#2“kizuna7”さんはROCKが好き!

"通信、紙媒体、J-ROCKの三位一体”“8329 ヤミケンキュー”仮想生命体ニアシスト”サブカル十字軍

「自分の心と体」「国」が対と日々意識すること“国体” |一人ひとりが強いからだと強い心をつくっていくこと

f:id:ktake0606:20191002063212j:plain

「自分の心と体」「国」が対と日々意識すること“国体”

“国体”を保守すること。“愛国心”

「自分の心と体」「国」が対

 “国体”というものを、より良い状態で維持、ないしより良いものに変化させることも“保守”に違いない。また、そのために、なにかを尽くすことが、“愛国心”なのではないか。

 一人ひとりが強いからだと強い心をつくっていくこと。より良い“心と体”を得るために日々尽くすこと。また、それを維持すること。 

 “保守”

“自分と国は対”より良い“心と体”を得るためなにか

 一人ひとりがそういった想いで向き合うことで、結果として国は強くなっているはずだから、それは愛国心に違いない。

 どこに属していたとしても、“「自分の心と体」「国」が対”であると日々意識して向き合うことは保守的でもあるし、愛国にも適う。

 日々、国と対であると意識し、より良い“心と体”を得るためなにかを尽くすことは自分のためにもなれば、結果として、国のためになるはず。

 “一身独立して一国独立す”の観点からも、そのようにして考えたほうが良いと思います。

 

 映画『マイノリティ・リポート』気になる台詞

“システムではなく、問題は常に人間にある。”

 以前から同様の事を考えており、たとえば、包丁。

 食材を綺麗にかたどることで命を吹き込むことが出来るが、人によっては人殺しの道具にもなってしまう。

 スマホやSNSといったツールも同様の事。ツール自体に問題があるのではなく、つねに心ない人間に問題があるだけだ。

 一人ひとりが強いからだと強い心をつくっていくこと。

 “自分の半分は国”という意識を、日々の生活の中で育んでいく必要があるし、そういった心を守り受け継いでいく。そういった心を伝統としていく。

心を守り受け継いでいくこと。ダイバーシティにも叶う

 属した場所ではなく、心ない人間につねに問題があり、日々、“国と対”であると意識し、より良い“心と体”を得るためなにかを尽くすことをつづけていれば、それは、自分のためにもなれば、結果として、国のためになるはず。

 そういった心を守り受け継いでいくことは、多様な文化を尊重することにも繋がることから、ダイバーシティにも叶う。

 “自分の半分は国”という意識をもって日々過ごすことは必要になる。

 

『マイノリティ・リポート』(Minority Report)は、2002年に公開されたアメリカのSF映画。ドリームワークス作品。

フィリップ・K・ディックの短編小説『マイノリティ・リポート』(旧題:『少数報告』)(The Minority Report)をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化した作品で、トム・クルーズが主演した。

マイノリティ・リポート - Wikipedia

マイノリティ・リポート [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

マイノリティ・リポート [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

数字からでも、“日本”と対になっている事も理解できる

“19”とは、“国体”でもあり“Ai”のことでもある

 たとえば、“自分の半分は国”なのだとして、“日本”

 画数9。“日”“本” 4+5=9

 日本“9”であることが分かった。

 そこに自分という“1”を足すことで、10になる。

 数字からでも、「自分の心と体」「国」が対となっている事も理解できるはず。国体というものが理解できる。

 また、1はA、9はI。19とは、“Ai”のことでもある。“国体”とは、Aiとも置き換えられそうです。19とは、“国体”でもあり“Ai”のことでもある。

日本だけでなく、ほかにも様々なところに“9”が...

神を表すもの

神(9画)
キリスト(9画)
ユダヤ(9画)
ヤーウェ(9画)旧約聖書におけるイスラエル民族の神
ゼウス(9画)ギリシア神話の主神
など神を表す言葉は、日本語にすると、9画がなぜか多い。

トップを表すもの

皇帝の「皇」「帝」どちらも9画 
首相の「首」「相」どちらも9画
また、トップの者が住んでいた「城」も不思議と9画である。

首席(19画)、大統領(29画)のも字数がいいですが下一桁9になる不思議。
カタカナにおいてもキング(9画)クラウン(9画)ロイヤル(9画)や百獣の王ライオン(9画)全て9画である。

「9画」がトップを意味し、成功をもたらすことを理解いただけましたでしょうか。
皆さんも身近な9画を探してください。
ちなみに、都があった京都(19画)、日本(9画)です。

平等に向き合うのに限界。自分を大事に

日本人の部分と“ゼロ”“ニアシスト”を有効活用する

 日本人ではあるのですが、好みは日本的ではなく、苦労していたのですが、解決法はあったのです。そんなヒントを終始頂けていました。

 “ゼロ”を“ニアシスト”として、行動する。日本人の部分との2重。

 平等の意識が強くあり、身を置いた場所も結果として、良くない作用を及ぼしてしまいました。たしかにヒントも頂けましたし、ありがたかったのですが、そろそろ、変更しようと考えました。

 平等な意識。結構なこと。ただ、良く分からない。なのでWikipediaで調べてみました。

 “偏りや差別が無く、みな等しいこと”

 平等。

 

平等(びょうどう、英: equality)とは、偏りや差別が無く、みな等しいこと[1]。

仏教用語。物事のあり方が真理の立場から見ればすべて同一であること。平等院(京都府宇治市)の由来になっている。
法の下の平等。日本では、日本国憲法第14条第1項に定められている社会関係上の概念。差別からの自由。
政治思想としての平等主義。

