たけさんのzakki

take0606の日記

“正しいことなど無い”から巻き込んだもの勝ちがメディアの在りよう!?  山口達也をメンバーと呼称して報道 元刑事が「容疑者で問題ない」問題 雑感

f:id:ktake0606:20180427132509j:plain

引用:news.livedoor.com

news.livedoor.com

山口達也メンバー泥酔強制わいせつ問題 雑感

正しいことなど無い

同じことがらを争う法廷    

 裁判というモノがあると思います。

 検事さんと弁護士さんが、法廷で正しい、正しくないを争っているドラマを見たりもしますね。

 面白いモノです。ひとつの事柄が争点のはずなのに、何故だが正反対の主張をしています。

 不思議です。同じ事件なのに、正反対の立場で争う。何故なのでしょうか?

 .......... 

 そこで、気づいたのです。正しいことなど無い、と言うことです。

そこで、気づいたこと。"正しいことなど無い"

 たとえば、事件が起きたとしまして、被害者がおり、加害者もいます。

 おおよそ被害者の方が可哀想な状態に陥ることから被害者なのですが、何故だが、正反対の主張をして検事さんと弁護士さんが争うのが法廷なのです。

 検事さんが被害者の立場、弁護士さんが加害者の立場で代弁します。

 不思議です。頭もよく、お互い法律の勉強をしているのに反対の立場で代弁する。

 つまり、こう言うことです。

 頭がいい人ほど正しさなど意味がないことを知っており、理屈をこねれば、どちらの立場からも主張できることを知っているのではないか、と言うことです。

take0606.hateblo.jp

正しさが、あるとするなら巻き込むこと

  なので、正しさに意味などなく、どちらの立場からも主張できる優秀なスピーカーこそ求められているのではないのかと言うことです。

 それは、インフルエンサーといった今風の言い方をするかもしれませんし、正しい、正しくないではなく、巻き込んだモノ勝ちと言う事かもしれません。

 また、それがメディアの在りようなのでしょう。

take0606.hateblo.jp

理屈より可哀想と思ってこそ 

子供に自由も平等もない

 自由や平等というモノがあると思います。

 自由とは、誰からも束縛されること無く、思うがままに振る舞えることといえるでしょうか。

 また、平等とは、分け隔て無くみな一様におなじく等しいことでしょうか。

 個人的に思うことを話させてもらうとすると、自由にせよ、平等にせよ最初から等しく在るはずも無く、もちろん、あたえられるモノでも無い。

 それは、戦い奪い取っていくモノで、自由とは格闘の中か、または葛藤の中にしか無いと言うこと。

 また、平等も同じくそうなのでしょう。

 もちろん、子供に自由や平等があるはずも無く、能力や機会に多少の差異はあれど、どうであれ獲得していくしかない。また、その努力をするしかない。

take0606.jp

だからこそ理屈じゃない 

 ただ、自由も平等もないからこそ、大人は子供の痛みや苦しみをできる限り自分の事としなければならない。また、できる限り耳を傾けなければならない。

 自分と分け隔てなく、痛みと苦しみを同様に感じ取る努力をしなければならない。

 そもそも、子供にとって自由も平等も知ったことではない。また、理解ができるはずもない。

 そういった未熟な対象に、大人が出鱈目をして良いはずもない。

 露見する、しないやルールや道徳といった問題ですらない。 

 自由や平等が相手から奪い取っていくモノだったとして、ルールや道徳と言うものではなく、相手の痛みや苦しみを自分のこととして感じ取る心がないのだとしたなら、自由も平等もないように思います。

take0606.hateblo.jp

弱者の心を見てこその保守とみる

 理屈で考えるから、理屈で正当化し、正当化した悪意を弱者に向けてしまう。

 理屈と言うものを優位にするのではなく、弱者の心を慮ってこそ。

 対して、理詰めで自分を正当化しながら、弱いモノいじめをするなど、悪魔の所作だと思います。

 優秀な人ほど、どちらの立場にも立てるのが正しさなら、最初から、正しいことなどないと考えた方が良いと思いますし、正しさよりも、弱者視点でこそとも思います。

 また、それこそ、日本の心に準じた保守の在りようとも言えますね。 

diamond.jp