たけさんのzakki

take0606の日記

愛する人を死ぬ気で守り抜くこと。また、その姿勢が“愛国心”となります |自然な感情の発露が“右”で何が悪い。バカなの?

愛する女性を守る心が“愛国心”となる 

弱きものに悪意を向ける心は愛国心と対極

 

 愛国心というものがあると思うのです。

 国を愛することかと思うのですが、この心を端的に表すとすれば、

愛する人を死ぬ気で守り抜くこと。また、その姿勢が愛国心となります   

 愛国心を養うには、それに値する対象をみつける。または、その心を育む必要があります。

 愛する人を思う心は、その人を育んだ故郷を思う心となりますし、その故郷がある地域や国を死ぬ気で守るといった、自然な感情に派生してゆきますので、男性なら、愛する女性を守る心が愛国心を育む土壌となってゆきます。

 なので、男性と比べて弱きものである、女性や子供に悪意を向ける心は愛国心と対極に位置します。

 また、それを良しとするのも同様です。

 

弱きものを命を賭して守ろうとしたのだろう

 女性を守ろうと必死に抵抗し命を落とした男性が、理屈をこねてまで批判にさらされる筋合いがどこにあるのか。

 それらの悪意を、命を落とした後まで向けられるのだとしたなら、悪魔かなにかかと思うね。

 

自然な感情の発露が“右”だったとして、何が悪い?   

 なぜ、理屈をこねるのかと思う。

 RADWIMPSの新曲が「軍歌っぽい」と批判にさらされ炎上し、ヴォーカルの野田洋次郎が謝罪するに至ったが、自然な感情の発露が“右”だったとして、批判される筋合いがどこにあるのか。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

現代社会から愛国心が育まれるはずがない 

 弱者やマイノリティーを思う心が愛国心そのものともいえます。

 なので、力や数を背景とした暴力も、愛国心と対極になります。

 また、パワハラ、マタハラ、ブラック企業、DV、セクハラなどなど、これらの類は、すべて愛国心とは対極に位置します。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

某炎上芸人は愛国心の塊か!?   

 某炎上芸人などは、女性視点や弱者視点でのツイートがメインで炎上していますが、そのツイート自体は愛国心となります。

 “炎上芸”から、すべての思惑を排除すると、行為自体は愛国となりますし、もし“ネトウヨ”が寄ってたかって炎上させているのなら、たとえ、限りなく正しいであろう意見であったとしても、数を背景にした時点で愛国とは別となります。

 それは、ただのイジメ。

 また、某ゲスミュージシャンも不倫という行為自体は愛国と対極に位置しますが、寄ってたかっての批判なら、それも愛国とは別となります。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

“ネトウヨ”“テレサヨ”ともに愛国ではない   

 これらの事からも、いわゆる“右左”と別のところにあることが分かると思いますし、愛国心とは弱きものの気持ちに寄り添ってこそとなります。

 理屈ではなく、弱きものをかわいそうと思う心。はかなきものに、もののあはれを感じてこそ、愛国心となります。

 なので、弱者を救う手段がたとえ“左”であったとしても、思う心が全うなら、愛国心となります。

 反面、“右左”をふりかざしての悪意は、すべて、愛国心と対極にありますので、“ネトウヨ”“テレサヨ”はともに愛国では無いとなります。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

ネットウヨク、テレビサヨクはタガタメよ? 

Mr.Children「タガタメ」from Stadium Tour 2015 未完   

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
Mr.Children (出演) 形式: Blu-ray 

 これ、ジャスラック的にどうなのかは分からないのですが、問題があるなら、連絡お待ちしています♪

 では、『タガタメ』の歌詞を一部引用します。

タガタメ   

(前略)

f:id:ktake0606:20180122122328p:plain

(後略)

作詞 Kazutoshi Sakurai 
作曲 Kazutoshi Sakurai
Mr.Children

 

『タガタメ』も愛国心を歌っています 

 ええ、そういう事です。

 左の人、右の人、ふとした場所で繋がっているのですね。

 国を思う心。また、愛する大切な子を育んだ郷土を思う心で繋がっているという事です。

 ま、私見ですけどね。

 ミスチル信者も狂信的で冗談が通じないと聞きますから、カラオケなどでマイクで殴られないように気を付けたいです( *´艸`)

関連記事:

take0606.hateblo.jp