井上陽水 / 少年時代 通算29枚目シングル 歌は人の心を歌う 心をともに大事にできるなら国体

少年時代

井上陽水 通算29枚目シングル

 少年時代をどこかで耳にしたりすると、新横浜にあるカラオケ店で歌ったときのことを思い出される。先日、訪れるともうそこにはなく、別の建物が建っており、当時を思う事も難しくなっていた。

 ただ、耳にするたびに、地元を思い出されたりもして、ふと立ち寄ったりもしたくなります。

 

「少年時代」(しょうねんじだい)は、日本のシンガーソングライター・井上陽水が1990年9月21日にリリースした通算29枚目のシングル。

井上陽水の最大のヒット曲で、代表曲の一つに挙げられることがある[1]。ただ、発売当初はオリコンの週間シングルチャートでも最高20位程度だったが、発売から1年経った1991年にソニーのハンディカムCCD-TR105のCM曲に採用され、最高4位まで上り詰めた。その後もロングヒットとなり、1997年7月には日本レコード協会からミリオンセラーに認定された[2]。

少年時代 (井上陽水の曲) - Wikipedia

中森明菜さん「飾りじゃないのよ涙は」

 他にも、井上陽水さんの作品にはお世話になっており、見つけてはチャレンジしています。中森明菜さんの「飾りじゃないのよ涙は」もその中の一つと言えそうです。

 「人間19ボックス」という事もあって、女性ボーカルのものを歌うのもあまり抵抗もなく楽しめている様です。ありがとうございました。 

 

飾りじゃないのよ涙は 井上陽水 中森明菜 玉置浩二 


飾りじゃないのよ涙は 井上陽水 中森明菜 玉置浩二

歌は人の心を歌う 心を共にできるなら国体

 歌は人の心を歌っている。

 歌を通して、どこかの誰かを思い歌ったもの。

 歌だけではないと思うのですが、形が歌として現れているだけで、小説であれ、映画であれ、アニメであれ、そう変わらないものと考えております。

 そこに何かを見て、想いを共にすることができるのなら、それは国体とも言えるのだろう。形は、表現物なのかも知れないが、想いを共にしていけるのなら、自分の心を大事にする様に、相手の心を大事にできるのなら、やはりそれは国体に違いない。

井上陽水   リバーサイドホテル 


井上陽水   リバーサイドホテル

「リバーサイドホテル」は、井上陽水が1982年7月5日にリリースしたシングルである。

概要 
発売当初はオリコンチャートで最高54位と振るわなかったものの、フジテレビ系ドラマ『ニューヨーク恋物語』の主題歌に使われたことから1988年10月21日に再発され[1]、オリコン最高11位を記録[2]。1989年のオリコン年間ランキングでも58位に入った。

リバーサイドホテル - Wikipedia

「雅」という言葉を知る。川沿いのホテルの名

  「リバーサイドホテル」の名は雅。長らく読むことができなかったのですが、あるとき知った。その名は雅。

 これも、先日、地元を訪れた際に見て回ると、そこにはなく、あたりのイメージも一新されており、暗い印象もあったが、良い印象を受けることができた。地元の川は、きたない事でも知られていましたが、年々、きれいな川になって行った事も思い出されました。また、当時暮らしていたところにも立ち寄れたのですが、こちらも一変しており、こちらも良い印象を受けることができました。ご挨拶に、しばらく伺えていないので、機会を見つけて、お邪魔できたら嬉しいです。

MIYAVI『Holy Nights』アルバム全曲試聴ダイジェスト映像 


MIYAVI『Holy Nights』アルバム全曲試聴ダイジェスト映像

 

井上 陽水(いのうえ ようすい、1948年8月30日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー。本名・井上 陽水(いのうえ あきみ)。旧芸名:アンドレ・カンドレ。

福岡県嘉穂郡幸袋町(現・福岡県飯塚市幸袋)生まれ・福岡県田川郡糸田町育ち。血液型はAB型。

人物
2人目の妻・石川セリとの間に1男2女を儲ける。長女は作詞家・歌手の依布サラサ(本名・井上ニサ)[1]。

身長178cm。

井上陽水 - Wikipedia

井上陽水トリビュート

井上陽水トリビュート

  • 発売日: 2019/11/27
  • メディア: MP3 ダウンロード