たけさんのzakki

take0606の日記

福沢諭吉『脱亜論』について手短にまとめました |米朝首脳会談~トランプ氏、非核化費用「韓国と日本が...」

f:id:ktake0606:20180614141234p:plain

take0606.hateblo.jp

福沢諭吉『脱亜論』について手短にまとめました

脱亜論は新聞『時事新報』の社説

1885年3月16日   

 脱亜論は新聞『時事新報』の社説として掲載。

 原文は無署名の社説で、本文は片仮名漢字表記、長さは400字詰原稿用紙、約6枚程度。

時事新報 - Wikipedia

 まず、執筆者は交通手段の発達による西洋文明の伝播を「文明は猶麻疹の流行の如し」と表現する。それに対し、これを防ぐのではなく「其蔓延を助け、國民をして早く其気風に浴せしむる」ことこそが重要であると唱える。その点において日本は文明化を受け入れ、「獨り日本の舊套を脱したるのみならず、亞細亞全洲の中に在て新に一機軸を出し」、アジア的価値観から抜け出した、つまり脱亜を果たした唯一の国だと評する。

 「不幸なるは近隣に國あり」として、支那(清)と朝鮮(李氏朝鮮)を挙げ、両者が近代化を拒否して儒教など旧態依然とした体制にのみ汲々とする点を指摘し「今の文明東漸の風潮に際し、迚も其獨立を維持するの道ある可らず」と論じる。そして、甲申政変を念頭に置きつつ[4]両國に志士が出て明治維新のように政治體制を變革できればよいが、そうでなければ両国は「今より數年を出でずして亡國と為り」、西洋列強諸国に分割されてしまうだろう、と推測する。

 その上で、このままでは西洋人は清・朝鮮両国と日本を同一視してしまうだろう、間接的ではあるが外交に支障が少なからず出ている事は「我日本國の一大不幸」であると危惧する。そして、社説の結論部分において、東アジアの悪友である清国と朝鮮国とは、隣国という理由で特別な関係を持つのではなく欧米諸国と同じような付き合いかたにして、日本は独自に近代化を進めて行くことが望ましいと結んでいる。「我れは心に於て亞細亞東方の惡友を謝絶するものなり」とは「心(感情)」という個人的な感情を表した表現であって、「国家関係として日本と朝鮮とは縁を切って国交断絶すべき」というような主張ではない。

脱亜論 - Wikipedia

ざっくり解説

文明ははしかの様なものだ

船来航以降、日本は開国を迫られ、西洋文明は東へ伝播して来ました。

 文明ははしかの流行の様なものだ、と書かれており、防ぐ手立てが無いのなら、文明を受け入れるしかないね。という事のようです。

 また、幕末の開国とともに西洋文明を受け入れる必然性もあり、そのためにも倒幕が必要だったのでしょう。

 佐幕派(幕府側)と倒幕派(薩長)の戦の結果、明治維新政府が誕生します。

佐幕派(幕府側)と倒幕派(薩長)は保守派(右翼)と革新派(左翼)の戦でもある

 別バナではありますが、昨今、話題ではありますので...

佐幕派(幕府側)は保守派(右翼)

倒幕派(薩長)は革新派(左翼)となります。

take0606.hateblo.jp

新機軸としての「脱亜」

治維新政府が近代文明を導入したのとともに、日本がアジアにとっての新機軸として「脱亜」という主義を確立しました。

 日本は極東に位置し、いち早く近代文明を導入することに成功しますが、中国と朝鮮は、中華思想にもとづく旧態依然としたやり方に固執していました。

 日本の明治維新のように、うまく改革が起これば良いのですが、上手くいかなければ、西洋諸国の植民地として分割されてしまいます。

 とは言え、中国と朝鮮の開明を待ち、アジア全体を発展させる猶予もない。

 中国・朝鮮と命運をともにするより、西洋諸国側に入り、西洋人が彼らに接するように日本人もすれば良い、と述べられています。

 

しかし、なぜ『脱亜論』は手厳しい文言なのか

『脱亜論』はこう言ったものの様なのですが、福沢諭吉は、かなり手厳しい文言を社説でつづっています。

 では、なぜ、このように厳しい文言になったのか、となります。

アジア諸国は次々と西洋諸国の植民地に...

 欧米と比較するとアジア諸国は文明が遅れており、西洋諸国の植民地に次から次へとされてゆきました。

 このままでは、いずれ日本も植民地にされるという危機感から、文明開化を成し遂げた日本がアジアの手本になるだろうと考えた福沢は、朝鮮人留学生を受け入れることにしました。

 

時事新報の社説『脱亜論』1885   

日露戦争1904-1905   

第一次世界大戦1914-1918   

1910年当時のアジア情勢:日本は欧米列強に包囲されていた    
teikoku2.jpg

https://fujissss.exblog.jp/10705930/

朝鮮人愛国者・金玉均(キムオッキュン)との出会い

 そんななか、福沢は朝鮮人愛国者・金玉均(キムオッキュン)と出会います。

 当時の朝鮮は清(現在の中国)の支配下にありました。

 また、両班(リャンバン/官僚)が不正を働き、下々の者はその日の食うものにすら困る状態でもあったようです。

 腐敗しきっていた朝鮮。

 また、それを良しとして支配している清国までもが西洋諸国の植民地になってしまうことを恐れた福沢と、食うものにすら困る下々の者の惨状に危機感を覚えていた金玉均の思いが合致することとなるのです。

 こうして、福沢諭吉は朝鮮独立の為の支援をはじめたのでした。

 

一身独立して一国独立す   

bakumatsu.org

甲申事変

1884年12月4日   

 金玉均は漢城府(韓国・ソウル)でクーデターを起こします。

 のちに甲申事変とよばれることになります。

甲申政変 - Wikipedia

クーデターの失敗により   

 はじめは事がうまく運び、朝鮮が清国から独立することを宣言し、成功したかに見えましたが、12月6日に清国軍の出兵とともにクーデターは失敗することになります。

 追われることとなった金玉均は日本に亡命しましたが、のちに上海で暗殺されています。

 また、一族郎党も似たようなさいごをとげています。

 このような状況に接した福沢諭吉は、絶望と怒りに震え『脱亜論』となったものとみられています。

take0606.hateblo.jp