the brilliant green / Ai No Ai No Hoshi 襲名する事になりました。 私もAi No Hoshiになります

Ai No Ai No Hoshi

襲名する事になりました

 襲名する事になりました。 私もAi No Hoshiになります。詳しい内容は、追ってご報告いたしますので、その際にはよろしくお願いいたします。

 

 

the brilliant green - There will be love there -愛のある場所- (live) 


the brilliant green - There will be love there -愛のある場所- (live)

the brilliant green(ザ・ブリリアント・グリーン)は、日本のロックバンド。略称は「ブリグリ」。所属レコードレーベルはワーナーミュージック・ジャパン、所属事務所はナインティワン。

概要 
作詞・ボーカルを担当する川瀬智子、作曲・アレンジおよびベース演奏を担当する奥田俊作による音楽ユニット[3]。

1995年、京都市立紫野高等学校のクラスメイトだった奥田俊作と松井亮がライヴハウスで歌っていた川瀬智子をスカウトし、京都にて結成[4]。奥田のホームスタジオにて録音されたデモテープの完成度が業界関係者の注目を集め、1997年に全曲英語詞のシングル「Bye Bye Mr. Mug」でソニーレコードよりメジャーデビュー[3][4]。

またボーカルの川瀬はバンドと並行してソロプロジェクト「Tommy february6」「Tommy heavenly6」を開始、ファッションリーダーとしても大きな支持を得る[3][5]。それにともない奥田と松井もソロ活動を開始。2001年からバンドは休止と再開を繰り返すようになるが、実際は川瀬のプロジェクトに奥田と松井の2人も参加していたため、形を変えて3人での活動は継続していた[6]。

the brilliant green - Wikipedia