たけさんのzakki

take0606の日記

剛力彩芽のインスタが荒れ模様「彼氏の金で遊び歩いて…」「ファンに対する冒涜行為」 |映画『時をかける少女』雑感 過去ではない未来がまってる


take0606.hateblo.jp

 

後悔することはある   

かならずと言っていいほど後悔はある。それこそ、手を抜こうが本気で行動しようが、必ずといっていいほど後悔するもの。

選択肢があったとして、たとえば、どちらかを選んだとする。もちろんスルーしても良い。ただ、スルーとは逃げること。

では、逃げなかったとして、なにか目の前に問題があったとして、決断しなければならないことがある。

それは、問題を解決するため。もちろん、そこに正解なんてない。どういう選択をしても後悔は必ずあるもの。

 

時をかける少女 2006

主演: 仲里依紗, 石田卓也, 板倉光隆 上映時間: 1 時間, 38 分

 

笑う人がいれば、泣く人もいる   

劇中にあったようにタイムリープ出来たとして、たとえば、なにかを選択すると言うことは、笑う人がいれば、泣く人がいるということ。では、後悔があるとして、過去に戻り、やり直したとて、誰かが笑えば誰かが泣いている。

つまり、どういった選択をし、行動を起こしたとしても、必ず誰かが笑えば誰かが泣いていると言うことになる。なので正解など絶対に無い。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

もちろん、正解は無い   

ただ、正解が無いのだとすると、どういった選択をし、どういった行動を起こさなければならないのかとなってしまう。

これも正解は分からない。が、できるかぎり身近な人や大切な人の気持ちを汲みとることをしなければならない。大事な人を笑顔にする努力をしなければならない。

毎日、本気で生きていかなければならない。

後悔したところで過去へは戻れない。たとえ、劇中のように戻れたとしても、やはり後悔する。そして、後悔をおそれスルーしたとて、また後悔。

過去に生きてはいけない。

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

すべて屁理屈。言い訳でしかない   

ある人が言った。人とひととは出会う運命にあると。

そうかも知れない。たしかに、そうかも知れないが、だとして、たとえば過去に大事な人とそこの場所で出会わなかったとして、別の場所で出会えるということなのか。

では、そこに至るまでに出会った人々とも、別の場所で必ず出会えるということなのか。

...違うんだよ、すべて屁理屈。言い訳でしかないんだ。

 

過去ではない「未来でまってる」   

日々、大事な人と向き合わなかったことへの言い訳。大事な人の言葉に耳を傾けなかったことへの言い訳。

後悔があるから、言い訳もする。そうやって理屈をこねて正当化をするんだよ。人の気持ちを汲みとる事もなく、どうでもいい言い訳をする。ごまかす。

でもね、言い訳をするのは良いけど、そこに居なかったか。つねに向き合おうとしてたものが居なかったか。

つねに真正面から向き合っていたものがいなかったかと考える。

 


Mr.Children「未来」Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-

「未来」歌詞