たけさんのzakki

take0606の日記

父は現実的で合理的な判断をする事により稼ぎを得る。それは、損得勘定と言った理を優位にする事により社会の中で稼ぐこと。母は...

 


擬態 / Mr.Children 歌詞

親は現実的で合理的である事が必要とされます。

 女性との比較で考えても得意とするところでもありますし、個体差はあるとは思いますが、男性の方が現実的で合理的に物事を捉えることが出来ます。

 

 また、社会と言うものがあります。

 それは、自然と対極に位置しており、人は社会の中で労働する事で生産し、稼ぐ事が必要となるのですが、組織に属すには現実的で合理的であることが必要なようです。

 非現実的、非合理的で理にかなっていない存在は、企業と言った組織の中では生産性を下げる要因になると考えられることから、社会に出るまでに現実的、合理的な判断ができる人間であることが必要なようです。

 人は社会に出るまでの猶予の時間に、両親のサポートを得ながら、様々な事柄を学ぶ必要があるのです。

 

現実、合理的である事は損得勘定。理に適わないことは自然である事

 両親のサポートを得ながら学ぶ時期とは学生時代まででしょうか。

 たとえば、そうなのだとして、その猶予の間に社会に適応するため、最低限、現実的で合理的な理にかなっている人間になっている必要があります。

 また、理にかなっているからこそ、社会で生きて行くことができ、労働し稼ぐことができるのです。

 

理屈をこねるほど損得勘定

 男性は現実的で合理的な判断が得意と言えます。

 また、現実的で合理的だからこそ社会に適応しやすいと考えられますし、ビジネスなどでも、それらの判断がより必要となることから、男性ほど損得勘定が得意と言えます。

 なので、理を優位にさせるほど損得勘定が強くなります。

 

女性は理にかなわない存在

 反面、女性は男性と比較しても理にかなわない事が多くあります。ただ、それは自然であるとも言えそうです。

 子供も自然そのものです。ともに理にかなわない存在と言えそうです。

 ただ、いつまでも理にかなわない存在ではいけないので、社会に出るまでに、できる限り理にかなう必要があります。

 社会に出て理を優位にさせ、損得勘定で生きることにより稼ぐ必要があるのです。

関連記事: 

take0606.hateblo.jp

 

姿勢で示すのが父親

 理にかなわない子供の成長段階で、順調に事が進まない場合があります。

 また、順調に事が進まないことが理由で落ち込むこともあるのですが、そう言った時に、父は姿勢で示す必要があります。

綺麗ごとでは食うのに困る...   

 組織において現実、合理的である姿勢を示し続ける必要があります。いくら綺麗ごとを並べたところで、現実、合理的な判断の中でしか稼ぐことはできません。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

母親が理屈を優位にさせることなくサポートする

 反面、女性は自然で理にかなわない子供を、理を優位にさせることなくサポートする必要があります。

 理屈と言った損得勘定ではなく、自然で理にかなわない子供に心で接する必要があるのです。

 子供に損得勘定ではない、自然な愛情を注ぐ必要があるように思います。

 

男性が理を働かせることなくサポートする

 また、理にかなわない自然な存在である女性を、男性が理を働かせることなくサポートしていかなければ、成り立たない。

 家庭の中で起きている問題のすべてが、これらの事が滞っていることに由来しているのではないかと考えられます。

関連記事:

take0606.hateblo.jp