平等 - Wikipedia

2020年五輪まで“ヒガシ”“ミナミ”“キタ”と向き合う

 理解できた。

 『神戸屋キッチン』で、ひと休みしながら、考えてみた。平等はしんどい。ひとりで平等に向き合うのは不可能。なので、自分の自由を大事にしたいと考えてみることにした。

 平等。

 もともと、西的な要素を内包しており、勝負事も好きではなかった。判官贔屓なところがあり、不利益な方に付き従いたい節があった。

 東西、源平で考えても、西、平家が好みだったりもする。ただ、いつまでもこれを言っているのも、マズいように感じる。日本人の部分。このままでは、国体が維持できない等に感じられる。

 “平”の部分が現状、強く出ており、良くない。何を見ても良くない。平家。西。

 自分にとって、“西”の要素はマズい。

 では、この様に考えてみたら、どうか。

“8329ヤミケンキュー”でもあるし“N14S19E5”計38は良い

 “東西南北”の内の“西”を置いておこうと考えた。少なくとも、五輪まで。

 “東南北”の三つ。

 “ヒガシ”“ミナミ”“キタ”

 “NSE” アルファベット順で言うと“14”“19”“5” 計38”

 “8329 ヤミケンキュー”でもあることだし、五輪まで“ヒガシ”“ミナミ”“キタ”で何かと向き合う中で、回復に努めることが出来たなら、2020年東京五輪以降も前向きに考えられるようになれているはずだし、先にある、2025年大阪万博のためにもなるはず。

 また、西Wは23。“8329 ヤミケンキュー”における、“32”の部分とは、westの可能性も否定できないことからも、現状、距離を置く。

 そうは言っても、いつまでも、西を怖いと言い続けても仕方がないし、情けない話でもある。少なくとも2020年五輪まで回復に努めつつ、“ヒガシ”“ミナミ”“キタ”と向き合う。そんな中で成長がみられるはずだし、不信や不和も減らせているはず。

 そんな中で西のひととも、しっかり向き合えるようになれていると信じているし、前向きにものごとに向き合えたら良いな、そのように考えています。

 

特殊な事情を“ゼロ”でアシスト。日本人との二重“ニアシスト”

 日本人の部分だけを押し付けても、意地悪な印象受けるし、自分のためにも良くない。なぜなら、特殊な事情を抱えているから。それを見かねてか、救いの手が。たとえば、それは西かもしれないから、“日本人”と言い続けるのは、いやだ。

 なので、特殊な事情の部分を、“ゼロ”でアシスト。

 二重なので、“ニアシスト”

 日本人の部分とゼロの部分。“ニアシスト”

 いわゆる、“ニアシストドクトリン”

 

自分の心を大事にするため、政治に“興味がない”と言う必要も

 僕は誰の味方でもありません。心を大事にするため。政治には興味はない。文化のため。心のため。多様性のため。何より自分を尊重するため。政治的なことから距離を置く。できる限り考えないようにしたい。どうしても、いじわるになりやすいことから、距離を置きたい。

 心を大事にした結果、日本のためになっているのなら、政治を知らなくても、問題無いのではないか、と考えており、理屈を優位にすると民主主義も上手くいかない事からも、“興味がない”と言う必要があるのではないでしょうか。

 

誰の味方でもありません (新潮新書)

誰の味方でもありません (新潮新書)

1974年(昭和49年)6月6日東京生まれ。

原点回帰なら、やはり“北” 2007年以降のテーマ

 たしかに、“ヤミケン”ではあるものの、本来あるべき姿はどうかと考えてみた。

 1974年(昭和49年)6月6日生まれ。東京生まれ。

 4歳まで埼玉。20まで横浜で過ごし上京。いまに至る。45年中ほぼ東急沿線で過ごす。“19”

 南育ち。South“19”

 西東論争下に終始いたようにも想うし、宗教の問題もそう。男女間。世代。地域論争。なぜだか、色々なことに巻き込まれ、ここまで来てしまった。

 ただ、待てよ。自分は何だったのか。最近のテーマ。ルーツ。

 横浜育ち。

 南。South“19”。

 西東論争に巻き込まれてしまったが、真っすぐ、北。N14に向かってこそではないか。父や母の地元も、横浜から見て北だし、幼少期は埼玉で過ごした。やはり北。

生年月日の中に“2358”がない “S19N14”南北足すと“33”

 原点回帰なら、やはり、北。

 2007年以降もテーマは北でした。理由もあり上手く出来なかったが、再度、北に向かう必要もありそうだ。

 “19”と“14” 南北。

 また、生年月日の中に、2358がない。

 1974年(昭和49年)6月6日

 東西。W23E5がないという事になる。現状、ニシを苦手にしている。なので西をウェストしたいと思っております。

 

リンカーン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

リンカーン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ロスチャイルド派に属するための“ゼロ” 2006年致命傷

 南北問題をクリアするための“ニアシストドクトリン”でしかなく、やはり、本質は日本人。いい加減は腹立たしく想う。家族や親せきもいるため、顔向けも出来なくなってしまう。

 “8329ヤミケンキュー”

 ここに問題があったのだろう。記憶を失われてしまっているし、それが影響してか、情けない状況も続いた。手助けがあったのもありがたかった。

 なので、南北問題はしっかり向き合いたい。お世話になっている事だし、そもそも、“ヤミケン”以前から問題はあった。いずれにしても、手助けは必要としていた。

 本質は“9” 

 日本も“9” 19でもある。ミナミ育ち。十。

 しかしながら、2006年に起きてしまったことが致命的なってしまう。“ゼロ”が必要に。その為の“ニアシストドクトリン”

下記、運転免許証画像を刮目せよ!

