BUCK-TICK / 堕天使 季節になるとやってきては、巣立つ...

ツバメ(燕、玄鳥、乙鳥Hirundo rustica)は、スズメ目ツバメ科ツバメ属に分類される鳥類。古くはツバクラメあるいはツバクロと呼ばれた。

北半球の広い範囲で繁殖する。日本では沖縄県でも繁殖する。日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。

物語
『竹取物語』 - かぐや姫が5人の貴公子に出す結婚の条件の中に、燕の子安貝がある。
『幸福な王子』 - 金色に輝く王子の像が、越冬のためエジプトに渡ろうとするツバメを使いにして、貧しく不幸な人々のために自らがまとう宝石や金箔を分け与える物語。
『秋物語』 - NHK「みんなのうた」で流れた、越冬できなかったツバメの物語を歌詞にした歌。
『雀孝行』 - 「昔、燕と雀は姉妹であった。あるとき親の死に目に際して、雀はなりふり構わず駆けつけたので間に合った。しかし燕は紅をさしたりして着飾っていたので親の死に目に間に合わなかった。以来、神様は親孝行の雀には五穀を食べて暮らせるようにしたが、燕には虫しか食べられないようにした」という説話。

ツバメ - Wikipedia

BUCK-TICK 『堕天使』 

季節になるとやってきては、巣立つ...  

 季節になると、どこからともなく、ツバメがやってきた。文房具店の雨避け部分に、巣をつくった様子。不思議そうに眺めていたことを思い出される。何シーズンか、どっからかやってきては巣立っていく。そんなことをくりかえした。

 ある日のこと。大きな物音に驚き目を覚ます事になった。バクチクなのだろうか、店舗兼住宅になっており、2階部分が自部屋になっていたが、物音に驚き、家を飛び出し現場に向かった。

 以降、ツバメはやってこなくなってしまった。

 

劇場版BUCK TICK バクチク現象 1

劇場版BUCK TICK バクチク現象 1

  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: Prime Video
ミルミル好きが高じヤクルトファン

 サッカークラブに所属はしていたものの、父の影響もあったか、プロ野球好きでもある。神奈川県に越してから、巨人ファンから、地元大洋ファンに転向した父。Yakultミルミル好きが高じ、ヤクルトファンになった自分。

 キャプテン翼の影響もあり、Soccerにも興味をもつ。地元駅歩いて、10分程度のところにある、映画館で上映される、アニメ祭りというものを友人と見にいくことも、楽しみでもあり、何本立てかの1つに、「キャプテン翼」もあり、楽しみにしていました。

 そんなこともあってサッカークラブに所属をしていました。

 ある日のこと、友人に野球観戦に誘われる。

 

音楽と人 2020年 02 月号 [雑誌]

音楽と人 2020年 02 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/01/07
  • メディア: 雑誌
大洋対ロッテ戦により大洋ファンに転向

 地元、横浜スタジアムで行われるオープン戦、横浜大洋(現・DeNAベイスターズ)対ロッテオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)。

 友人は地元大洋のファンらしく、移動の電車のなかで、大洋の選手の話をしている。父は大洋ファンではあったが、そこまで、野球を知らない。ひとまず、話を合わせてやり過ごす。

 なんどか、横浜スタジアムに訪れたことはあったが、友人と二人できたことは初めてで楽しく過ごすことが出来た。その影響もあって、以降、横浜大洋ファンになって行きました。

 そんな最中に起こった、爆竹騒動。

 印象深く、記憶にとどめております。

 

BUCK-TICK / 「堕天使」ミュージックビデオ  


BUCK-TICK / 「堕天使」ミュージックビデオ 

BUCK-TICK(バクチク)は、日本の5人組ロックバンド。1987年にメジャーデビュー。

メンバー 
櫻井敦司(さくらい あつし 1966年3月7日 - 、群馬県藤岡市出身):ボーカル・作詞。
今井寿(いまい ひさし 1965年10月21日 - 、群馬県藤岡市出身):ギター・ノイズ・コーラス・作詞・作曲。
星野英彦(ほしの ひでひこ 1966年6月16日 - 、群馬県藤岡市出身):ギター・キーボード・コーラス・作曲。
樋口豊(ひぐち ゆたか 1967年1月24日 - 、群馬県高崎市出身):ベース。
ヤガミトール(1962年8月19日 - 、群馬県高崎市出身):ドラムス。

BUCK-TICK - Wikipedia

堕天使 (完全生産限定盤A)

堕天使 (完全生産限定盤A)

  • アーティスト:BUCK-TICK
  • 発売日: 2020/01/29
  • メディア: CD