たけさんのzakki

take0606の日記

広島・長崎への原子爆弾投下 第二次世界大戦(太平洋戦争)末期 昭和20年(1945年)8月6日広島、8月9日長崎 |「ヒロシマ語り伝える」=73回目、原爆の日-核廃絶へ対話と協調を

 広島は6日、73回目の原爆の日を迎えた。広島市中区の平和記念公園では、午前8時から市主催の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が行われ、被爆者や遺族ら約5万人が参列。松井一実市長は平和宣言で「人類は歴史を忘れたとき、再び過ちを犯す。『ヒロシマ』を継続して語り伝えなければならない」と訴えた。

広島平和宣言(全文)=原爆忌

広島・長崎への原子爆弾の投下

第二次世界大戦(太平洋戦争)末期   

 

昭和20年8月6日広島、8月9日長崎

 日本に二発の原子爆弾が投下された。

 昭和20年(1945年)8月6日の広島市、8月9日の長崎市、二つの原爆によって、一瞬のうちに多くの人々の命が失われてしまった。

 

広島市への原子爆弾投下 - Wikipedia

長崎市への原子爆弾投下 - Wikipedia

 

f:id:ktake0606:20180807082755j:plain

広島原爆、「黒い雨」の71年 - 月刊SORA

 

take4@sumerokiiyasaka
 
 

トルーマンがマンハッタン計画の詳細まで知らなかったとしても、NHKがここまで庇うのは問題。ヤルタ密約を知っており、ポツダムでソ連の対日参戦日を聞き出すや日本の降伏を引き延ばし、その間に2種類の原爆による人体実験を行った。彼は「野獣には野獣の扱いをしないと」言って投下指示書にサインした

Twitter Ads info and privacy原爆製造の計画

 

ハリー・S・トルーマン - Wikipedia

マンハッタン計画 - Wikipedia

ヤルタ会談 - Wikipedia

ポツダム - Wikipedia

 

ルーズベルト「日本人は獣である」

 

原爆開発には科学者、 軍人、公務員など6万人が参加、予算20億ドルが投入   

「マンハッタン計画」をスタートさせたフランクリン・ルーズベルト大統領は、日本人を“劣等人種”として激しく差別していたことで知られています。

 また、一般のアメリカ人の間にも、日本人に対する人種差別意識が蔓延していたようで、 当時のアメリカの雑誌にはこう書かれていたようです。

「アメリカ人はドイツ人を憎むことを学ばなければならないが、日本人に対しては憎しみが自然と湧いてくる。これはかつてインディアンたちと戦ったときと同様に自然なものだ。」

「普通の日本人は知性が低く、無知である。たぶん人間なのだろうが、人間であることを示すような点はどこにもない。」

 

マンハッタン計画 - Wikipedia

フランクリン・ルーズベルト - Wikipedia

 

 

ルーズベルトは米国民を裏切り日本を戦争に引きずり込んだ
青柳 武彦 (著)

 

原子爆弾投下の命令

 

昭和20年(1945年)7月25日の早朝   

 ポツダム会談に出席しているマーシャル参謀総長は、ワシントンのトーマス・ハンディ将軍(マーシャル将軍留守中の参謀総長代理)に電報で原爆投下の承認を与えました。

 ハンディはただちに米戦略空軍司令官カール・スパーツ大将に、8月3日以降、原子爆弾を日本へ投下するよう命令書を手わたします。

 原爆製造の計画自体はルーズベルト大統領だったのですが、任期中に亡くなってしまい、副大統領だったトルーマンが引き継ぐことになるのです。

 大統領に就任後、マンハッタン計画の指揮官グローブズ准将により原爆の存在を知ることとなります。

 

原爆は投下されなかった!?   

 ルーズベルト大統領が、生きていれば原爆は投下されなかったとも言われています。

 当時、投下するべきかどうか悩んでおり、最終的には原爆の事を忘れていたという記録も残っているそう。

 トルーマン大統領は自らの保身の為に原爆投下を決定したようです。

 再選を控えていた大統領は莫大な費用をかけて作った原爆を使わなければ議会からの猛反発を受けると思い、決定に至ったのだそうです。

 

マンハッタン計画の進言者はアインシュタインとされる   

 マンハッタン計画は対ドイツとの原爆開発競争といわれ、進言者はアインシュタインとされています。それにより、ルーズベルトが開発を承認したそう。

 計画は極秘で進められたので、日本へ進軍中の陸軍大将マッカーサーや海軍大将ニミッツでさえ知らされていませんでした。

 

アルベルト・アインシュタイン - Wikipedia

ダグラス・マッカーサー - Wikipedia

チェスター・ニミッツ - Wikipedia

 


再選のためか...議会の反発を恐れての保身か...投下の決断を下す 

  大統領直属の統合参謀本部長リーハイ元帥は、日本の疲弊しきった兵器生産力や無能に近い兵力を知っていたため、原爆不要の判断を示したものの、トルーマン大統領は決断を下しました。

 一度のみならず二度までも...

