Spitz / ロビンソン 見守られていた、語りかけてくれた人がいたと知り、うれしいのです

私のイヌはspitz

スピッツ / ロビンソン

 スピッツさんは印象深く記憶しているようです。

 1995年上京することが出来ました。ちょうどそのころ流れていた曲がロビンソンだったようです。カラオケが好きで、たびたび、ロビンソンを歌うことが出来ました。ありがとうございました。

 ほかにも、多くの歌をうたうことが出来て、楽しく過ごせているようです。コロナウィルスが流行っており、カラオケ店に行くことが出来ておらず、残念な想いに有るのですが、また、機会を見つけて、お邪魔することが出来たらうれしいです。その際はよろしくお願いいたします。

 

1995年を代表する曲になるようです

 上京を果たすものの、神奈川時代に引き続き、状態面はサイアク。ごまかしごまかし過ごしていたような時期でもあったようです。不安定になりやすかった事から、散策などをして過ごしていたようでした。

 自宅近くにある、林試の森公園に立ち寄ったりもしましたし、目黒通り沿いを行き来して過ごしたりもしていたようです。

 スピッツさんのロビンソンを聴くと当時のことを思い出されたりもするのですが、ただ、イメージされる事は、悪いものかというと、どちらかというと良いものとして心にあり続けているようで、そのように想えているのなら、上京以降のことというのも悪いものでもなさそうとも感じられているようです。 

 また、そのように考えられたのは、つねに誰かに見守られていたと知ることが出来たからだし、語りかけてくれた人がいたからかもしれません。

スピッツ / ロビンソン 


スピッツ / ロビンソン

歌うことが好き、ストレス発散になる 

 カラオケは好きなのですが、そもそも、歌うこと自体が、ストレス発散のようになっており、カラオケにこだわる必要もなさそう。

 ただ、コミュニケーションツールの側面もあるから、どちらかというと気が合う人と過ごすことが良さそう。そういった人とカラオケに行き楽しめるとうれしいようです。なので、カラオケありきではないようです。

 また、飲酒も現状向いてなさそうなので、なるだけ、敬遠したいと考えておりますので、そちらも、よろしくお願いいたします

 

スピッツ(英語: spitz、Spitz[6]、SPITZ[7])は、日本のロックバンドである。所属事務所はGrass Hopper[注釈 1]。レコード会社はユニバーサルJ。公式ファンクラブは「Spitzbergen」(スピッツベルゲン)。

1987年に結成し[8]、1991年にメジャー・デビューした。1995年発売の11thシングル『ロビンソン』や6thアルバム『ハチミツ』のヒットを機に人気を獲得。メジャーレーベルはポリドール時代から現在までユニバーサルミュージックの所属である。

1997年から大阪を中心とする関西圏で『ロックロックこんにちは!』を開催しているほか、2000年からは仙台で『ロックロックこんにちは! in 仙台』(2010年から『ロックのほそ道』と改称)、2010年からはSTUDIO COASTにおいて『Spitz×VINTAGE ROCK std. presents 新木場サンセット』といったスピッツ主催の音楽イベントを開催している。

スピッツ (バンド) - Wikipedia

見っけ(通常盤)

見っけ(通常盤)

  • アーティスト:スピッツ
  • 発売日: 2019/10/09
  • メディア: CD