心が4なわけがないが、アメリカ人のやさしさ、合理的なやさしさとイメージするのも心

音シン
訓こころ 外うら

画数:(4) 

①こころ。きもち。精神。「心情」「感心」 対身・体 ②五臓の一つ。心臓。「心音」「心筋」 ③まんなか。だいじな部分。かなめ。「心棒」「核心」

心 | 漢字一字 | 漢字ペディア

心が4なわけがない

F-14トムキャット「4×4」 

 時間と空間の交わるところに自分がおり、つどの空間から心が育まれる。属した空間で見聞きしたものごとから心が育まれる。それは、家かも知れないけれども、習慣から育む必要がある。

 つどの空間で向かい合った心を保守して行くことが、それを愛国心と言っても差し支えないし、つどの国体という言い方もできる。

 

F 14 Tomcat 艦隊防空戦闘機 グラマン トムキャット 


【NEW ドキュメンタリー 】F 14 Tomcat 艦隊防空戦闘機 グラマン トムキャット

F-14は、アメリカ合衆国のグラマン(現ノースロップ・グラマン)社が開発した艦上戦闘機。愛称は「雄猫」を意味するトムキャット(Tomcat)。

概要 

アメリカ海軍の保有・運用するF-4 ファントム IIの後継機として、グラマン社(当時)の開発した可変翼と長射程のAIM-54フェニックスの運用能力を特徴とした、第4世代ジェット戦闘機に分類される艦上戦闘機。1970年の初飛行を経て1973年から運用部隊に配備された。

総計712機が製造され、アメリカ海軍の他には唯一イラン空軍で採用された。

アメリカ海軍のF-14は、F/A-18の改良版・発展型にあたるF/A-18E/F戦闘攻撃機への機種転換が次第に進み、2006年9月22日にVF-31トムキャッターズの解隊を最後に全機が完全退役した[1]。

F-14 トムキャット 

アメリカ海軍のF-14D

F-14 (戦闘機) - Wikipedia

自分と同じ心を有すもの同じ心で大事にする

 日々の積み重ねの中から心は育まれる。時間と空間の交わるところに心があって、つど向かい合った心を保守すること。

 想いを共にした心を保守すること、それは愛国心に叶うし、保守的でもある。つど見えるもの全て。過去の心の積み重ねの総体に違いない、自然淘汰を繰り返す中で、誰かの心としてそこにある。

 今あるものを出来る限り守るというのも保守の努めとも言えそう。

時間と空間に心 つどの国体 

f:id:ktake0606:20200424145838p:plain

アメリカ人のやさしさ 合理的なやさしさ「4」

 つど向かい合うものから、心が育まれるなら、4なはずがない。多種多様なものごとから心が育まれると考えられるし、今あるもの全て誰かの心の総体と考えられる。やはり、「4」なんてものでかたずけてしまうのも心ない行為に違いない。

 ただ、わかりやすさを重視しての「4」というものがあるのなら、それは理解できるところ。

 信号機や標識などの役割に近いか。合理的なやさしさとも言えそう。ただ、それも、心ある人が扱わないと「4」も良くないものになりかわる。

 

映画『トップガン』

F-14トムキャット Tomcatから数字を考える

 “F-14トムキャット”から考えてみる。今回、数字がテーマになる事から、「14」に焦点を当ててみると、4に1を見る事を示しているだろう。

 1つまり自分と考えられる。自分を愛すように相手のことを大事にできるか。同じ心を有すものを同じように大事に出来るのか。

 4にiをみる。同じ心を有す。

 「4×4」

 

トップガン(吹替版)

トップガン(吹替版)

  • 発売日: 2017/07/01
  • メディア: Prime Video
4をツールとしたコミュニケーション「合理的」

 心が4なわけがない、アメリカ人のやさしさ、合理的なやさしさとイメージするのも、日本の心。

 ただ、心は4なわけがない。

 心を4とするのも、日本人とコミュニケションをとる事の難しさを、ツールとして「4」を利用した、欧米人の合理的なやさしさ。

 欧米人が心の画数が4だからとツールとして置き換えるのは理解できるが、それ以外が利用することに違和感を感じなくもない。

 今後とも考えて行く必要がありそうです。

ハイコンテクスト文化
聞き手の能力を期待するあまり下記のような傾向があります。

直接的表現より単純表現や凝った描写を好む
曖昧な表現を好む
多く話さない
論理的飛躍が許される
質疑応答の直接性を重要視しない

ローコンテクスト文化
話し手の責任が重いため下記のような傾向があります。

直接的で解りやすい表現を好む
言語に対し高い価値と積極的な姿勢を示す
単純でシンプルな理論を好む
明示的な表現を好む
寡黙であることを評価しない
論理的飛躍を好まない
質疑応答では直接的に答える

f:id:ktake0606:20190707113436p:plain

https://ssl.pan-nations.co.jp/

トップガン オープニング。 Danger Zone 鳥肌立ちます。!! 


トップガン オープニング。 Danger Zone 鳥肌立ちます。!!

『トップガン』(Top Gun)は、1986年のアメリカ映画。アメリカ海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた航空アクション映画。

概要 
1986年度の全米興行成績1位を記録し[3]、主演のトム・クルーズは一躍トップスターの仲間入りを果たした。助演のヴァル・キルマー、メグ・ライアン、ティム・ロビンスら、若手俳優の出世作としても知られる。

日本でも1987年度の洋画配給収入1位を記録した[4]。日本では当初「アクション映画」として売り込もうとされたが、前売り券が全く売れなかった。しかし映画予告編の作成を依頼された会社の女性社長が「トム・クルーズは日本人好みのタイプの男性である」と直感で気づき、急遽自ら作り直した恋愛映画風の予告編を作成し差し替えた。社長の機転により若い女性観客を取り込むことに成功、日本では「恋愛映画」として大ヒットすることに繋がった、というエピソードがある。

トップガン (映画) - Wikipedia