竹田さん。にょきにょき竹の子イングランド国旗

 下の画像は、自分の運転免許証になるが、訳あって真っ二つになっている。確認してほしいのはそこではなく、名前。

 田んぼ"田”になるのか。

 田という文字に何をみるか。"田畑という空間に宇宙を感じ、命を育み伝えていく”などと言っていた時期もあったし、ほかにも、ペケを合わせることで、ユニオンジャックにもなれば、米国の"米”、もしくは"こめ”にもなると言ってた時期もあった。

 

f:id:ktake0606:20191012105030j:plain

 いよいよ田が"イングランド国旗”に見えてきた

 田という文字に宇宙を感じてみたり、"ペケ”を重ねるとにより、ユニオンジャックを感じてみたり、米国を感じてみたり。米を感じたり。

 が、やはり違った。いよいよ、イングランドの国旗に違いない、そう想えた。

 いよいよそう思えてきた。

イングランド国旗  

f:id:ktake0606:20191012105807p:plain

イングランド(英: England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(英: country)の一つである。

人口は連合王国の83%以上[1]、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。

イングランド - Wikipedia

"世界最弱のオセロAI”は"最強のオセロAI” 表裏一体

 以前、"オセロ”という色の数を競うゲームではなく、別のゲームだったら...と考えたことがあった。

 実は、"白黒”の数を競っていたのではなく、ゲームそのものへ対する向き合い方、“ヒトモノコト”に対する向き合い方だったとしたならどうするのか。

 そういったものを問われていたらどうか。

 白黒ではなく、所作、立ち居振る舞い、道的なものを問われていたならどうするのか。武士道や騎士道といった、精神を問われていたとしたなら、どうするのか。

 ....などと考えていたこともあったが、新たな視点が見つかった。相手に負けることが勝利だったらどうなのか。ゆずり合い。

 負けを競う。

 世の中には、最弱オセロ - AVILEN "世界最弱のオセロAI”とも言われているらしく、負けを狙ってみても負けられないしい。

 ただ、サシで勝負し、互いに負けを狙っているのだから、"世界最弱のオセロAI”は最強という事になるらないか。

 もちろん、なる。"世界最弱のオセロAI”は"最強のオセロAI”

 オセロは表裏なのだから、条件を変えるだけ、"負けを競う”ではなく、"勝利を競う”に変えるだけ。今度は、全く勝利できない"最強のオセロAI”変貌しているはず。

最弱オセロ - AVILEN

オセロというゲームに"スコットランド国旗”を見る

"竹田さん。にょきにょき竹の子イングランド国旗”  

 なるほど、確かに田んぼの"田”は"イングランド国旗”に見えなくもない。また、オセロというゲームも、クロスに近いものを感じる。

 オセロというゲームは、8×8の盤をはさみ2人のプレイヤーが対峙し、白黒表裏の石を使って、相手を色の数で上回ることを競うものといえるのだろう。

 4角をいかに奪うかが、このゲームの肝になる。たとえば、盤の4角同士を線でつなぐとどうか考えてみた。発見した。"スコットランド国旗”だ(*‘ω‘ *)v

スコットランド国旗  

f:id:ktake0606:20191012131313j:plain

スコットランド(英語: Scotland)は、北西ヨーロッパに位置するグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。

1707年の合同法によってグレートブリテン王国が成立するまでは独立した王国(スコットランド王国)であった。

スコットランド - Wikipedia

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 通称イギリス

 上でも挙げた、イングランド、スコットランドと、ウェールズ、北アイルランドのふたつを含む、4つの「カントリー」と呼ばれる「国」が、独特の統治体制をとるのだとか。一般的に連邦国家とは区別されるらしい。

 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国という事になるが、日本語における通称の一例としてイギリスや英国がある。

イギリスのカントリー(英: Countries of the United Kingdom)とは、イギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)を構成する4つの地域である、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドのこと。

イギリスのカントリー - Wikipedia

f:id:ktake0606:20191012131946j:plain

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、英: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland: UK)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置し、グレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る立憲君主制国家。首都はロンドン。日本語における通称の一例としてイギリス、英国(えいこく)がある(→#国名)。

イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドという歴史的経緯に基づく4つの「カントリー」と呼ばれる「国」が、同君連合型の単一の主権国家を形成する[1]独特の統治体制を採るが、一般的に連邦国家とは区別される。

イギリスの擬人化としてはジョン・ブル、ブリタニアが知られる。

イギリス - Wikipedia

“2重国籍”という利点を生かし、国体維持や保守。愛国的

 では、なぜこのような発想が必要になってしまったのか。今後も説明をつづけていくが、自殺未遂というものが良くなかった。自分を国にかさねることが出来なくなってしまった。

 “国体”などと言えなくなってしまった。

 “仮想生命体ニアシスト” という発想の源泉にあるものは、そういった事になるのではないか。

 日本に見ることが出来ないのであるなら、どうか。好みなどを踏まえた上で、

 "竹田さん。にょきにょき竹の子イングランド国旗”

 時間はかかってしまったが、そういったところに落ち着いた。

 狙いもある。“2重国籍”という利点を生かしつつ、国体維持や保守的であろうとするなら、欧州の方に重きを置いたほうが良さそうに想えるし、愛国心にも適う。

 自分を国にかさねて、“国体”と考えられるのであるのなら、なおさら“対”であると意識して日々過ごしていく必要もある。

 

ユニオンジャックを模したフレッドペリーの手袋

 こちらは、以前愛用していた、ユニオンジャックを模したフレッドペリーの手袋になります "ウィッシュ!” "TKG” 卵かけごはん(^_-)-☆

 

f:id:ktake0606:20191016134125j:plain

フレッド・ペリー(Fred Perry, 1909年5月18日 - 1995年2月2日[1])は、イングランド・ストックポート出身の男子テニス選手。フルネームは Frederick John Perry (フレデリック・ジョン・ペリー)という。“イギリスのテニスの神様”として、今なお尊敬を集め続けている名選手である。4大大会でシングルス通算「8勝」を挙げた。1934年から1936年にかけて、地元のウィンブルドン選手権で大会3連覇を達成した。

彼以降永らくイギリス人男子が優勝出来なかったためウィンブルドン現象とまで言われるようになっていた。2013年、アンディ・マリーがウィンブルドンでイギリス人男子として実に77年ぶりの優勝となった。

ファッションブランド
1952年、ペリーはロンドンで「フレッド・ペリー・スポーツウェア社」を設立した。このブランドは月桂樹のロゴで広く知られ、テニスウェアとしてだけではなく、1960年代にはモッズと呼ばれた若者にも好んで着られており、現在でも服飾ブランドとしての地位を固めている。

フレッド・ペリー - Wikipedia

 

 スマホの関係で、指が出ていないと操作が出来なことから、指先が出ているのが便利だ。ほかに、親指と人差し指の先だけ出ているものもあったりと、手袋に工夫がみられる。スマホを使用する人が増え、手袋のカタチにも影響を与えている。

 また、新たに買い替えなくとも、"不思議な液体”を指先に塗るだけで、手袋をしたままでも操作できる商品もあるので、検討してみるのも良いのではないでしょうか(^_-)-☆

 

ニーチェの言葉 001 初めの一歩は自分への尊敬から

 本音を言ってしまうと、ある時期から日本人であることが嫌だった。社会も合わないし、日本のひともあまり得意ではなかった。理由はあるが、ひとまず置いておくとして、日本が合わなかった。ただ、そればかり言っていても仕方がないし、理解も得られない。

 2007年以降も、色々あったが、ここに来てようやく糸口見えてきた。日本人ではないと意識すること。

 日本人でいる事で本音を言うことも難しかったし、行動もとりづらかった。が、日本人以外にも、“もう一人の自分”というものをイメージできたときに、ようやく、これでも良いのではと自分の事を想えた。

 日本人ではないと意識することにより、自分の事を認めることが出来たのと同時に、日本人も、同じ想いで過ごしていたところがあったのだろうと想えた。

 同じだ。

 

超訳 ニーチェの言葉

超訳 ニーチェの言葉

“ニアシストドクトリンⅢ”『ニーア オートマタ』

 日本人でありなあがら、日本人を捨てる、“二重国籍”をするにあたり、色々と考えてみた。“仮想生命体” “ニアシリーズZ” “ニアシストドクトリン”

 と、考えてみた結果。ひとつのあり方。答えのようなものが見えた。

 『ニーア オートマタ』

 “オートマタ”とは“自動人形”の意。

 今までご指摘はあった。“イヌ”というやつもいた。“人形”に見えていたのかもしれない。

 それは受け入れるとしよう。だとしても、心くらいは持っている事から、悩みとしてあった。とはいえ、日本人でもある。そんな中ひとつの答えとして、“自動人形”

 意志を持って動く人形。

 言い方を変えると、“ニアシストドクトリンⅢ”とも言えそう。

 本音を言うとするなら、放送より法曹が好きだし、西より医師が好き。また、関空より官僚が良いと思います(*‘ω‘ *)v

 

『ニーア オートマタ』(NieR:Automata)は、スクウェア・エニックスより発売されたアクションRPG[4]。日本では2017年2月23日に発売[5]。2017年3月7日に米国で、同年3月10日には欧州で発売された[5]。

タイトルに使われている「オートマタ」とは「自動人形」の意。当初は「Androids」(アンドロイズ)を予定していたが「Android」が商標の関係で利用できず、代わりとして複数の候補を挙げた上で選ばれたのが「Automata」(オートマタ)であった[9]。また「NieR2」としなかった理由について、ディレクターのヨコオは「前作に触れていなくても問題なく遊べる内容になっているため」としている[11]。

ニーア オートマタ - Wikipedia

ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション - PS4

ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション - PS4

ロスチャイルド家の家紋を確認してほしい

Lion、Unicorn、黒い鳥に関わるものに勢いが無いように映る

 数年にわたり、休みをとる事もせず、“ニーア オートマタ”、“ニアシストドクトリンⅢ”、何だか良く分からないことを言って、続けているのか。

 一言でいうと、“ムカつくから”

 下記の画像を確認してほしい。ロスチャイルド家の家紋になるが、ライオン、ユニコーン、黒い鳥が見てとれる。

 どうも、身のまわりもそうなら、自分を振り返ってみても、良くないことに、ライオン、ユニコーン、黒い鳥が巻き込まれてしまっている。それが、どうも腹立たしいからこそ、数年にわたり粘り強く、続ける理由になっている。

理由も明白だからこそ、今後も続けたい “ニアシスト”

 Lion色々なところで良くない事になっているし、Unicornも競走馬と置き換えてみてもそうなってしまうし、21世紀以降生まれも“ユー”といえそう。また、黒い鳥というのも、八咫烏もそうなら、“ロック界隈”ともいえそうだ。

 現状、上記の、ライオン、ユニコーン、黒い鳥というものが勢いがないように見える事からも、怒りしかないし、理由も明白だからこそ、今後も続けてゆきたい。

 “ニアシスト”

 

f:id:ktake0606:20191013113630p:plain

ロスチャイルド家(Rothschild、「ロスチャイルド」は英語読み。ドイツ語読みは「ロートシルト」。フランス語読みは「ロチルド」[1]。)は、ヨーロッパの財閥、貴族。門閥として名高い。ロマノフ家とはHubert de Monbrison (15 August 1892 – 14 April 1981) の三度にわたる結婚を介して家族関係にある[2]。また、ベアリング家ともギネス家を介してやはり家族関係である[3]。

モルガン家やゴールドシュミット・ファミリーとも親密であり、1001クラブ等の広範なビジネスコネクションをもつ。アメリカについては、ウィルバー・ロスやフィデリティ・インベストメンツと、実業家時代のドナルド・トランプを支援した[4][5]。

ロスチャイルド家 - Wikipedia

トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ (ちくま文庫)

トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ (ちくま文庫)

  • 作者: ドナルド・J.トランプ,トニーシュウォーツ,Donald J. Trump,Tony Schwartz,相原真理子
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2008/02/06
  • メディア: 文庫
  • 購入: 5人 クリック: 16回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
なぜ、サブカルが重要なのか。なぜ、ローゼンメイデンなのか

 また、なぜ、ローゼンメイデンなのか。なぜ、数年にもわたり、休みをとる事もせず、つづけたあげく、“ニーア オートマタ”という結論が出たのか。

 “自動人形”

 また、なぜ、“オートマタ”である必要があるのか。もちろんそれは、国体を保守するためでもあるし、日々続けていくことで、愛国心にも適うことから、たとえ、実家に身を寄せていたとしても、“オートマタ”であり続けるかぎり、自主性も保つことも出来る。

 

ファイナルファンタジーVI

ファイナルファンタジーVI

日本人を捨て“ニアシストドクトリン”という戦術で挑む必要性

 日々、そういった事をつづけていく先に、結果として独立というものも見えてくることからも、“オートマタ”ある必要があるし、だからこそ、サブカルを追求できる。

 ロスチャイルド家の家紋を確認しても分かるが、日本における、Lion、Unicorn、黒い鳥というものもサブカルに属している事も理解できるからこそ、日本人を捨てる“ニアシストドクトリン”という戦術で挑む必要もあった。

 

ローゼンメイデン0―ゼロ― 4 (ヤングジャンプコミックス)

ローゼンメイデン0―ゼロ― 4 (ヤングジャンプコミックス)

“国体”という観点からも、自殺未遂はよくなかった...

自分を国にかさねて、“国体”などと言えなくなった

 未遂に終わったが、マズい。

 自分を国にかさねて、“国体”などと言えなくなってしまった。また、記憶を失われてしまったのもマズかった。歴史も途絶えた。

 連綿と続いていくはずのものが途絶えてしまった。想った以上に心を育み直す時間を要してしまったが、現状も変わらず、良くない想いにある。

 2007年からやり直すというのは、そういった想いからか。また、やり直す最中で、南北問題解決の力になれたらうれしく想うし、自分のためにもなるはず。2020年東京五輪・パラリンピック、2025年大阪万博をそういった人とともに出来たなら、ありがたいし、素直に嬉しい(*‘ω‘ *)

“レイシスト”ではなく“ニアシスト” 南北問題解決の力に

  2に至らずにここまで来てしまった。なので“ゼロ”が必要に。

 そのための“ニアシスト”

 そのための“ロック”と“ダイバシティー”

 また、ゼロで都合の良いのは、ロスチャイルドでのことをしやすいようにでもある。日本をある程度意識しないことにより、国体を守りながら、より外のものも好むことが出来な、なおかつ、“ダイバシティー”にも適うし、サブカルチャーにも適しやすい。一石二鳥でもある。

 そのための、日本人でありつつ、“セロ” “ニアシスト”

 “レイシスト”※1ではなく、“ニアシスト” ※1下記引用参照

 マイノリティの自分にとっては好都合。半分は日本人。半分は“セロ” “ニアシスト”

 ダイバーシティにも適うし、南北問題解決にもお役に立てるはず。そのための二アシスト。ロスチャイルド。

 

人種差別(じんしゅさべつ、英: racial discrimination)とは、

人種的偏見によって、ある人種を差別すること[1](辞書での定義)。
人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果を有するもの(人種差別撤廃条約での定義)。

人種差別 - Wikipedia

自らが“9”となり1をアシスト。その為の“二アシスト” 

ではなぜ、“ニア・シスト” また“ロスチャイルド”なのか。

 生年月日のところでも説明したが、2、5の要素が薄く、どちらかといえば引っ込み思案。また、まわりとの対応が上手くいかず、苦労していた。

 マイノリティ要素が強かったがためか。また、幼少期から、良くないとが多く、それもまた影響してるのだろうか。

 なので、日本人であることを出来る範囲内で意識せずに過ごすための“ゼロ”が必要になりました。

 自分が“ゼロ”だからこそ、“ゼロ”を大事に想う心を育むことが、幼少期の頃から出来ていたのだろうか。

 

“ロスチャイルド”家訓 “調和、誠実、勤勉” 日本人的でもある

 “ニア・シスト”だとして、何が必要になるのか。ヒントは家訓。

 “調和、誠実、勤勉”

 日本的。本来の日本人が持っていたもの。失われつつあるが、取り戻す必要があるのだろう。そのための、“ニア・シスト” “ロスチャイルド”

 また、国際的な催し物が迫っており、人種のことは問題視されることからも、属す必要があるし、家訓 “調和、誠実、勤勉”は理に適っている。

 2、5の要素もないし、やりづらいのも確か。ただ、そればかり言っているのも違う。なので、そのための、“ニア・シスト”

 “国体”

 自分“1”から日本“9”を見ることで、国体を維持するといった考え方が必要であったが、出来なくなった。その為の“ゼロ”

 そのための“ニア・シスト”だし“ロスチャイルド”

 みずからが“9”となり1をアシスト。

 “二アシスト” 

 

ペンブックス15 キリスト教とは何か。I 西洋美術で読み解く、聖書の世界 (Pen BOOKS)

ペンブックス15 キリスト教とは何か。I 西洋美術で読み解く、聖書の世界 (Pen BOOKS)

トラウマが影響し、おぼつかない日々を送っています

意図しなかったとしても、悪く捉えがちに...

