#2“kizunaロートシルト”さんはROCKが好き “9”

通信・J-ROCKは好相性「ABCDJは必須」「一神教で母が好き」 電通で電気でヒカリエで東急でauの子 ROCK(赤18青2黒2 “22”) Red18 Blue2 White23 Black2=45 日本

普段から信頼関係をきずくコミュニケーションを怠らない... |更新8/29 病院エアコン故障、高齢4人死亡 県警殺人で捜査

エアコンを使わない高齢者が問題視されている   

 連日の酷暑のなか自宅にエアコンが設置されているにも関わらず、それを使わずに高齢者が熱中症で死亡するケースが相次いでいます。

 ネットでも「高齢者はエアコン嫌い。めったにつけない」といった声も聞かれ、命の危険にもつながる状況をどうして行けばよいのか...

熱中症 エアコン使わず死亡相次ぐ

「寒い」や「肌が痛い」などといった声が高齢者から聞かれる

 「高齢者が冷房を使わない」「高齢の親と同じ部屋で寝てるけど、エアコン使うと寒すぎると言われ扇風機を使う様に言われた」といった声も聞かれ、ツイッターを中心としてSNSなどでも同様の書き込みがあったようです。

 また、死亡事故も相次いでいるようなのですが、救急隊員が家族から話を聞くと、死亡女性は、ふだんからエアコンや扇風機を使っておらず、搬送時も、冷房は使用していなかったようです。同様に、介護施設などでもエアコンの風があたるという理由から、「寒い」や「肌が痛い」などといった声が高齢者から聞かれるようです。

 

経済的な理由も

 

高齢ほど節電意識は高まる傾向

 民間のシンクタンク「みずほ情報総研」が平成26年に東京電力管内に住むおよそ960人を対象に行った節電に関する調査によると、「エアコンを使わず、うちわや扇風機を使うなど節電を意識した行動をとっている」という人は、

 20代が18%、30代から50代は30%前後だったのに対して60代では35%、70代では39%と年齢が上がるにつれて、節電意識は高まる傾向が浮き彫りに。

 

節電効果の低い古いエアコンもまずい

 年齢が高い世代ほど古いエアコンを使っている割合が増えていることも背景にあるようです。
 エアコンの所有年数をみると、15年以上前の製品を使っている世帯は20代から30代では5%から7%。
これが年齢が上がるにつれてその割合は増え50代以上ではおよそ20%を占めるようになるようです。

 みずほ情報総研は「節電効果の低い古いエアコンを使えば電気代が高くなることから年齢が高い人たちほど使用を控えようというという考えが働いているのではないか」と分析しています。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

訴えかけづらい

 

根性論を発揮するも 

 「周りに迷惑を掛けたくない」「体が冷えるのが嫌」「夏は暑いもんだ。多少は我慢」と頑なになっていたり、無理をしている場合もあるようです。

 「若いモンには負けられない」と、ついつい無理をしたり、環境の変化に対応することなく、自分の生活スタイルを変えない場合もあるようです。

 体が加齢で変化しているように、真夏日や熱帯夜の増加など、以前より夏は暑くなっています。今までと同じ夏の過ごし方では、対処しきれないことを理解する必要があります。また、昔のような大家族の家庭は減り、核家族化したことにも問題があるように思います。

関連記事: 

take0606.hateblo.jp

 

核家族より大家族のほうが...

 一概に言える事ではないかも知れませんし、早ければいいという訳ではないとお断りしつつ話すと、「同じ時期の孫より、娘のほうが話だしたタイミングが早く、また言葉の数なども多くあった」というケースも聞かれるようです。

 

様々な世代の様々な人々と触れ合うこと   

 家族の多さが発語に影響を与えている可能性もあります。家族の会話から子どもが学ぶことは多いのかもしれません。それは、世代を超えて触れ合うということです。楽しかったこと、辛かったこと、悲しかったこと、嬉しかったこと、様々なことから人は学びます。

 父母のみならず、祖父母との会話から学ぶこともあるはずなのです。それは、人の心を形づくり成長をうながす上でも重要なことに思うのです。

 様々な人と触れ合うこと。最初の身近な異性が、父母だけでなく祖父母もそこにあるのだとしたら、素敵なことと思いますし、多様な価値観を共有できるように思うのです。

 より多様なコミュニケーションをとる事が出来るようになると思うのです。

 

核家族 - Wikipedia

大家族 - Wikipedia

Moopen | 核家族のメリット・デメリット!子ども時代、4世代家族で過ごした私が思うこと

 

誤解のないコミュニケーションを怠らない努力 

 普段から、男女、世代間で分け隔てなく、多様なコミュニケーションをとる事が出来るようになってさえすれば、

 「周りに迷惑を掛けたくない」「体が冷えるのが嫌」「夏は暑いもんだ。多少は我慢」と、高齢者が頑なになる必要もなく、「若いモンには負けられない」と、精神論で無理をする事もなくなります。

 環境の変化に対応すべく自分の生活スタイルも変えるように促したり、節電効率の良い家電製品やPC、スマホなど新しい技術を高齢者に上手く提案できるような若年層のコミュニケーションも重要に思います。

 そのためにも、大家族とは言わないまでも、普段から、世代間を超えた誤解のないコミュニケーションを怠らない努力も必要になるように思います。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

病院エアコン故障、高齢4人死亡 県警殺人で捜査

岐阜市一番町1の「Y&M藤掛第一病院」で26日夜から27日午前にかけ、入院患者の80代の男女4人が相次いで死亡した。岐阜県警が28日発表した。4人とも熱中症で死亡した疑いがあり、4人がいた3、4階のエアコンは20日以降、故障していた。県警は28日、容疑者不詳の殺人容疑で病院を捜索し、病室の管理が適切だったかなどを調べている。岐阜市保健所や岐阜県も医療法に基づき立ち入り検査した。