Perfume 7th Tour 2018『FUTURE POP』 エレクトロ・ワールド 他者から的外れに映ってたとしても良いものになれるなら

Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」(初回限定盤)[Blu-ray]

Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」(初回限定盤)[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2019/04/03
  • メディア: Blu-ray

Perfume -Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」 

Start-up
Future Pop
エレクトロ・ワールド
If you wanna
超来輪
FUSION
Tiny Baby
Let Me Know
宝石の雨
Butterfly
スパイス
TOKYO GIRL
575
Everyday
FAKE IT
FLASH
Party Maker
天空
無限未来

無限未来 


[Official Music Video] Perfume 「無限未来」

Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」

エレクトロ・ワールド


[Official Music Video] Perfume「エレクトロ・ワールド」

 

 自分をより良いものに出来るのであれば、なににかさねても良いのだろうし、信仰というのもそうなのかも知れません。仮想、現実というものも同様のこと。

 どこに身を置き、なにを好んでいたとしても、より良いものになれているのなら、良いのだろうから、他者から的外れのように映っていたとしても、共に良いものになれているのなら、それでいい。

 そんなことを考えています。

 

「エレクトロ・ワールド」は、日本のテクノポップユニット・Perfumeの3rdシングル。2006年6月28日に徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された。CDコードはTKCA-73017。

解説 
メジャーデビューシングルの『リニアモーターガール』、第2弾の『コンピューターシティ』から続いた、通称「近未来三部作」の完結版となった『エレクトロ・ワールド』は、コンピューターで生成された仮想世界が崩壊してゆく様が描かれている[要出典]。プロモーションビデオ(PV)では再びCGを使用。歌詞に合わせ、終末的な仮想世界[要出典]を映像化している。

エレクトロ・ワールド - Wikipedia

TOKYO GIRL


[Official Music Video] Perfume 「TOKYO GIRL」

 

 日本人なのだろう。

 ものを考えるベースとなるものは、日本語。心は日本語でかたちづくられているのだろう。それは、まわりにいるものが発したものかもしれない。または、物語かもしれないし、何かの文章かもしれない。 なにかの歌詞かもしれないが、心を育んできたものとは日本語。

 心は日本語で出来ており、ものを考えるのも、日本語。自然と日本を意識せざるを得ない。

 たとえ、日本のものでないものを見聞きしたとしても、日本の心で考える。

 いずれにしても、ものを考えるベースとなるもの。しっかりした心というものを育んでいく必要があるのだろう。 

 

「TOKYO GIRL」(トウキョウ・ガール)は、2017年2月15日にPerfume Records / ユニバーサルJから発売されたPerfumeの23作目のシングル。 

背景 
前作「STAR TRAIN」以来約1年3か月ぶりとなる2017年第1弾シングル。ユニバーサル移籍以降、CDシングルのスパンが1年以上に及んだケースは今作が初。(徳間時代はワンルーム・ディスコと不自然なガール/ナチュラルに恋して)

表題曲の「TOKYO GIRL」は、日本テレビ系水曜ドラマ『東京タラレバ娘』の主題歌[1]。同ドラマにはメンバーのあ〜ちゃんがレバの声で出演[2]。

同ドラマで主演を務めている吉高由里子がMVに出演している[3]。

カップリング曲の「宝石の雨」は「Ora2×Perfume くちもとBeauty Project」のCMソング。

TOKYO GIRL (Perfumeの曲) - Wikipedia

東京タラレバ娘 シーズン2(1) (KC KISS)

東京タラレバ娘 シーズン2(1) (KC KISS)

  • 作者:東村 アキコ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/10/11
  • メディア: コミック

FLASH


[Official Music Video] Perfume 「FLASH」

 

 良い心を育む必要があるのだろう。

 良い心を持ち合わせたものが、良い心を持ったものを良いものと見ることが出来るのだろうから、しっかりとした心を育む。大人の役割となるのだろう。

 しっかりとした心にこそ、しっかりとした身体ができ上がるだろうから、心を育み受け継ぐ。より良い心を育み受け継いでいく。そのつど心に応じた体というものが“国体”ということになるのだろう。 

 

『ちはやふる』は、末次由紀による日本の少女漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ、実写の映画。『BE・LOVE』(講談社)において2008年2号[1]から連載中。競技かるたに没頭する少女の青春を描く。アニメ化及び実写映画化された他、現実社会の競技かるた浸透にも影響を及ぼした[2]。

映画 

監督は小泉徳宏。2部作として『ちはやふる -上の句-』が2016年3月19日、『ちはやふる -下の句-』が同年4月29日に公開され、その後完結編として『ちはやふる -結び-』が2018年3月17日公開された。

ちはやふる - Wikipedia

ちはやふる-上の句-

ちはやふる-上の句-

  • 発売日: 2016/08/21
  • メディア: Prime Video