 

大統領はチャンスをうかがっていた   

「日本の戦争終結への取り組みは遅々としている。」

「それを待っていたのでは100万人というアメリカの健康な男子が命を奪われる」

 など都合のいい情報操作やリークをしながら、国民のコンセンサスや国際世論が固まるのを待ったのだそうです。

 再選のためか...反発を恐れての保身か...

 

ハリー・S・トルーマン - Wikipedia

アメリカ統合参謀本部 - Wikipedia

 

トルーマンは苦渋の決断を下す   

「原爆があるのに日本本土上陸作戦を決行し多くの青年の血が流された場合、貴方は責任を問われるし、更に莫大な原爆開発費を追求されますよ。原爆を投下すべきです」

 と、側近に促せれ、思案ののち原爆投下を決断します。

 しかし、責任追及を恐れたのか、原爆投下命令書にトルーマンの署名はなく参謀総長代理ハンディ大将の署名で実行されています。

 

ポツダム宣言と日本側の黙殺

 

1945年(昭和20年)7月17日~8月2日 ポツダム会談   

 ナチス・ドイツ降伏後の1945年(昭和20年)7月17日から8月2日にかけ、ベルリン郊外ポツダムにおいて、米国、英国、ソ連の3カ国の首脳(アメリカ合衆国大統領ハリー・S・トルーマン、イギリスの首相ウィンストン・チャーチル、ソビエト連邦共産党書記長ヨシフ・スターリン)が集まり、第二次世界大戦の戦後処理について話し合われました。

 

ルーズベルトとチャーチルによる原爆投下協定

日本に対して最初の原爆を投下するという密約がルーズベルト米大統領とチャーチル英首相との間に交わされていた(1944.9.18のハイド・パーク秘密協定)。
そのときには、原爆が完成する前にドイツは降伏するだろうという見通しがあったとして、原爆をドイツへ投下するという事は公式的には言及された事がない。

ハイドパーク協定

ルーズベルト米大統領とチャーチル英首相が1944年9月18日、米ニューヨーク州ハイドパークで会談し、日本への原爆使用と将来の核管理について申し合わせたもので、1972年に初めて公開された秘密協定である。

HIROSHIMA PEACE SITE

 

ポツダム宣言とは   

 ポツダム宣言は、この会談の期間中、米国のトルーマン大統領、イギリスのチャーチル首相と中華民国の蒋介石国民政府主席の共同声明として発表されたもの。

 ただし宣言文の大部分はアメリカによって作成され、イギリスが若干の修正を行なったものであり、中華民国を含む他の連合国は内容に関与していない。

 また、英国代表として会談に出席していたチャーチル首相は当時帰国しており、蒋介石を含む中華民国のメンバーはそもそも会談に参加していなかったため、トルーマンが自身を含めた3人分の署名を行った(蒋介石とは無線で了承を得て署名した)。

 ソ連は署名していない 。

 

ヨシフ・スターリン - Wikipedia

ウィンストン・チャーチル - Wikipedia

ポツダム宣言 - Wikipedia

 

1945年(昭和20年)7月26日 ポツダム宣言発表  

 米・英・支(蒋介石の中国政府)3国は、日本軍の無条件降伏を要求するポツダム宣言を発表した。27日、鈴木首相はこの宣言を「黙殺する」と声明、それを連合国は「拒否」と受け取った。

 ポツダム宣言は、もしこれを受け入れなければ、「迅速かつ十分なる破壊あるのみとす」と結んでいたから、原爆投下の恰好の口実を得た事になった。

 

蒋介石 - Wikipedia

鈴木貫太郎 - Wikipedia

 

昭和20年8月6日午前8時15分 広島

 

原爆搭載機B29「エノラ・ゲイ」号

 

