SEKAI NO OWARI / Tree "ハイリー・センシティブ・パーソン”人口の約15~20%を占める感受性の強い人達 

SEKAI NO OWARI / Tree 

「ADHDなどの障がいによる困難な生活」...

  ADHDについて考えることも多く、先日Wikipediaを参照してみたところ、どうも、アスペルガー障害とは違うことが分かった。

 個人的に、アスペルガーの人と話したこともなんどかあったが、Wikipedia引用内にある、ADHDの症状と違う印象を受けた。説明にあるように、共感性が低く、他者理解を苦手としている事も分かった。

 

ADHDの症状「不注意・過活動・衝動性」3点が主

 ADHD根本的に違うのだろうと、そのように理解している。

 症状としては、「不注意・過活動・衝動性」の3点が問題になっているようで、見てみると、この様な症状を持つ友人も小さい頃、まわりにいたような気もする。また、ニュース記事などでも、この様な生徒が学校で増え始めているのだとか、そのような記事も目にしたりもする。

 自分の話をすると、簡単に気をそらされるのは、集中力の問題ではなく、HSPというものが問題になっていそう。

 

"ハイリー・センシティブ・パーソン”

人口の約15~20%を占める、感受性の強い人達

 "HSPではなく生まれた人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達」とされる。人口の約15~20%を占め、男女によって偏りは見られないのだとか。”

 Wikipediaを参照させて頂きました。飽きっぽさや、作業を続けられず、退屈するのも、おそらく、HSPに由来するもの。下段の6つの項のうち、上段の4つが該当しており、こちらも、飽きっぽさ、絶え間なく喋りつづけるのも、ひとりで退屈だから、ひとりごと。じっとしていられない、絶え間なくしゃべる。

理由があって後天的なADHDとも考えられる....

 おおよそ退屈しのぎのものとなっており、一対一のコミュニケーションは、上手だと考えている。対と対話。

 なので、落ち着く環境を確保する事が肝要といえそう。 

簡単に気をそらされる、ケアレスミスする、物事を忘れる
ひとつの作業に集中し続けるのが難しい
その作業が楽しくないと、数分後にはすぐに退屈になる

じっと座っていることができない
絶え間なく喋り続ける
黙ってじっとし続けられない
目的なく喋りつづける
他の人を遮って喋る
自分の話す順番を待つことが出来ない

 

SEKAI NO OWARI「炎と森のカーニバル in 2013」ダイジェスト 


SEKAI NO OWARI「炎と森のカーニバル in 2013」ダイジェスト

SEKAI NO OWARI(セカイ・ノ・オワリ、英語: End of the World、中国語: 世界末日)は、日本の男女混合4人組バンド[1]。旧称は世界の終わり。2007年結成。所属事務所はTOKYO FANTASY。所属レコード会社はユニバーサルミュージックで、所属レーベルはVirgin Music。公式ファンクラブは「S.N.O.W.S」と「R.A.I.N.S」。略称は「セカオワ」。

 バンド名の由来 
「SEKAI NO OWARI」というバンド名は、初代リーダーであるFukaseが、「ADHDなどの障がいによる困難な生活」や、「閉鎖病棟への入院」、「医師になるために勉強した記憶が薬の副作用で消える」などの辛い経験をし、絶望し自分の世界が終わったと思ったが、その時に残されていたのが音楽と今の仲間だけだったので、「世界の終わり」から始めてみようというポジティブな意味が込められている[2]。2011年のメジャーデビュー時に表記を「世界の終わり」からアルファベット表記に改めた[注 1]。また、2012年にアルバム『ENTERTAINMENT』の発表以降は、DJ LOVE以外のメンバーも本名を伏せている[3]。

SEKAI NO OWARI - Wikipedia

Tree

Tree

  • 発売日: 2019/01/18
  • メディア: MP3 ダウンロード