#2“kizunaロートシルト”さんはSingerが好き “7”

すべての空気な存在許さないかんね(*‘ω‘ *) ガチvs設定に移行したよね( *´艸`) 名を改めました カグラゼロレイ(仮)  砂漠の宗教に立ってこそ 空気嫁許さない

椎名林檎 『(生)林檎博'18-不惑の余裕-』 形が同じなのだとしてどこで見分けがつくのか....

(生)林檎博'18-不惑の余裕-[Blu-ray]

(生)林檎博'18-不惑の余裕-[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2019/05/27
  • メディア: Blu-ray

『(生)林檎博'18-不惑の余裕-』

すべての人間が同じ形なら見分けがつくか

  たとえば、整形の技術が上がっていくのだとして、たとえば、パーティクル・ガンというものがあるのだとして、たとえば、すべての人間が同じ形になるのだとして、どこで見分けがつくのか。

 どこで、自分のことを自分と認識できるのだろうか。たとえば、以前のように僕のことを、またどこかで見かけて、好きになるのだろうか。また、自分も誰かを見つけて好きになるのだろうか。そんなことを今考えている。

 

椎名林檎 - 「カーネーション」 from (生)林檎博’18 


椎名林檎 - 「カーネーション」 from (生)林檎博’18

パーティクル・ガン法は、遺伝子組換え技術のひとつ。金やタングステンなどの金属の微粒子にDNAをコーティングしたものを弾丸として、高速で射出して細胞内にDNAを導入する方法である。particle gun、biolistic (particle bombardment) transformation、microprojectile method とも言われる。

解説 
細胞内への貫通力を高めるため、弾丸には高比重で、かつ、化学的に不活性であり生体に害を及ぼしにくいという理由から、金微粒子が好まれる。金属微粒子の射出には、ヘリウムなどの高圧ガスを主に用いる。ガスの圧力や金属粒子と試料間の距離などにより、金属微粒子の射出強度を調節することができ、様々な細胞への導入が可能である。

パーティクル・ガン法 - Wikipedia

今のFormulaカーはほぼカタチが同じらしい

 以前、DAZNでF1過去のレースを振り返る番組を見ていたところ、解説の人が面白い話をしていた。それによると、今のF1の車は色を付けないと区別がつかないくらい差が分かりづらいのだとか。たとえば、黒一色なのだとすると、見分けがつかないらしいほどカタチが同じに見えないのだとか。もちろん、チームごとに色持ちがければ、カウルに貼られているスポンサー企業も違うことから、区別はつくが、それらをのぞくとほぼ差がないほど、形は同じなのだそう。ただ、結果に差が出てくる。チームごとに違うのなら、チームのドライバーの二人にも差が出てくる。興味深い話。

 もちろん、競っているので力量の差もあるなら、物量の差で勝負がつくのだろう。

 

椎名林檎 - 「長く短い祭」 from (生)林檎博’18 


椎名林檎 - 「長く短い祭」 from (生)林檎博’18

ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~ (初回生産限定盤)(2CD)

ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~ (初回生産限定盤)(2CD)

  • アーティスト:椎名林檎
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/11/13
  • メディア: CD