塾で知り合った友人の話 塾帰りにビリヤードやゲームセンターで遊んだこともあった

塾で知り合った友人の話 

 中学2年頃から、塾に通いはじめる。

 駅から歩いてすぐの所にあることから、夜間などは、サラリーマン風の人も行き来しており、ほかの駅(大倉山、日吉)と比較しても、居酒屋なども多く、にぎわいを見せていた。

 塾は通うものの、勉強は好きで無い様子。できなくは無いものの、身が入らない。ただ、友人はできた様で、塾が終わると、駅周辺で遊ぶ事もあった。近くにビリヤード屋さんもできたらしく、帰りに立ち寄ったりもした。また、ゲームセンターで深夜まで遊ぶ事もあった。

 

 当時、ゲームセンターを営業している店側も、年齢制限が甘かったようで、口煩く言われる事もなく、ゲームを楽しむことが出来た。 

 塾がない日にも、知り合った友人と会うようになった。夜間に遊びに出る事も多く、両親も、それを咎める事なく、自由にさせてくれてた様です。

 よくない友人だったらしく、悪いことばかり思いついては、実行する。あまり度がすぎるので、追いかけ回された事もあったほど。それでも悪びれる事なく、思いついては、実行する。

 「通っている学校に忍び込み、職員室から、盗みを働いて来た」

 通っていた塾で、突如として言い出したりもする。それでも、楽しい人たちだったし、その後も変わらず、付き合いを続けた。 

 

 高校に進学するかしないかの頃に、一時的に距離ができた。塾に通わなくなったのも影響したか、頻度は減った。それでも、たまに連絡があり、会う事もあった。

 高校に進学した後も、以前の様に会うことを続けていた。

 そんなある日のこと、その頃、原動機付自転車の免許を取得しており、いつもの様にやって来た。

 通すと、異様な臭いが鼻をついた。

 プラモデルを作っていた事もあって、シンナーのにおいには慣れていたし、懐かしさすらあるにおいでもある。

 “吸っている?”

 確認してみたところ、空き缶にシンナーをいれて携帯している事も確認できた。この日は、なんとかやり過ごしたものの、様子もおかしく、以降、付き合わない様になった。

 そんな事もありました。

 

 

尾崎 豊 - I Love You(Live) 


尾崎 豊 - I Love You(Live)

尾崎豊が教えてくれたこと~YUTAKA OZAKI BALLAD COVERS~

尾崎豊が教えてくれたこと~YUTAKA OZAKI BALLAD COVERS~

  • 発売日: 2012/12/05
  • メディア: MP3 ダウンロード