ALEXANDROS 7月23日公開の新作劇場アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の主題歌を担当

トラウマが理由で楽しめない 

sportsの語源から外れたモノゴトから距離

 落ち着かない日々が続いており、ご迷惑をおかけしております。良くないイメージが頭を占めており、それが理由となって、イライラしてしまう事も多くなっている、お休みをいただいております。

 殺伐とした感じから、楽しめないでいます。なので、sportsの語源から外れてしまっているモノゴトから距離を置こうと考えております。

 楽しめない状況を作り出すモノゴトから、距離を置く必要があるのかというと、そもそも、トラウマや心的外傷後ストレス障害(PTSD)というものを抱えており、“因縁果の道理”というもので考えてみたことがありました。

もともとある良くないイメージは仕方ないが....

 原因となるものは、もともとあるもので避けられない。

 良くないイメージが頭を占めてしまう事は仕方のない。頭に浮かんでしまうのだから、仕方のないこと。自ら作りだしてしまうのだから、避けられない。

 それを「因」とするなら、「縁」を変えることで、「果」に変化がみられるのではないか。

 

「sports スポーツ」の語源はラテン語の「deportareデポルターレ」にさかのぼるとされ、「ある物を別の場所に運び去る」が転じて「憂いを持ち去る」という意味、あるいはportare「荷を担う」の否定形「荷を担わない、働かない」という語感の語である。

これが古フランス語の「desporter」「(仕事や義務でない)気晴らしをする、楽しむ」となり、英語の「sport」になったと考えられている[2]。

スポーツ - Wikipedia

“因縁果の道理”で考える

f:id:ktake0606:20190627031358j:plain

できる限り良くない「縁」 を避ける

 「縁」とは、自分自身とは違う外部で起きるもの。外から、インプットされてくるもの。つまり、今まで通りの悪いものがインプットされれば、「果」に変化がみられることもなく、よりマズい、「因」をつくり出してしまうのではないか。

 また、外部の情報である「縁」に変化がみられなければ、「果」が変わらないどころか、悪化されたものになってしまう。新たに、より悪い「因」を生み出す。マズい。

 楽しめない状況を生み出してしまう、「縁」というものを避ける必要が出てくる。

 

f:id:ktake0606:20190627031926j:plain

テレビのながら見やSNSの利用も考えもの 

 楽しめない状況を生み出してしまうものごとが、良くないイメージを生み出してしまうし、良くない考えにとらわれてしまう事から、できる限り、良くないイメージを連想させるようなイメージ画、イメージ図を見てはならない。

 できる範囲内で避ける。

 良くないイメージを避けるために、テレビをながら見はしないようにする。また、SNSなども、良くないイメージを連想させるものも多い事から、こちらも避ける。取捨選択をしていくと自然と“音楽療法”ということになります。

 

[Alexandros] - ワタリドリ (MV) 


[Alexandros] - ワタリドリ (MV)

ALXD

ALXD

  • 発売日: 2015/06/18
  • メディア: MP3 ダウンロード

薩長同盟について考える

“おもしろきこともなき世を面白く”

 どこかで、聞いたことがある、一節。なのだとして、良くないイメージが占め、楽しめないのだとすると、どういったものごとを好んでいけば良いのだろうか。また、そのためには、なにをして行けば良いのか考えてみたところ、真っ先にイメージされたのが、薩長同盟だし、高杉晋助さんの一節。

 ただ、現実的には、“薩長同盟”と言われてもピンとこないし、飛躍しているようにも感じられる。置き換えられないかと考えてみたところ、身近なところにあったようです。

 

薩長同盟(さっちょうどうめい)は、江戸時代後期(幕末)の慶応2年1月21日(1866年3月7日)に小松帯刀邸(京都市上京区)で締結された、薩摩藩と長州藩の政治的、軍事的同盟である。薩長盟約、薩長連合ともいう。

薩長同盟 - Wikipedia

薩摩(横浜、横須賀) 長州(川崎、目黒、世田谷、大田区)

 薩摩は海軍。長州は陸軍。

 自然と横浜、横須賀が海ということになるし、川崎、目黒、世田谷というところが陸軍ということになります。令和元年における薩長同盟というものは、薩摩(横浜、横須賀) 長州(川崎、目黒、世田谷、大田区)となりますし、2020年東京五輪・パラリンピックも控えている事からも賢明な判断と言えそうです。

ニュータイプの時代

劇場アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」主題歌担当

[Alexandros]が7月23日公開の新作劇場アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の主題歌を担当することが明らかになった。 

 これは本日3月24日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで行われたイベント「GUNDAM FAN GATHERING -『閃光のハサウェイ』 Heirs to GUNDAM-」で発表されたもので、プロデューサーの小形尚弘は[Alexandros]を起用した理由について「ガンダムは近年海外でも人気で、今作で一緒に海外に出ていけるようなアーティストがいいなと思い、[Alexandros]にお願いしました」と説明。イベントにサプライズで登場した川上洋平(Vo,G)は所属するレーベルRX-RECORDSがガンダムにちなんだ名前であるという縁をアピールしつつ、「めちゃくちゃうれしい。大変光栄です」と興奮冷めやらぬ様子でコメントした。主題歌は現在制作中とのことで、詳細は後日発表される。

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

  • 作者:山口 周
  • 発売日: 2019/07/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)