水曜日のカンパネラ / ジパング コムアイさんのお父さんはAmerican football解説者、富士通フロンティアーズ副部長

川崎球場

DeNA、千葉ロッテはきょうだい

 1977年まで、大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)が使用しており、横浜スタジアムの完成に伴い、本拠地を横浜に移す。

 1978年からは、ロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)が川崎球場を本拠地として、千葉に本拠地を移すまで使用しています。

 

父が所属する草野球チームの試合を観戦 

 父が所属する草野球チームの試合を見にいくため、母に連れられ、川崎球場に訪れた事もありました。

 先日、川崎に遊びに行った際、付近を見て回る事ができました。川崎球場は現在では、川崎富士見球技場と名を改め、命名権を富士通が取得、“富士通スタジアム川崎"として親しまれているようです。   

川崎富士見球技場
"富士通スタジアム川崎" 

ピッチ内風景。 

川崎富士見球技場(かわさきふじみきゅうぎじょう)は、日本の神奈川県川崎市川崎区にある球技場。命名権を富士通が取得したことにより、2015年4月より富士通スタジアム川崎(ふじつうスタジアムかわさき、略称:富士通スタ)と呼称される。

1952年に開場し、プロ野球の大洋ホエールズやロッテオリオンズなどが本拠とした野球場の川崎球場を前身とする。2000年のスタンド撤去以降はアメリカンフットボールや軟式野球等での利用が主となり、2014年から現在の名称に変更された。施設は川崎市が所有し、東急コミュニティーと川崎フロンターレが指定管理者として運営管理を行っている。

川崎富士見球技場 - Wikipedia

水曜日のカンパネラ『ジパング』 

2012年結成、YouTubeでデビュー 略称は「水カン」

 水曜日のカンパネラさん、コムアイさんの名を耳にした事もあって、テレビなどでの活躍も目にした事もありました。

 Wikipediaを参照してみたところ、お父さんが、アメリカンフットボール解説者で富士通フロンティアーズ副部長を務める方ということ分かった。

 横浜スタジアムも以前まで、アメフトの試合をするための機能を有しており、座席確保のための改装に伴い、その役目を終えたようです。

 

コムアイさんのお父さんは“アメフト解説者” “副部長”

 友人にもアメリカンフットボール経験者もおり、わりとなじみ深いにも関わらず、あまり関心を持たなかった様子。

 最近特にそう思うようになった事があって、きっかけは何であれ、知る事が必要なのかもしれません。触れることにより、知り、興味を持つ。自分に合えば、より好きになる。

 以前まで、素直に楽しめないでいましたが、少しづつ、そう言った気持ちを取り戻せると嬉しです。

 

水曜日のカンパネラ『シャクシャイン』 


水曜日のカンパネラ『シャクシャイン』

水曜日のカンパネラ(すいようびのカンパネラ)は、日本の音楽ユニット[1]。2012年結成、YouTubeでデビューした。略称は「水カン」。

メンバー 

2016年、J-POPサミットでのコムアイ
コムアイ - 主演・歌唱 
本名は輿美咲(こし みさき)で、アメリカンフットボール解説者で富士通フロンティアーズ副部長を務める輿亮[18][19]が父である。1992年7月22日生まれで血液型はA型である。神奈川県出身[3]で慶應義塾大学を卒業した。鹿の解体[注 1]を特技とし、本人曰く低血圧により起床を苦手とする。落語鑑賞、映画鑑賞、消されそうなツイートのスクショを撮ること、プロレス観戦[注 2][注 3]などを趣味とする。芸人のマキタスポーツは“エロくない壇蜜”[21]と評している。
ケンモチヒデフミ - 作曲・編曲 
1981年8月2日生まれで、本名は釼持英郁である。元Hydeout Productions。ほとんどの曲を手掛けるトラックメイカー[22][23]。結成以降長らく大阪で活動し、他メンバーとはSkypeでやりとりを行っていたが、2015年10月より神奈川県在住[24]。
Dir.F(ディレクター・エフ) - 上記以外、すべて[3] 
1982年生まれで本名は福永泰朋(ふくなが やすとも)である。つばさレコードの中の人。一般的な音楽ユニットで言うところのマネージャー兼ディレクター[25][26]にあたり、コムアイとケンモチを引き合わせた。

水曜日のカンパネラ - Wikipedia

ジパング

ジパング