ウラン型原子爆弾「リトルボーイ」を投下   

 テニアンの基地を発した原爆搭載機B29「エノラ・ゲイ」号は、8月6日午前8時過ぎ広島上空に侵入、県産業奨励館(現在の「原爆ドーム」)近くの相生橋を目標に、高度8500mからウラン型「リトルボーイ」を投下した。

 43秒後、高度580mの地点で爆発、それは目標から300m東南の島病院の上空だった。 

f:id:ktake0606:20180807075036j:plain
米軍が撮影した原爆の投下地点・広島相生橋周辺

 

テニアン島 - Wikipedia

エノラ・ゲイ - Wikipedia

リトルボーイ - Wikipedia

原爆ドーム - Wikipedia

広島市 原爆ドーム - トップページ

相生橋 - Wikipedia

 

一瞬で多くの家屋が破壊される   

 瞬時にして爆心地から2キロ以内の木造家屋が消滅。また、爆風によって鉄筋コンクリートの家屋も破壊された。

f:id:ktake0606:20180807075816j:plain

物理的被害分布図。赤が建物全焼区域であり、当時の風向きが南西から北東方向だったとわかる。 

 

f:id:ktake0606:20180807075539j:plain

現在の中区寺町・広瀬から東方向を望む。手前が相生橋。 

 

f:id:ktake0606:20180807075655j:plain

被爆後のジオラマ。球体は爆心を表す。北方向から撮影。相生橋の被害状況も再現されている。中州にある爆心直下の小さな建物が燃料会館、左端のビル群でもっとも大きいものが福屋百貨店、左下の矩形が広島城。上方向に皆実町がある。


黒い雨

 爆発の後、巨大なキノコ雲があがり、やがて雨となった。それは放射能をたっぷりと含み、ススやチリを含んだ黒い雨だった...

 

黒い雨 文庫   井伏 鱒二 (著)

 

原爆症に苦しむものも   

 原爆症とは、原子爆弾の爆発による放射線障害の略称で、原子爆弾症・原子爆弾傷とも言われている。

 発症は被爆直後の場合が多いが、10年、20年経った後に発症することも少なくない。また、広島・長崎への原爆投下から70年以上経った現在でも、新たに発症するケースが見られる。

 直接被爆をしていなくても、原爆投下直後に救援等のため被災地に入ったことによっていわゆる「入市被爆」したり、放射性降下物を含んだ「黒い雨」を浴びたり、さらに母胎内で被爆して生まれた子供にも発症した。

 

医療関係者でも知識が皆無“ピカの毒にあたった”と表現   

 広島市、長崎市では被爆直後は健康に見えた人の容態が突然悪化し、死亡したケースが数多く確認されている。多くの場合、体にだるさを感じた後、目が見えなくなったり、節々に痛みを感じたりしたのち死亡した。

 原子爆弾が投下された当時、一部を除いて医療関係者でも放射線障害に関する知識が皆無であったため、治療を施した後や外見上問題のない者が死んだり、被災地域に入っただけの者が発症して倒れる現象を“ピカの毒にあたった”と表現して恐れた。

 これは当時、原子爆弾の中に人体に有害な毒ガスが混入されており、それが原因で発症する疾病という俗説があったためである。

 

黒い雨 - Wikipedia

原爆症 - Wikipedia

91歳、初めて語るヒロシマ 入市被爆「遺体担ぎ続けた」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

 

 

広島原爆の被害者数

 一発の原子爆弾で12万名が死亡し、3万名が重傷を負った。ただ、これには軍関係者は含まれていない。

 当時の広島市には軍関係者4万名を含めて、35~36万名がいたと推定されている(昭和20年8月10日広島市役所調査)。

 実際の死者はこれを大きく上回り、20万名という推定もある。

 

 

原爆はテストだったのか

 ネバダで実証試験済の核爆弾でしたが、広島の原爆もまだ不完全であったようで完全であったのなら広島と長崎、双方で十倍の死者、210万に至っていたとも言われています。

 トルーマン政権は原爆を投下し日本を降伏させることにより、本土決戦に至らず米国青年100万人の命を救ったと英雄視されました。

 ジョン・ルース駐日米国大使が駐日大使として初めて広島の平和記念式典に参列しますが、原爆投下機のエノラゲイ号機長やクルーの遺族、世論は謝罪にあたるとして政府に抗議しました。

