´艸`)

 やはり、綺麗ごと。

 日本における多様性とは保守のフィールド。

 アニミズムこそが日本における多様性。

 様々なものに神様が宿ると考えれられた心根を持つ日本人は、元来、多様であり寛容。

 欧米から伝播するまでもなく、もともと、日本人はそれらの心を持っているよ。

関連記事:

take0606.hateblo.jp