たけさんのzakki

take0606の日記

サッカーのシンボル「八咫烏」 バレー部所属時代、体力強化でお世話になったのが熊野神社 |更新9/27 『2018世界バレー 女子大会 』9月29日開幕!!


【2018 U-20女子W杯 優勝!】なでしこJAPAN ハイライト【タマシイレボリューション】

U-20女子 2018年 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

U-20日本女子代表、悲願の初優勝~FIFA U-20女子ワールドカップ2018フランス~ | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

ヤングなでしこ、スペイン下しU20W杯初優勝!

「夏休み=楽しい」位の感覚しかなかったが...   

 僕は学生時代にバレーボール部に所属しており、夏休みの時期は室内競技にもかかわらず、外での練習が多かったように思う。筋トレがメインか。ただ、現在のような酷暑と言うことはなく、熱中症で人がバタバタ倒れると言うこともなかった。もちろん、周りから、その様な声を聞いたこともなければ、自分自身も危機感すらなかった。夏を命の危険な時期などと思ったこともなかった。

東横線の綱島駅と大倉山駅の間くらいだったか   

 夏休みの練習のメインは、体力強化と筋トレだったか。

 流石に練習メニューの詳細までは覚えてはいないが、テクニックを身に着けると言うよりも体力面の強化だった様に思う。その体力強化でお世話になったのが、熊野神社。

 師岡熊野神社は横浜市港北区にあり、東横線の綱島駅と大倉山駅の間くらいだったか。丘の上から見下ろすような神社だったが、社殿に向かうためには裏手から坂を上っていくか、または正面から石畳の階段を登っていくかの二つ。その二つの坂か階段を利用させてもらい、朝練をさせていただけました(*‘ω‘ *)

東横線 |東急電鉄

港北区 - Wikipedia

師岡熊野神社 - Wikipedia

『2018世界バレー 女子大会 』9月29日開幕!!

菊名駅から横浜線に乗り換え鴨居駅へ

 東横線の菊名駅から横浜線に乗り換え鴨居駅に行くと、以前交流があった友人宅があった。同じバレー部に所属しており、メールなどでやり取りはしていたが、今はもういない。娘さん2人がプリントしてある年賀状がかなしい。奴に似ている。

横浜線 - Wikipedia

菊名駅(各駅情報)|東急電鉄

サッカーのシンボル 熊野神社の「八咫烏」   

熊野神社といえばヤタガラス

 サッカー日本代表のユニフォームの胸の部分にも当てられている三本足のカラス。熊野神社で奉られている神様「素戔嗚尊(スサノオノミコト)」に使えている「八咫烏(ヤタガラス)」と言われています。

「神武天皇が熊野にいらした折、奥深い山野に迷い給うた時に八咫烏がお導き申し上げた」と残っており、そこから八咫烏は「導きの神」として信仰を集めるようになったのだそう。また、日本サッカー協会のシンボルマークとなったのは、サッカーが日本で始まった明治時代の頃からのようです。

 また、日本代表のユニフォームの青は、海と空と青春の青だとか、ないだとか。

スサノオ - Wikipedia

八咫烏 - Wikipedia

サッカーのシンボル 熊野神社の「八咫烏」のお守り [南紀・熊野古道の観光・旅行] All About

サッカー日本代表がロシアW杯で示したもの   

 大会直前に監督を変更することなど理解が難しい。

 それは、サッカーだけのことでは無く、あらゆる競技で言えること。次大会をイメージし年単位で綿々としたチーム作りをしてゆく。戦略、戦術面双方にいえるか。

結果ではなく、無形のものを受け継いでゆく   

  外国人ではなく日本人監督にしなければダメといったものでもなく、主力選手が高齢である事から次大会がどうかと言った、見ればわかる有形の話ではない。

平均年齢、過去最高の28.17歳で戦い抜いたロシア大会   

 FIFAランキング3位のベルギーに2点リードまで広げるも、すぐさま3失点し敗退した。もちろん、結果はそうなる。ただ、これも有形のもの。

 無形のものを受け継いでゆかなければならない。

 それは、魂や心と言えるかもしれないが、そういったものは必ずしも姿勢として表れていくと信じている。人の在りようとして反映されていくと信じている。そういったものに人の心が動かされて行くと信じている。

 女子サッカー・アジア大会:日本1-0中国

なでしこジャパンが中国女子代表を下して金メダルを獲得

 第18回アジア競技大会の女子サッカー決勝が8月31日に行われ、なでしこジャパンが中国女子代表を下して金メダルを獲得した。8月24日にFIFA U-20女子ワールドカップフランス2018で優勝を決めたばかりのU-20日本女子代表の活躍もあり、日本女子サッカーにおいては明るい話題が続いている。