たけさんのzakki

take0606の日記

「ネット」「リアル」間で「ヒト」「モノ」「カネ」を行き来させる |更新9/25 魅力的な世界を目指すも、“橋渡し”役のSNSが上手く機能していないように感じる 

f:id:ktake0606:20180911170029j:plain

https://pixnio.com/ja/

「ネット」「リアル」間で「ヒト」「モノ」「カネ」を行き来させる

 

「ネット」若年層   

  ——  この間で「ヒト」「モノ」「カネ」を行き来させる

「リアル」老年層   

「ネット」若年層と「リアル」老年層の役割のちがい

競馬で考えるなら...   

「ネット」「ネット」ですべきこと...高齢者や大人が見てもたえうる内容を目指す

「リアル」ですべきこと...

 ネット上で競馬の情報を得ることにより、リアルである競馬場へ行きたくなるようなアピールが必要になる。たとえば、スター・アイドルジョッキー。ほかにも、施設が充実・綺麗。女性や家族連れでも楽しめるような空間つくりなど。

 それらに“リアル老年層”が積極的に参加。

「リアル」「リアル」ですべきこと...魅力的な世のなかにしていく

「ネット」ですべきこと...

 普段から競馬場に足を運ぶこともあり、競馬新聞も読み、競馬中継も見る“リアル老年層”に訴えかけるのだとすると、旧メディアよりネット情報の質量とも充実を目指す。

 それらのアピールと努力を“ネット若年層”が積極的に担う。

魅力的な世界を目指すも、“橋渡し”役のSNSが上手く機能していないように感じる 

 「ネット」と「リアル」を限りなく近づけてゆくことが必要。ともに魅力的な世界を目指していく。一致させる。

 反映させるものは、「ネット」「リアル」がともによりよくなる「モノ」「コト」

“橋渡し”役のSNSが上手く機能していない   

 気になる点があるとするなら、「ヒト」「モノ」「カネ」を「ネット」と「リアル」間で行き来させる橋渡しの役割もある筈のSNSが、上手く機能していない事。

 この点がクリアされて行けば、「ネット」と「リアル」が歩みを揃えて、より良い世界になる筈。

関連記事:

「ネット」は宇宙ともいえる

 頭の中にあるモノを「ネット」に反映させる。つまり、「ネット」とは心。ネットユーザーすべてが持ち寄ったものがネット空間となっており、日に日に広がっていく。

 また、ネットに反映されたものを見ることにより心が形成される。その心をネットに反映させる。その繰り返しにより、ネットは広がっていく。それは宇宙とも言える。

頭が宇宙を広げている。「ネット」は宇宙

 宇宙の果てなど見たことも無いはずだが、果てがあるのだという。広がり続けるという。ビックバンがあるだの無いだのと、見たことも無いことをさもある様にいう。

 ...無いものを、もしくは実際に確認した事も無いことを、事実かも分からないことをあるという。無いものをあるものとする。概念。

 頭であるものとする。無いものをあるものだとすると、頭が宇宙をつくり出している。頭が宇宙を広げている。「ネット」は宇宙。

関連記事: