#2“kizunaロートシルト”さんはROCKが好き “9”

通信・J-ROCKは好相性「ABCDEJは必須」「一神教で母が好き」 電通で電気でヒカリエで東急でauの子 ROCK(青2黒2赤18)=22 “8995” いよいよノンポリ宣言よしこ!

京浜急行全73駅の話 KK20京急川崎駅:映画『君の名は。』雑感 “ラ チッタデッラ”内チネチッタ川崎にて映画を頻繁に.... 

f:id:ktake0606:20191202220742j:plain

京急川崎駅(けいきゅうかわさきえき)は、神奈川県川崎市川崎区砂子1丁目にある、京浜急行電鉄の駅である。駅番号はKK20。

2008年12月20日から、川崎市出身の坂本九の代表曲「上を向いて歩こう」を接近メロディとして使用している[2]。同時に通過列車接近時の警告音の音程が変更された。メロディの制作はスイッチで、編曲は塩塚博が手掛けた。なお、メロディが流れるのは本線のホームのみで、大師線ホームでは流れない。

京急川崎駅 - Wikipedia

KK20京急川崎駅

“運動不足解消” 新丸子駅から京急川崎駅まで歩く

 この日は、横須賀に用事があり、横須賀中央駅から向かうことにした。京急川崎駅からということになるのですが、東急東横線新丸子駅から歩いて、京急川崎駅まであるいてみたらどうか。

 運動不足解消の狙いもあるし、天気も良く心地よい。途中、気になるものもあったことから、決行する運びになった。

ソリッドスクエアの建物“ビル好きの血が騒ぐ”

 まっすぐ進むと川崎駅方面になるので、とにかく歩くことにする。

 府中街道に出るとここも道なり。途中、花々などを写真に収めた。

 左手に、川崎市消防局 幸消防署を見ながら、歩いた。幸警察署幸町交番前を右折し、道なり。

 ソリッドスクエアのビルが気になり、写真に収める。

  “スクエア”でありながら、三角を意識することで、2つのビルを見てとる事ができる。つまり、「2.3.4」をソリッドスクエアのビルで表現したのだ(*‘ω‘ *)

 

f:id:ktake0606:20190609173843j:plain

ソリッドスクエアとは、神奈川県川崎市幸区堀川町にある商業ビルである。

川崎市が総合計画「2001かわさきプラン」にて、川崎駅西口地区の再開発地区である、かわさきテクノピアの第二地区の明治製菓川崎工場跡地を再開発された建物である。

ソリッドスクエア - Wikipedia

“2.3.4”を表現できたので満足『こめらく』でお茶漬け

 “スクエア”でありながら、三角を意識することで、2つのビルを見てとる事ができる。つまり、「2.3.4」をソリッドスクエアのビルで表現したのだ(*‘ω‘ *)

 満足し、京急川崎駅へ向かう。

 東急新丸子、京急川崎間を歩いたので、流石に疲れたし、ひと休みもしたい。また、腹も減った。ひとまず朝食をとることにした。

 京急川崎ウィング内にある『こめらく』というお茶漬け専門店で、頂くことにした。

 『アボガドとサーモンのお茶漬け』にしました。

東急新丸子、京急川崎駅間※   

左上のチェックマークから、右下の川崎まであるいた(*‘ω‘ *)

f:id:ktake0606:20190609185804p:plain

JR川崎駅東口 坂本九さん『上を向いて歩こう』

 作詞は永六輔、作曲は中村八大、プロデューサーは草野浩二。ビルボード(Billboard)誌では、1963年6月15日付に、現在においても日本人のみならずアジア圏歌手唯一となるシングル週間1位を獲得。

 同誌の1963年度年間ランキングでは第10位にランクイン。後に数多くのアーティストによってカバーされ、いまだに外国人によるモノマネのネタにもされる。坂本や永六輔のメモリアルソングとしても用いられる。

上を向いて歩こう - Wikipedia

f:id:ktake0606:20190714095419j:plain

 東口で、坂本九さんに出会った。

 父が好んでいたと記憶している。歌詞とともに情景や父の想いというものを、そこに見てしまうのだ。その心を見てしまう。

 

坂本 九(さかもと きゅう、本名:大島 九(おおしま ひさし)、1941年12月10日 - 1985年8月12日[1])は、日本の俳優・タレント・歌手・司会者。神奈川県川崎市川崎区出身。愛称は九ちゃん。

妻は女優の柏木由紀子。柏木との間に娘が2人おり、長女は大島花子、次女は舞坂ゆき子。実祖父は茨城県田伏村(現:かすみがうら市)出身の漁師坂本金吉[注 1]。またサックス奏者の阿部薫は甥(姉の息子)。

「上を向いて歩こう」や「見上げてごらん夜の星を」、「明日があるさ」など数多くのヒット曲を出し、全世界におけるレコードの売上は1500万枚以上に達した[2]。また、映画や舞台の俳優、テレビ番組の司会など活動は多岐に渡り活動していたが、1985年(昭和60年)8月12日に発生した日本航空123便墜落事故により帰らぬ人となった。

坂本九 - Wikipedia

“ラ チッタデッラ”内チネチッタ川崎にて映画を頻繁に....

映画を見る予定で、家を早く出ることに“天気の子”

 いつもの様に朝から落ち着きがなく、近くの公園によるなどして、工夫してみましたが、想ったほどの効果はない。仕方なく、家を出ることにしました。

 学芸大学駅から、武蔵小杉駅。南武線に乗り換え、川崎駅。

 駅東口から、チネチッタ川崎に向かうと、右手に新しい建物。

 “血が騒ぐ”

 

“ドトール珈琲店”2F窓際。人や車が忙しそうにしている....

 建物好きなところもあるから、新しい建物を見るやとにかく入りたくなる。どうやら、時間の関係か、全ての店舗が開店という事になっておらず、“ドトール珈琲店”に立ち寄りました。

 モーニングセットを注文。店内を見渡すと、他のドトールとは違う印象を受けた。昔ながらといった風情に想えた。窓際の席に座りましたが、ソファーの高さがひくめというのも手伝い、落ち着いて過ごすことが出来ました。

 2F窓際。目を前にやると京急が行きかい、下にやるとスクランブル交差点。人や車が忙しそうにしている。

 食事を済ませ、店を後にした。では、大本命でもあった“チネチッタ川崎”へ。

 

f:id:ktake0606:20190817185649j:plain

“電通”さんは電気を通され仲間“電気の子”

 前回川崎にうかがったが、“天気の子”を見逃してしまった。楽しみにしていただけに、残念でもある。日を改めて伺いたいと思います。

 最近、心境に変化がみられたか、前向きさも出てきているようにも感じられ、一日でも、調子の上げ下げはあるものの、上昇気配でもある。油断は出来ないが、引き続き、良い状態キープしたい。

 前向きさが良い方に出たか、電通さんが似たようなものに想えて来た。口が悪いところがあり、ひどいことを沢山言ってしまった様な気もするし、そのことでご迷惑をおかけしたようにも想う。

 電気痙攣療法“ECT”を受けたことつらいし、フラッシュバックとして、良くないイメージが頭を占めることが多いものの、“電気通され仲間”がいるのだと、電通さんを想えるのであるのなら、結果として、痛みを少しでもともに出来たかと想うと、それはそれで良かったのだろう考える事が出来ている。

 “電気の子”で良いのかなと想えます。

 

「カワサキ ハロウィン 2019」10月1日~31日開催

チネチッタ川崎ではたくさんの映画をみました

 チネチッタ川崎は以前からお世話になっており、映画だけでなく、お食事なども楽しむことが出来ました。また、日本最大級のハロウィンイベントでも、知られている場所でもあります。

 「カワサキ ハロウィン 2019」は、2019年10月1日(火)~31日(木)の日程で開催されるようです。こちらも楽しみですね(*‘ω‘ *)

チネチッタ川崎   

f:id:ktake0606:20190817190825j:plain

上映時間まで時間が“ラ チッタデッラ”を見てまわる

 映画鑑賞目的で、チネチッタ川崎に向かったものの、上映時間まで、余裕がありすぎる。また、問題は他にもある。メガネを忘れた。モニターに、映画のタイトルと上映時間が表示されているも、ぼやけて見ずらい。近づいて確認しようとするも、どうも上手くいかない。

 素直にあきらめることにした。上映時間まで、どこかで過ごすとも考えたが、いざ、映画を観ようとしたときに、“やはり、ぼやけて見えない”では、さすがにバカげてる。

 もちろん、嫌いな話ではない。ひとりでは成立しない。せめてもう一人いないと成立しない。

 なので、チネチッタ川崎がある“ラ チッタデッラ”を見てまわることにした。 

ラ チッタデッラを見てまわった(*‘ω‘ *)   

f:id:ktake0606:20190817190842j:plain

f:id:ktake0606:20190817190859j:plain

f:id:ktake0606:20190817190916j:plain

“ラゾーナ川崎”十年来のお付き合い。2006年開業

 ひと通り、見てまわることが出来たので満足。アトレ川崎に向かうことにした。以前、この建物は、“川崎BE”として知られていました。 

 店内を見てまわり、気になる商品も複数ありましたが、購入することはなく、ラゾーナ川崎に向かいました。ラゾーナ川崎とのお付き合いは、十年来になるでしょうか。

 2006年に開業したので、13年になるようです。

 

アトレ川崎(*‘ω‘ *)

f:id:ktake0606:20190817193030j:plain

f:id:ktake0606:20190817193039j:plain

f:id:ktake0606:20190817195009j:plain

パジャマえりの“チェックシャツ”と靴下2点を購入

 ラゾーナ川崎内を見てまわりました。パジャマえりの“チェックシャツ”と靴下2点を購入。もう少し、時間をかけたかったのですが、心持ちが良くないので断念。次回以降にします。

 ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします(*‘ω‘ *)

こちら(*‘ω‘ *)   

f:id:ktake0606:20190817195813j:plain

『君の名は。』チネチッタ川崎にて...

2016年いつものように。『秒速5センチメートル』で知る

 失われることを恐れ目を覚ますのか、忘れたくないと願うから、間際に見るのか。

 うなされている。名を呼んでいることがあるのだとか。自覚はないが、らしい。

 2016年いつものようにふたりはチネチッタで映画を観た。『君の名は。』

 『秒速5センチメートル』という作品で、 新海誠さんの名を知り、最新作が公開されるとのことで、そいつと見たいと思った。

 

秒速5センチメートル

秒速5センチメートル

 
日常の中に占めていた、大事だったんだと、そう想えた

 3年の月日が流れた。

 別の場所で過ごすことがあたり前になった。それと同時に一人の時間というものを得ることも出来た。

 自然と考える事も増える。日々の暮らしの中に、景色に、記憶の中にみつけようとしている事に気づいた。

 一人の時間というものを獲得したにもかかわらず、日常の中に占めていた、大事だったんだと、想えた。

 

『君の名は。』(きみのなは、英題:Your Name.)は、2016年に公開された新海誠監督による日本の長編アニメーション映画である。キャッチコピーは「まだ会ったことのない君を、探している」

君の名は。 - Wikipedia

君の名は。

君の名は。