たけさんのzakki

take0606の日記

三女のTwitterに嫌がらせ相次ぐ 「テロリストの血が流れてる時点で死刑囚」 | “オウム真理教元代表”ではなく、父を思う気持ちはどこにでもある関係とそう変わらないのではないのか

f:id:ktake0606:20180707160454j:plain

http://photozou.jp/photo/show/1517641/235160729

take0606.hateblo.jp

か本当かも、何だかよくわからない情報を確認することなく吹聴し、拡散することで不自由にする資格が果たしてあるのか。

 家庭内で収まるべき、冗談みたいな話をアカの他人にベラベラと拡散することで不自由にする資格が果たしてあるのか。

 「ネット」ですら、そのような事をされれば恐ろしい話である。

 ましてや、「リアル」で、嘘か本当かもわからない情報を、アカの他人に拡散され不自由にされるのだとすると、恐ろしくて夜も眠れない。

 考えるだけでも、恐ろしい...

嘘か本当かも分からない情報で不自由にすることの卑怯

テロリストの血が流れてる時点で死刑囚...

 オウム真理教元代表の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚ら7人の死刑が執行された。

 罪の重さ、または社会に与えた影響を考えると、執行自体が遅いくらいと個人的には思う。

 また、被害者家族や後遺症で苦しんでる人々の事を思うと、相応ですらない罰とも言える。

 

三女アカウントに誹謗中傷が相次いでいる...   

 麻原彰晃(本名・松本智津夫)の死刑は、当然のこととしても、ネットを中心として、麻原死刑囚の三女、教団内で「アーチャリー」の名で知られていた松本麗華さんのアカウントに誹謗中傷が相次いでいると聞く。

 彼らが言うには「血が流れてる時点で死刑囚」だそうだ。

 

他人にそれを言う資格があるのか   

 この機に乗じて、安倍首相批判、政権批判にまで及ぶ人々もいると聞く。

 オウム真理教元代表とはいえ、実の父。

 その葛藤の中にある三女の松本麗華さんを蔑ろにし、彼女の父の死を利用してまでの首相批判、政権批判に正しさがあるのか。

 ましてや、「血が流れてる時点で死刑囚」などと他人が言う資格があるのか。

 このような文言で批判し、不自由に陥れようとする人間など血が流れてるかどうかも怪しい。

 

“みんなが正しくない”

 “悪い事をした人が悪い”と考えるのが日本人。それは、当たり前のこと。

 ただ、松本麗華さんは何か悪いことしましたか。

 父がオウム真理教元代表の麻原彰晃であることで、彼女がどれほど苦しんだか。反面、父松本智津夫を思う気持ちは、どこにでもある父と娘の関係と、そう変わらないのではないのか。

 そこに、どれほどの違いがあるのか、僕にはわからないが...あるらしい。

参考記事:

take0606.hateblo.jp

 

“悪い事をした人が悪い”を徹底する事により差別が減る

しいことなど、分かりっこない。

 その分かりっこない情報を確認する事もせず、拡散することで対象を不自由にすることが正しいわけがない。

 また、“悪い事をした人が悪い”を徹底しなければ、人種やマイノリティなどを理由にしての悪事を正当化される事にもつながる。

 “みんな正しい”では、悪事の正当化でしかない。

 

マイノリティなどを理由にせず公正に評価

 悪事の正当化をするのではなく、“悪い事をした人が悪いが、人種やマイノリティにかかわらず、功績を残したものは正しい”を徹底する。

 人種やマイノリティなどを理由にせず公正に評価されれば、人種やマイノリティなどを理由にした犯罪も減る。これらは一対。

 日本の心に重きを置き、ルールで公正に信賞必罰をすれば社会はより良くなると考える。

 心に重きを置き、否定や肯定も徹底して公正を貫かなければ差別は無くならない。

 

それは愛国心にもつながる

 現状、アンフェアに見える。否定も肯定もだ。ネットもリアルもともにそう。

 それは、親子間、兄弟、夫婦間でも徹底しなければならない。心に重きを置き公正を貫かなければならない。

 

不公正は間違った愛国が蔓延する土壌   

 それは、全てに関わる根幹。家庭内の不公正は、間違った愛国が蔓延する土壌となる。

 女の子を男の子が大事に思う心を育む努力。それは、家、社会、国すべてで重要なこと。それらは一対。

 等身大すらままならない者が言う愛国など、すべてがフェイク。

 みじかなものすら大事にできない者がいう愛国心など、すべてがフェイクと考えるが、どうか。

関連記事:

take0606.hateblo.jp