IDOL好きではなさそう きっかけはミーちゃん ケイちゃん“ピンク・レディー ” 神奈川に越すと松田聖子さん 中森明菜さんに興味

アイドル好きではなさそう

最初に興味を抱くピンク・レディー

 子どものころから、あまり、アイドルというものに興味を示すことはなかったのですが、最初に興味を示したのが、ピンク・レディー だったかと思います。

 ミーちゃん、ケイちゃん行ったり来たりしていたよと、のちに母が語ってくれました。

 

ミーちゃん ケイちゃん行ったり来たり

 4歳の頃に、神奈川県横浜市にお世話になりのですが、時期を同じくして、松田聖子さんが注目されるようになっていました。

 影響を受けたか、興味を持ちはじめる。ピンクレディーもそうなのですが、聖子さんのレコードが何枚かあったことも思いだされます。

 

ピンク・レディー (Pink Lady) は1970年代後半に活躍したデュオのダンス・ミュージック系アイドル。

ミー(現:未唯mie)とケイ(現:増田恵子)の2人組。多くの楽曲を阿久悠(作詞)・都倉俊一(作曲)のコンビが手がけた。所属事務所はT&C ミュージック、音楽出版権利・管理はバーニングパブリッシャーズである。

ピンク・レディー - Wikipedia

GOLDEN☆BEST -Complete Single Collection

GOLDEN☆BEST -Complete Single Collection

  • 発売日: 2015/06/24
  • メディア: MP3 ダウンロード

1978年から神奈川県

松田聖子さん 中森明菜さんが注目される

 ご近所さん内に遊びに行くと、何かを聴いているらしいことが分かった。集めて聞かせたいらしい。なので、幼なじみ数人集まり、その子の歌を聴くことにした。

 中森明菜さんであることが分かった。お歌の会から、さかのぼることどれくらいになるかは分からないが、横浜駅西口にある地下街で、デビュー前の営業に来ていた、中森明菜さんを見かける。

 のちに、デビューし売れっ子になって行くのですが、そのさなかでの、お歌の会ということになるののでしょうか。 

 

松田聖子 / ノンストップシングルメドレー LIVE 


松田聖子 / ノンストップシングルメドレー LIVE

松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、女優。1980年代を代表するアイドルである[3]。娘は女優の神田沙也加(元夫・神田正輝との長女)[4]。

福岡県久留米市荒木町出身。所属事務所はfelicia club(フェリシアクラブ)[5]。身長160cm、体重42kg(身長、体重は公式サイト2008年12月25日のデータより)。血液型A型。

松田聖子 - Wikipedia

松田聖子 ソングス in Prime

松田聖子 ソングス in Prime

  • 発売日: 2019/03/31
  • メディア: MP3 ダウンロード

おニャン子クラブが注目も

今でいうところのAKB、乃木坂、欅坂グループか

 同時期に、おニャン子クラブというものが注目を集めていた。いまでいうところの、AKB、乃木坂、欅坂ということになるのでしょう。クラスメイトの男子の話題にもなっているのですが、そのころ、自分の気になるものの中心にあったのは、ミルミル好きが高じ興味を持つことになったプロ野球という事になるのでしょう。また、サッカークラブに所属していたことから、Soccerにも興味。

 体育館では、女子のクラブ活動。バスケットボール跳ねる音というのが印象深く記憶残っております。

 

おニャン子クラブ(おニャンこクラブ)は、1985年にフジテレビのテレビ番組『夕やけニャンニャン』から誕生した女性アイドルグループ。

概要 
1985年4月1日、フジテレビのバラエティ番組『夕やけニャンニャン』開始とともに番組内のアシスタントとして同時に芸能界デビューし、3ヶ月後の1985年7月5日に発表したデビューシングル「セーラー服を脱がさないで」がヒットしてブレイク。以降、おニャン子クラブとしてのグループ名義、メンバーのソロ名義、グループ内で作ったユニット名義などで、シングル、アルバム、ビデオソフト、写真集を絶え間なくリリースし続けてヒットさせ、1980年代(元号では昭和60年代に男女雇用機会均等法が成立してバブル世代の女性が社会進出した時期)のアイドルシーンを席捲していった。

おニャン子クラブ - Wikipedia

AKB48 ソングス

AKB48 ソングス

  • 発売日: 2015/08/21
  • メディア: MP3 ダウンロード
中学に上がると工藤静香さん興味を持ちはじめる

 最近、振り返ることも多く、自分の記憶というものを精査しているところでもあるのですが、どうも、アイドルというものに興味を示していないことも分かってきた。おニャン子にも興味を示すこともなかった。ただ、歌うのは好き。アイドルの歌をうたうのも好き。ふしぎでもある。人間ジュークボックスだからなのだろうか。

 のちに、19がデビューした際にも似たような想いにもあった。

 さておき、中学に上がると、まわりものの影響もあって、工藤静香さん興味を持ちはじめる。カラオケで歌うのも好き。

 

SONGS PREMIUM 工藤静香 


SONGS PREMIUM 工藤静香

工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。

夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,[1]。 東京都出身[2]。

愛絵理(あえり)のペンネームで楽曲の作詞も行っている。

工藤静香 - Wikipedia

工藤静香ベスト

工藤静香ベスト

  • 発売日: 2013/04/03
  • メディア: MP3 ダウンロード