ジョン・ルース - Wikipedia

トリニティ実験 - Wikipedia

アメリカの方が日本より被爆者が多い 原爆の秘密

自らの意思で核爆発実験の真下に立った5人の兵士たち(アメリカ) : カラパイア

ネバダ核実験場 - Wikipedia

 

f:id:ktake0606:20180807080951p:plain

ネバダ核実験場での100回の大気圏内核実験によって発生・拡散したヨウ素131の甲状腺への蓄積を示す

 

昭和20年8月9日午前11時2分 長崎

 

原爆搭載機B29「ボックスカー」号

 

プルトニウム型原爆「ファットマン」を投下   

 8月9日午前11時2分、長崎市空中でプルトニウム型原爆「ファットマン」が炸裂した。

 現在の長崎平和公園内の落下中心地上空500mの地点で爆発し、当時死者3万5千名、重軽傷者4万名と概算されたが、その後の調査で死者7万4千名以上が確認された。

 広島に比べて、被害者数が少ないのは、長崎市内には小山が縫うように張っており、そのため一時被害を免れた人々が多くいた為といわれる。

 また、第一目標は福岡県小倉市(現在の北九州市)であったが、B29爆撃手の投下目標確認失敗により、第二目標の長崎市に投下することに変更された。

テニアンから小倉上空

(前略)

午前9時40分、大分県姫島方面から小倉市の投下目標上空へ爆撃航程を開始し、9時44分投下目標である小倉陸軍造兵廠上空へ到達。しかし爆撃手カーミット・ビーハン陸軍大尉が、当日の小倉上空を漂っていた霞もしくは煙のために、目視による投下目標確認に失敗する。この時視界を妨げていたのは前日にアメリカ軍が行った、八幡市空襲(八幡・小倉間の距離はおよそ7km)の残煙と靄だといわれる(アメリカ軍の報告書にも、小倉市上空の状況について『雲』ではなく『煙』との記述が見られる)。この時地上では広島への原爆投下の情報を聞いた八幡製鉄所の従業員が少数機編隊で敵機が北上している報を聞き、新型爆弾を警戒して「コールタールを燃やして煙幕を張った」と証言している。その後、別ルートで爆撃航程を少し短縮して繰り返すものの再び失敗、再度3度目となる爆撃航程を行うがこれも失敗。この間およそ45分間が経過した。

この小倉上空での3回もの爆撃航程失敗のため残燃料に余裕がなくなり、その上ボックスカーは燃料系統に異常が発生したので予備燃料に切り替えた。その間に天候が悪化、日本軍高射砲からの対空攻撃が激しくなり、また、陸軍芦屋飛行場から飛行第59戦隊の五式戦闘機、海軍築城基地から第203航空隊の零式艦上戦闘機10機が緊急発進してきたことも確認されたので、目標を小倉市から第二目標である長崎県長崎市に変更し、午前10時30分頃、小倉市上空を離脱した。

長崎市への原子爆弾投下 - Wikipedia

長崎原爆の威力
長崎原爆はプルトニウム239を使用する原子爆弾である。このプルトニウム原爆はインプロージョン方式で起爆する。長崎原爆「ファットマン」はTNT火薬換算で22,000t(22kt)相当の規模にのぼる。この規模は、広島に投下されたウラン235の原爆「リトルボーイ」(TNT火薬15,000t相当)の1.5倍の威力であった。

長崎市は周りが山で囲まれた特徴ある地形であったため、熱線や爆風が山によって遮断された結果、広島よりも被害は軽減されたが、周りが平坦な土地であった場合の被害想定は、広島に落とされた「リトルボーイ」の威力を超えたとも言われている。

仮に最初の標的であった小倉市に投下されていた場合、平坦な土地が広がり、本州と九州の接点に位置するために、関門海峡が丸ごと被爆し、小倉市および隣接する戸畑市、若松市、八幡市、門司市、即ち現在の北九州市一帯と下関市まで被害は広がり、死傷者は広島よりも多くなっていたのではないかと推測される。

長崎市への原子爆弾投下 - Wikipedia

 

f:id:ktake0606:20180809051343j:plain

香焼島から撮影された長崎原爆のキノコ雲(松田弘道撮影)

 

f:id:ktake0606:20180809051015j:plain

原爆投下前の爆心地付近(長崎市浦上地区)

f:id:ktake0606:20180809051035j:plain

投下後の同一地点(浦上地区)。目標が完全に破壊されている

ボックスカー - Wikipedia

ファットマン - Wikipedia

平和公園 - Wikipedia

 

関連記事:

take0606.hateblo.jp