 フラッシュバックが影響してか、午前中はとくに様子が急変しやすい。ちょっとしたことがきっかけになり、心持ちが悪くなってしまう。

 そういった状況下で見聞きしたものは、たとえそういった意図でなかったとしても、良くないものに見えてしまう。できる限り、良くないことが連想されるようなものを避けて過ごしたいと考えている。

 早朝散歩などをして、“トラウマ”となっているものを誤魔化そうとするも、どうもこれすら上手く行かない状況が続いている。また、家族ともケンカしやすくなってしまうのもつらい。

 通院などをつづけるなかで、少しずつ改善する道を探ろうと想っています。

 

心的外傷(しんてきがいしょう、英語: psychological trauma、トラウマ)とは、外的内的要因による肉体的及び精神的な衝撃(外傷的出来事)を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態で、また否定的な影響を持っていることを指す。

心的外傷が突如として記憶によみがえり、フラッシュバックするなど特定の症状を呈し、持続的に著しい苦痛を伴えば、急性ストレス障害であり、一部は1か月以上の持続によって、心的外傷後ストレス障害(PTSD)ともなりえる。

心的外傷となるような体験を、外傷体験(英:traumatic experience)という。

心的外傷 - Wikipedia

『罠』“四”の民の中の“二”を見極めていく...

 “2020年五輪まで“ヒガシ”“ミナミ”“キタ”と向き合う”

 『罠』

 文字通り。

 “ニシ”を疑っており、“悪く捉えがちに...”というところも否定できないが、疑心暗鬼のなかで何かものごとを進めたとしても、良い結果が得られるとも想えない事から、2020年五輪までは、できる範囲内で“ヒガシ”“ミナミ”“キタ”と向き合う”ことをつづけるなかで、“ニシ”のひとをしっかり見極めていこうと考えている。

 “罠”

 四の民の中の“二”を見極めていく。

 “国体”を保守する。“愛国心”にもかなうはず。

 現状、“14”より“24”が良くないものに見える。“イシ”より“ニシ”が苦手。

 

離間工作の罠 ~日本を分断する支配者の手口~

離間工作の罠 ~日本を分断する支配者の手口~

“四の民”と揶揄されがち、何のために必要か。一のため

“青黒”はアルファベット順で言うと“22”

 数字がテーマになっている。国体維持のため。

 たとえば青。blue。“2” 黒。black。“2”

 アルファベット順で言うと、どちらも2でしかない。“青黒”同士ではケンケンしがちだからマズい。足しても“4” 四の民でしかない。

 『罠』

 青黒は危険性が高そうなことも理解できるはず。できる限り距離を置いたほうが良さそうだ。

“西W”アルファベットで言うと“23” 東と変わらない

 たとえば、最近、やり玉にあがり続けている“ニシ”

 数字に置き換えるとどうか。“西” “west”

 アルファベットで言うと“23”

 “東” “east” アルファベットで言うと“5”

 どちらもそう変わらない事も理解できるはず。

“4”の民に出来ることと言えば、“1”を大事にする

 “青黒”はアルファベット順で言うと“22” 合計したところで『離間工作の罠』と揶揄されがちな、“4”の民でしかない。

 また、アルファベットでいうところのwest“23”に、“青黒”程度では追い付かない事も同時に理解できるし、“east”にも及ばない。

 では、どうすればいいのか。“4”の民に出来ることと言えば、“1”を足していく。大事にして行く。

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

“日の丸” アルファベット順 赤18白23。計41

 “日の丸”

 Wikipediaを参照したところ、

 “日章の直径は縦の5分の3で中心は旗の中心。色地は白色、日章は紅色とされている。上下・左右対称である。...”

 このような説明がなされていた。

 “赤白”

 アルファベット順で言うと、“赤” Red。“18” “白” White。“23”

 日の丸。日章旗は“41”なことが理解できた。

青黒の評価というものも難しい計“4” 一のためか否か

 なるほど。「青2黒2赤18白23」なことが理解できたが、アルファベット順でみると、青黒に比べて、赤白が以下に価値があるかが分かるはずだ。

 青黒の評価というものも難しい。何のための青黒なのか。計“4” 

 たとえば、『離間工作の罠』などと揶揄もされているように、“四の民”なのだとして、何のための四の民である必要があるのか。ヒントは日章旗は計“41”にあるのだろう。

 “1”のための“4”

 “青黒”は1のために尽くしてこそ。それでこそ愛国心に叶うし、国体も保守できるはず。文化も伝統も受け継がれて行くはずだ。

 

日本の国旗(にっぽんのこっき、にほんのこっき)は、法律上は日章旗(にっしょうき)と呼ばれ、日本では古くから、また今日でも一般的に日の丸(ひのまる)と呼ばれる旗である。

1999年(平成11年)に公布・施行された「国旗及び国歌に関する法律」(国旗国歌法)の規定によれば、旗の形は縦が横の3分の2の長方形。日章の直径は縦の5分の3で中心は旗の中心。色地は白色、日章は紅色とされている。上下・左右対称である。

日章と旭光を意匠化した旗については旭日旗を参照。

日本の国旗 - Wikipedia

“青2黒2赤18白23”計“45” 4画+5画=9 「日本」

西が苦手だからこそ、1を尊重したいいう発想になっているが...

