Sakanaction / アルクアラウンド 25時間を24時間に戻す効果があるらしい「朝の散策」

森林良いよね 

1995年上京目黒区下目黒 

 1995年上京、目黒区下目黒に越してくる事になりました。

 最寄駅は、東急東横線学芸大学駅になる様です。ただ、歩いて15分程度かかる事から、目黒通り沿いにある清水停留所からバスに乗る事で、渋谷方面に出られた様です。また、目黒通り沿いにも循環バスがあって、山手線目黒駅にも出られた様です。

近くには、林試の森公園“のんびり”

 当時も、今と同じ様に落ち着かない日が続いており、散策が日課になっていた様です。自宅周辺は落ちいた環境でもありました。

 また、林試の森公園と言う大きな公園もあったことから、こちらでぼんやり過ごすこともあった様です。先日、遊びにいったところ、利用者も多く、良い印象も受けた。当時、薄暗く、少し怖いと言う印象も受けただけに、また、お邪魔したいとも感じられました。その際は、よろしくお願いいたします。  

  

林試の森公園(りんしのもりこうえん)は、東京都目黒区下目黒と品川区小山台にまたがり所在する都立公園。

概要 
西ケ原(現・東京都北区)にあった農商務省林野整理局樹木試験所(1878年(明治11年)設立)から、目黒川支流の羅漢寺川谷戸南側の北斜面の現在の地に植樹を移し、1900年(明治33年)6月に「目黒試験苗圃」を設置した。当時の広さは約45,000坪であった。

1905年(明治38年)に林野庁「林業試験所」、1910年(明治43年)に「林業試験場」と名称を変えた。また、この試験場の周辺に明治から大正にかけて多くの研究所が置かれた。戦後にかけても、北里研究所目黒支所、津村研究所、石炭綜合研究所、国立予防衛生研究所など、18の研究所が置かれていたことが見える[1]。

林試の森公園 - Wikipedia

令和元年版 森林・林業白書 [大型本]

令和元年版 森林・林業白書 [大型本]

25時間を24時間に戻す「朝の散策」

 当時、状態もあまり良くなく、散策などをしてリラックスをはかるようにしており、自宅マンションの近くにあった林試の森公園に出かけに行くこともあったようです。

 先日、お邪魔したところ、印象も大きく変わっており、開放感のようなものも感じられました。そんな影響もあってか、多くの人が森林浴や、広場でスポーツを楽しんでいたりと、地域の住民にも親しまれているようです。

 お花見の季節にも、多くの人びとが訪れているようです。

 

 

サカナクション - アルクアラウンド 


サカナクション - アルクアラウンド(MUSIC VIDEO) -BEST ALBUM「魚図鑑」(3/28release)-