たけさんのzakki

take0606の日記

勝ち負け以外のところに真実がある。姿勢だけは嘘をつけない「W杯日本代表23人発表。本田、香川、岡崎選出」 |サッカー親善試合 スイスに0-2で敗れる

f:id:ktake0606:20180608081724j:plain

引用:https://jp.sputniknews.com/sport/201709014038371/

日本代表、スイスに0―2で敗れる サッカー親善試合   

www.asahi.com

W杯日本代表23人発表。本田、香川、岡崎選出 雑感

mainichi.jp

欧州組中心。「サプライズ」はゼロ

 “選手選考問題”で注目された、ワールドカップ・ロシア大会日本代表選手発表でもあったが、欧州組中心と「サプライズ」はゼロだった。

 平均年齢も過去最高の28.17歳に達し、30歳以上の選手が史上最多の7人を数えたチーム編成となっている。

負けるにしても、美しい姿勢を示してこそ

 これは、語弊もあるが、個人的に思う事があるとすれば、見事に負けてほしい。嘘でも見事に負け、その姿を示してほしい。

 言い訳もせず、逃げることなく堂々と全力で戦い、見事に負ける必要がある。

 下を向かず、その姿を示す必要がある。後進の為にも、その姿勢が必要となる。嘘でも姿勢を示す必要がある。

毀誉褒貶が飛び交っている

 あらゆる毀誉褒貶が飛び交っている。それは、サッカーだけでなく、オールジャンルの事柄でも見られるし、日常生活にも見受けられる。

 ひと月前と違うことを言い出すオトナがいる。

 ただ、すべての人間が、その出鱈目さを持ち合わせてるわけではない。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

一途に黙ってやり抜いてこそ

 “その出鱈目”から発せられる、酷い言葉に苦しめられる人もいる。

 もし、言葉に価値があり力があるのだとするなら、一途に黙ってやり抜くことしかない。その姿勢を示し続けるしかない。

 そうではなく、フラフラと評価を気にし、他人に委ねる正しさに価値があるはずがない。

 また、その言葉を聞く必要もない。 

 何時ものように、ひと月後には違うことをいう。それは、暴力。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

だからこそ美しい姿勢を示す

 ワールドカップでどのような結果になるにせよ、姿勢を示してこそに思う。

 これからも、あらゆる毀誉褒貶があるとは思うが、姿勢だけは嘘をつけない。

サッカーの矜持   

 様々な事情を抱えた国同士が普遍的なルールで戦う競技、その普遍性を持ったルールの中でプレーする限り、国々の抱えている様々な事情は排除されるフェアな世界。

 それが、サッカーであり矜持。

 つまり、選手同士が敬意を払い続ける限り、あらゆる情報が真実であれ嘘であれ、選手のその姿勢だけは真実ではないのか。

 また、戦う姿勢が真実であるなら、あらゆる情報が嘘となる。

関連記事:

take0606.hateblo.jp