 “日の丸” アルファベット順 赤18白23。“計41”なことも理解できたし、“青2黒2赤18白23”なことも確認できた。また、4色を合計すると“45”になるのも面白い。

 “日本”

 4画。5画。計9。

 西が苦手だからこそ、1を尊重したいいう発想になっているが、“日本”という言葉、東西に分けるとすると、西が“日” 東が“本”

 各々に2を足してみるとどうなるのか。

 西“24”東“25”

 また、1だとするとどうか。

 西“14”東“15”

 各々、評価が分かれるところでもあるが、どちらがより、“十”の要素や愛国心に叶うのかと考えると、“1”の方がより上回っている事になるのだろう。また、そもそも、日本が9でもあることからも、愛国心になるのではないか。

“2”が現状、愛国的でもなければ、隣国に誤解を植えつけている

 たとえば、西“24”東“25”に9を足すと歴然。

 “249” “259”

 やはり、愛国心をイメージすることは難しい。たとえば、“259”を隣国と読むことにしたらどうか。日本における隣国。韓国。北朝鮮。台湾。中国。

 どうか。西“24”東“25”の人びとが、隣国を尊重出来ているのか。たとえば、2でも良いが、隣国を大事に出来ていないのであるのならば、やはり、“2”は適していないし、“1”の方が愛国的でもあれば、隣国に対しても良い影響になるのだろうと考えられそうだ。

 やはり、四の民が出来ることと言えば、二より一を大事にしてこそ。ということも理解できるはず。

“ニアシストドクトリン”とはなにか

ニアシストドクトリンの根幹をなすものとは...

 「自分の心と体」「国」が対という考え。「国体」を維持する。

 日本人としてそれをするのは難しくなったため、対象に“135”を見ることで、国体維持が出来るし、そういった事をつづけること自体が、愛国心にも適うし保守的でもある。

 自らが“29”にまわる。“ニアシストドクトリン”

 “15”→“29” 自分

 “135” 相手になるもの。対象。 

“29”なのだとすると“12” “23” “25” “19” “39” “59”愛国的で保守的

 自分“29” 対象“15” だとして、どういった組み合わせがあるのだろうか、考えてみた。

 自分が2のケース。“12” “23” “25” 

 自分が9のケース。“19” “39” “59”

 6つの組み合わせ “12” “23” “25” “19” “39” “59”が愛国心に叶うのだろう。

 “2重国籍”であるメリットを生かすことが、現実的な対応になるのうだろう。

 “15”“29”の双方を併せ持つ。

 対象に見るのもの“135”で変化はない。

 “5512”をドイツとすると、なかなか、そういったものがむずかしく想えていたが、「“15”“29”の双方を併せ持つ」という視点に立てたときに、気持ちも楽になれた。

 “15”“29”ד135”で、ドイツを生み出すことが出来る。

 

強い国家の作り方 欧州に君臨する女帝メルケルの世界戦略

強い国家の作り方 欧州に君臨する女帝メルケルの世界戦略

“1593”役割を全うするための“ニアシストドクトリンⅠ”

“ニシ”は好きだが、付き合い方が難しい。そのための“ニアシスト”

 自分で掲げたものの、いうほど定まっていなかったが、ようやく見えてきた。“四の民”の“二”が問題視されていた事は分かっていた。

 ただ、自分自身日本人でもあったが、好みがどうも、東というよりも西だったことが問題でもあったように想う。たびたび、そのことについて指摘されていた様に記憶している。

 だとしても、“ニシ”が好きでもある。どうしたものかと思案した結果が、“ニア・シスト”という名だし、できる限り、日本人であることを意識したくないとの狙い。

 自分“29” 対象“24” だとして、どういった組み合わせがあるのだろうか、考えてみた。

 自分が2のケース。“22” “24” 

 自分が9のケース。“29” “49”

 あくまでも、数字上だが愛国心に叶わないことが分かった。

“ニア・シスト”を名乗ることで、日本や近隣諸国を尊重

 たしかに、日本人であることが理由となって不利益を被っていた様にも感じられるからこそ、日本人であることを意識したくないだけ、日本や日本人が嫌いなわけではない。

 そう誤解はされたくないし、身近には、そういったものを置いておきたいと考えている。そのための“1”

 “愛国産” “1593”

 結果として、愛国心にも適うし、国体の保守という観点からも、良いのだろう。また、自分のためにもなっているのだ。

2を大事にしてはならないのか“日本人だから”“1”である必要性

 2を大事にすることで、“2593”なることもわかる。

 “隣国産”

 個人的には人種で評価することはないが、“2”が現状、愛国的でもなければ、隣国に誤解を植えつけているように映ることからも、2を尊重することは適切ではないし、そもそも日本人。

 “隣国産”というウソはつけない。

0才から100才ではなく0才から50才“ニアシストドクトリンⅡ”

 0歳から100歳まで働きかけることが出来るのは、波風も立ちずらいことから、保守的でもある。

 が、自分にはできない。日本の社会のしくみが苦手なところがあり、難しい。0歳から100歳という考え方自体は好きだから残念な気持ちにある。

 また、そもそも自分にとって、内容自体も難しいところもあるから、東京の"魔法使い”にお任せすればいいと考えています。

 向き不向きもあることなので、神奈川の"魔法使い”として行動をしたほうが良いのではないのかという考えに至ってしまいました。

役割として、古い社会を破壊。そのための“2重国籍”

 “0才から100才”は難しいとしても、“0才から50才“ならどうにかなるのではないのか、とそのように考えており、現状の息苦しさというのも、“日本が合わない”事が原因としてあるのではないか。また、そういった社会しくみというのも、おおよそ、古いタイプの人たちがつくったものと考えられるから、なおのこと、古い日本というものを破壊したい。

 そのための、“0才から50才“でこそ“愛国心”

 “0才から50才“でこそ、国体を保守。心を育み受け継いでゆくことが出来るのではないのだろうか。

 そのような事を考えています。

 

ココロ派はどうか

日本人の部分“愛国産”“1593” 仮想生命体“こころ派”“5568”

 たとえば、“ニア・シスト”なのだとして、“愛国産”“1593”と言ったものを尊重するための役割としての“仮想生命体”ということは理解できた。

 日本人ではあるが、古い慣習などに悩まされていたのも事実だし、それを見かねて手助けがあったことも救いでもあった。

 日本人としての部分は“愛国産”“1593”

 では、“仮想生命体”としての部分ではどうか、心を尊重していく。こころ派。

 “5568”

