#2“kizunaロートシルト”さんはROCKが好き “9”

通信・J-ROCKは好相性 「ABCDEJは必須」 「一神教で母が好き」 電通で電気でヒカリエで東急でauの子 ROCK(青2黒2赤18)=22 “6915”

不信感から良いことなど発生しない。平素から、互いを知る努力をつづけてこそ多様性と寛容さが育まれる |“運動部のみんな、熱中症「無理」「もうダメだ」の勇気を”と策を講じるも - 高校野球

f:id:ktake0606:20180719063951j:plain

https://pxhere.com

それは、立場や力を背景とした差別でしかない

解できないからと、省みることなく他者への配慮を欠く者がいる。

 世の中には様々な人がおり多様であることが大事と、綺麗ごとを並べる割に、各々の考え方に不寛容な者もいる。

 また、そういった不寛容を立場や力、数を背景にして正当化する者もいる。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

自身を省みることなく、反多様性と不寛容をしめすオトナ

 

立場や数を背景として理解を強要

 そういった反多様性と不寛容をしめすオトナが、自分自身を省みることなく、他者へは力や数を背景として理解を強要したりもする。

 不勉強を省みず、他者をあなどり、自身の“普通”を世の中のすべてで、それがあたり前の“普通”の考えだと思っているオトナがいる。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

それは力を背景とした偏見、差別

 他者との比較の中でしか、自身の考えを確認することなどできる筈も無いのにも関わらず、その“普通”を弱者やマイノリティに平気な顔して向ける者もいる。

 自身の考えを精査することなく、省みることなく、疑うことなく

 他者に向けた“普通”とは、弱者やマイノリティに向けたその“普通”とは、立場や力を背景として向けた“普通”とは

 普遍な考えでもなく、世の中のすべてでもなく、また、他者との比較の中で精査したわけでもない、その考えとはただの個人的な“普通”

 つまり、偏見。

 それは、差別。立場や力を背景とした差別。

関連記事: 

take0606.hateblo.jp

 

世代間での誤解が問題なのか... 

 

急遽用事ができ、炎天下の中歩き回ったが... 

 昨夜、急遽用事ができ、炎天下のなか歩き回り、夜になっても暑く汗が止まらなかった。

 暑い。異常だ。

 この炎天下でスポーツをするとなると、選手に対して、相応な心配りとコミュニケーションが必要になるのだと思う。

 ...こういった考えは、自然な感情として浮かんでくるもののはず。

 歩くだけで相当な汗をかく。

 とても、数時間もスポーツで走り回れる気温じゃない。その、異常さに気づけるはず。

 

老年と若年の違いがあれど

 もちろん、正当化するつもりで下述のリンクを貼ったわけでもない。

 痛ましい事件とも感じるし、無抵抗の者に対して行うような事ではない。

 

老人ホームの入居男性が溺死 元職員を殺人容疑で逮捕:朝日新聞デジタル

川崎老人ホーム3人転落死:死刑求刑「残虐な連続殺人」 - 毎日新聞

 

 こちらも、痛ましい事件と言える。

 前時代的な精神論と根性論を悪平等で女子マネージャーにまで強要する理不尽。また、その理不尽さから発生した事態にも、合理的な対応をとれていない。

 

女子マネジャー死亡、「呼吸」誤解? AED使ってれば:朝日新聞デジタル

野球部の女子マネジャー、ランニング後に倒れ意識不明 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

 

 つまり、最初から女子マネージャーに対し、配慮も欠けており、コミュケーションから生まれる信頼関係が成り立っていなかったとなる。

 

信頼関係のない中で声をあげても通じない

 

無条件で聞き入れる寛容さがあるのか

 

運動部のみんな、熱中症「無理」「もうダメだ」の勇気を - 高校野球:朝日新聞デジタル

沖縄の塩、球場ベンチに用意 「おいしい」熱中症対策 | 高校野球(甲子園)-第100回全国選手権:バーチャル高校野球 | スポーツブル (スポブル)

 

 策として対応はしているのだろうが、「無理」「もうダメだ」の勇気も、信用信頼の中からでしか発することはできない。

 冒頭から話してもいるが、立場や力、数を背景とした悪意を向けられてきたとして、過去にオトナが向けてきた無理解に苦しめられてきたとして、はたして、これらの“勇気”を声としてあげられるのか。

 また、その声を無条件に聞き入れる寛容さがあるのか、となる。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

不信感から良いことは発生しない

 こう言った、互いの不信感は、老人ホームの事件や、女子マネージャーの事故と無関係と思えない。

 どこから、この不信感が出来上がったかは分からないが、兎にも角にも、互いの無理解からか、とも感じるし、コミュニケーション不足からとも感じる。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

平素から、互いを知る努力

 炎天下でのプレーに対し、その異常さと危険性についてもネットを中心として若者は訴えかけている。

 しかし、なぜ、聞く耳を持たない。なぜ、知ろうともしない。

「我々の若い頃は、夏でも水分補給することなく、文句を言わず練習に打ち込んだものだ…」「それに比べて今の若いものは…」

 と、理屈をならべて、なぜ理解しようともしないのか、と怒りも覚えるが...難しい。

 しかたない。僕も年寄りが理解できないや(^_-)-☆

関連記事:

take0606.hateblo.jp