こじらせ"K2”さんのzakki

ネットと紙媒体に舵を切る "ロック”を追求 母嫌いお父さんが好き(*‘ω‘ *) すべてイレブンするつもりで!

モノで溢れかえることが“普通”と踏ん反りかえる現代人。それを憎む団塊世代 |自由とは用意されたところには無い。戦いの中にある

f:id:ktake0606:20180723060520p:plain

 団塊世代の不幸があったとするなら、モノがなかったということに尽きる。それは、戦争に負けたということ。一面が焼け野原にされたということ。

 貧しい、ひもじいで礼節を知るのは難しい。そう言った条件下で人の事を慮れと批判するのも心がない。

 いつまでも、批判を向け続けるのも心がない。

 仕方ないモノがなかった。貧しかった。現代人に理解することは難しいかも知れないが、とにかく貧しかった。

団塊の世代(だんかいのせだい)とは、日本において、第一次ベビーブームが起きた時期に生まれた世代を指す。焼け跡世代(あるいは戦中生まれ世代)の次の世代に当たり、第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)に生まれて、文化的な面や思想的な面で共通している戦後世代のことである。第一次ベビーブーム世代とも呼ばれる。日本経済においては第二次世界大戦後の高度経済成長、バブル景気を経験している。この用語は堺屋太一の小説、「団塊の世代 (小説)」に由来している。

厚生労働省は、その白書において「団塊の世代」ではなく、「団塊世代」は「団塊世代(1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)生まれ)」としている。日本の医療制度上は、前期高齢者(65~74歳)に該当する世代である。

団塊の世代 - Wikipedia

団塊ジュニアは氷河期世代

 

モノで溢れかえることが“普通”と踏ん反りかえる現代人

 モノで溢れかえり、それが日常で“普通”のことと踏ん反りかえっている現代人に分かりっこない。

 団塊世代が反発することの第一はモノを粗末にすることと個人的には理解する。

 その反発の対象はバブル世代かもしれない。また、団塊ジュニア世代はバブル世代以上を憎んでる。

 団塊ジュニアは氷河期世代。それに連なるのがゆとりさとり世代となっているが、団塊ジュニアの役目があるのだと個人的には考えている。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

役目があるのだと考える

 その役目とは、双方の想いを汲み取ること。個人的な考えかも知れないが、団塊ジュニア世代はそれができると考えている。

 団塊ジュニアとは、幼少期は金持ちとまでは言わないが、不自由なくあらゆるものを吸収する機会があったし、運悪くバブル崩壊のあおりを食らう事となるものの、平均的に文化や教養、学問と多岐にわたり素養が高いのではないかと考えている。

 こういった言説は、昨今あらゆるところで見受けられるが、個人にもそう考えていた。

 この点では、環境に左右されてしまったが恵まれていた世代と言えるかも知れない。

 

「40代だけ給料が減っている」氷河期世代の嘆き相次ぐ 「過去散々だったのに、なんで今もピンポイントで賃金下がるんだ?」 | キャリコネニュース

就職氷河期と重なった団塊ジュニア世代が“貧しい高齢者”に…深刻な2042年問題 (1/5ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

団塊ジュニア - Wikipedia

 

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

組織でしか生きられなかった人々は...

 

 団塊世代を中心として組織でしか生きられなかった人々は、無秩序にする事を良しとしない。社会や組織を無秩序にする事を良しとしない。

 本音で好き勝手に発言する事を許されなかったし、本音トークをする機会が著しく少なかった。“建前忖度社会”の中で生きる事しか出来なかった。

 生きる事を許されなかった。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

綺麗ごとだけでは食べられない

 建前の中で生きる事。秩序を守ることで人は稼ぎ生活をする。家庭の秩序を、社会の秩序を、国の秩序を守ることで、人は生きて行くことができる。

 彼らは、本音で話す事を許されなかった。団塊世代は、本音で生きる事を許されなかった。

 だから、なおさら自由奔放に発言する者を嫌う。自由な行動を嫌う。秩序を乱すような言動を嫌う。頭が固いと言われようが嫌う。“アホバカ”と罵られようとも嫌う。

 それは、家族を守るためかも知れない。社会、国かも知れないが、とにかく、自由奔放を嫌う。自由な言動を無責任と捉える。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

自由とは用意されたところには無い。戦いの中にある

 自由とは、用意されたところには無い。内では葛藤、外には格闘の中でしか自由があるはずも無い。

 様々な世代が、その条件下でいかに自由であろうと日々思い悩み、世代間であれ、社会であれ国かもしれないが、戦うことで自由を獲得してきた。

 もし、団塊世代が戦後日本の社会秩序を守ろうとするなら、ゆとりさとり世代は意地でも破壊しに行けばいいと考える。

 それは、選挙権を行使することかも知れないし、デモ活動かも知れない。ただ、いずれにせよ、twitterでつぶやくだけで世の中がより良い方向に行くとも思えない。

 

ゆとりさとりつくし世代は怖い?年齢層と特徴と扱い方を徹底検証!

「ゆとり世代」「さとり世代」の次は!?各世代の特徴とつき合い方|終活ねっと

団塊、バブル、ゆとり、さとり…などなど、○○世代の特徴 | マイナビニュース

 

関連記事:

take0606.hateblo.jp