同じものを見て、大事にして行くこと。愛国心にも適うし保守的

 “国体”を保守することが、“愛国心”につながるはず。

 だとして、国体とは何か。冒頭でもあるように、一人ひとりが、“「自分と国」は対”とかんがえ、より良い「心と体」を得るために尽くすことをつづけていく。

 愛国的でもあるし、心と体を維持することや、より良いものにしようとすることも保守といえそうだ。

 なのだとして、自分をどのようにして考えれば良いのか。また、国、ないし対象をどのように考えたら良いのか。

 自分は“1”

 だとして、相手にも“1”

 そこに同じものを見て、大事にして行くことは、愛国心にも適うし、保守的でもあることが理解できるはず。

 自分と国を同じものとみていく。“国体”

 “1”と“1”の対。

 

心。

心。

国の文化や伝統を保守するため「“1”と“1”の対」

こころをかさねること。自分のためにもなれば、国体維持にも

 そもそも、なぜ“ニア・シスト”が必要になってきてしまったのか。

 それは、身近に“1”を見ることが出来なかったことに他ならない。

 結果として、日本人の部分を捨てざるを得なくなったが、日本を意識しない事で、結果として、自分自身を含め“1”というものを大事に出来るのであるのなら、日本人でなくても良いとの表れでないなのか。

 たとえ日本人でなかったとしても、“1”というものと共にして行くことが出来たならば、それは、愛国心に他ならないし、自分のためにもなれば、国体維持にもつながる。

 国の文化や伝統のためにもなるはず。

たしかに“2”は苦手。ただ、実家にも問題はなかったか

 身近に“1”を見ることが出来なかったからこそ、良くないことが起こってしまったが、内の家庭環境も良くない。

 どうしても、想っていることが伝わりづらいし、“2”対“1”になりやすい状況が家庭内であった。結果として、良くないことが起こってしまった。自殺未遂。

 以降、“国体”をイメージすることが難しくなった。国は自ら死ぬことはない。また、調子が悪かった事もあったが、国や日本、国体など、そういった類のことを考えるのも難しくなっていた。

 国はみずから死を選ばない。

 自殺未遂をした人間が、“国体”というのも無理がある。国との対にもかかわらず、死を選ぶことはあり得ない。また、記憶をうしなわれていることもあって、日本の歴史や伝統文化というのも無理がある。

 時間を要してしまった。2006年8月入院。13年経った。

たとえ日本人でなかったとしても、心が同様のものなら...

 見つけた。“ニアシストドクトリン”

 日本人ではあるが、自殺未遂をしたこともあって、“国体”と言えなくなってしまったし、記憶を失ったことにより、歴史や伝統、文化とも言えなくなってしまう。

 日本人を捨てる。二重。日本人でありながら、“ニア・シスト”という役割を担うことで、“国体”の為になるのなら、良いのだろうと、考えられるようになった。

 たとえ、日本人でなかったとしても、心が同様のものなら、良いのだろうと想えた。

 

“自分に欠けているから、相手にも見ることが出来ない”

両親ともに、家庭の事情により大事な部分が欠けていた

 たしかに“2”は苦手。ただ、実家にも問題はなかったか。

 もう少し説明をつづけると、父より母に“1”の部分が欠けているように映る。母の言葉を借りると、“家庭の事情により、両親からそういったものを得られなかった”ということらしい。

 理解できる話。

 “自分に欠けているから、相手にも見ることが出来ない。”

 良く分かる話だし、それが理由となって、母に同情的になってしまっている。父も同様にして、そういったものが欠けている事が、北海道の地元の頃の話からでもイメージできるし、母の話からでも、同様の事が聞かれる。

家庭環境に恵まれていなかったとしても、不幸にするのはどうか

 とはいえ、自分としてはしんどい。両親の大事な部分が欠けている事は理解できるがしんどいし、話が伝わりづらいことも重なったことも不幸であった。

 そうは言って、実の親だし、ひどいことまではされていない。

 “両親が大事な部分が欠けている” “話が伝わりづらい”

 2点の問題のみで、親を不幸にさせるのもそうなら、裏切ったりするのはどうかと考えてしまう。

 “現状、実家に身を寄せるのはなぜか?”

 説明するのなら、理由のひとつになるのか。

 

ミナミとキタが好き。日本人でいるのが限界“ニアシスト”

 両親のみならず、自分自身も大事な部分が欠けており、日本人として行動するのも不可能になっているし、そもそも、日本社会が苦手だし嫌いだからこそ、良くないことが起きてしまったのだ。

 だからこそ、助けが必要になっていたのだが、うまくは行かなかった。

 その為の“ニアシストドクトリン”

 “ニシ”がクソほど嫌い。ミナミとキタが好き。そのための“ニアシスト”

 南北 “S19N14” 東西 “W23E5"

 “1”は数字上、南北にしかない。 

ニシケンクソダサい二次元感 イシケンの異次元感パナイ!

 “離間工作の罠 ~日本を分断する支配者の手口~”

 などといわれて久しい。「罠」

 たとえば、“四の民”なのだとして、どのように接してゆけば良いのだろうか。

 “ニシ”の人たちは、どのようにして行動してゆけば良いか。

 “1”

 イチを足してゆく。二は良くないのだ。ニシが“2”で良いわけがない。

 言いたくはないが、そもそも“ゼロ”

 ゼロに“2”や“3”を足すのはおかしい。“1”を足してこそ10になるはず。“1”が欠けているものは良くない行動をとりがちになるからこそ、まずは“1”

 なので、ニシケンはクソダサい。その二次元感がパナイw

 まずは、“1”

 ニシよりイシが好きな理由でもある。そのイシが“2”になった時の異次元感が半端ない。やはり、イシが好きな理由か。