たけさんのzakki

take0606の日記

名古屋市消防局【公式】のツイートに賛否も |肝心なところでは根性論を発揮せざるを得ないから平時に恐れる...   

 猛暑が続いている。高校球児だけでなく、日々役割を全うしているものがいる。社会とは、そう言ったものかも知れない。

 消防隊員も同様にそうか。    

take0606.hateblo.jp

名古屋市消防局【公式】のツイートが話題に

 

猛暑の中、日々役割を全うしている   

 名古屋市消防局【公式】アカウントのツイートが話題となっている。

 “救急車でコンビニ等に立ち寄り飲料水等を購入する場合”があるとのこと。もちろん、このつぶやきに対しても様々な意見が寄せられており、賛否があるようだ。 

 批判を恐れず、公式アナウンスとして発せられたのだとすると、余程の状況と考えてこそと思うが...

 また、現実、合理的な判断が必要となる職業。それは命にかかわる職務だからこそ。  

 

 

関連記事:

take0606.hateblo.jp

 

自身の命を尊重するから、他者の命も...   

 自身の命を尊重するからこそ、他者の命も尊重できる。

 命にかかわる職業だからこそ、厳格に公正に職務を全うする。そこに出鱈目など入り込む余地など無い。むろん、根性論などもってのほか。

 

現場では必要かもしれないが   

 もちろん、現場では精神論、根性論は必要かもしれない。それは命を救うため。

 ただ、そう言った職務についていると自覚があるからこそ、平時において厳格に公正に命について考えているのではないのか。

 考え抜いているのではないのか。

 

関連記事: 

take0606.hateblo.jp

 

肝心なところでは根性論を発揮せざるを得ないから、平時に恐れる...   

 現実、合理的な判断を下すために、日々、理解する努力を続けなければいけないのかも知れない。相手を知るため様々な素養を身に着けることを日々続ける必要があるのかも知れない。

 それが、命にかかわることだとするとなおの事必要になるのだと考える。

 日々、考えること...

 もちろん、日々考え抜いたところで、それですら正しい判断ができるとは限らない。ただ、できるとは限らないからこそ恐れている。平時より恐れている。

 手を抜き、でたらめに生きる事を。そう言った出鱈目を恐れている。

 命にかかわる肝心なところでは、結局のところ根性論を発揮せざるを得ないから、平時にこそ、厳格に公正を貫きたいだけかも知れない。

 

 

関連記事: 

take0606.hateblo.jp