Bump of Chicken / jupiter 02.天体観測 一本の線を引くように星が流れた... しし座流星群 2020年のピークは11月17日20時頃

Jupiter by Bump of Chicken (2002-02-20)

Jupiter by Bump of Chicken (2002-02-20)

  • アーティスト:Bump of Chicken
  • 出版社/メーカー: Imports
  • メディア: CD

Bump of Chicken『jupiter』 

01. Stage of the ground
02. 天体観測
03. Title of mine
04. キャッチボール
05. ハルジオン
06. ベンチとコーヒー
07. メロディーフラッグ
08. ベル
09. ダイヤモンド
10. ダンデライオン

BUMP OF CHICKEN『車輪の唄』 


BUMP OF CHICKEN『車輪の唄』

バンド・スコア BUMP OF CHICKEN / Butterflies (バンド・スコア)

バンド・スコア BUMP OF CHICKEN / Butterflies (バンド・スコア)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: ドレミ楽譜出版社
  • 発売日: 2016/09/30
  • メディア: 楽譜

jupiter

Bump of Chicken

 母の実家は栃木家大田原市にあり、お盆になると、親戚のおばさん、いとこのお姉さんと新幹線を利用し、向かいました。空気が澄んでいるせいか、夜になると空がキレイ。しばらく眺めていると、一本の線を引くように星が流れる。

 光害の影響もあって、なかなか都会では、星が綺麗と想うことも難しく、振り返るなかで、母と見た空に探そうとしている。

02.天体観測


BUMP OF CHICKEN『天体観測』

しし座流星群 2020年のピークは11月17日20時頃

11月の観測展望 
 11月はしし座流星群が極大を迎えます.2002年の素晴らしい活動を最後に,2009年にはZHR100程度の活動は見られましたが,当時のような華やかな活動はここ数年全く見られていません.基本的にはこの傾向がしばらくは続くと思われます.2020年のピークは17日20時頃(日本時)、月齢10と月明りの影響は小さい.ただしピーク時刻は日本からは早い.なお,いくつかのダストトレイが接近するという情報もありますので,近くなりましたら最新情報を入手してください.
 この他,おうし座流星群の北群が11月12日頃にピークを迎えます.数こそ多くはありませんが,1998年には火球が多く流れるなど,時々明るい流星が見られます.

 電波観測では,しし座流星群の活動は,突発出現がない限り,活動はほとんど捉えられないでしょう.対地速度が速いためロングエコーは散発すると思いますが,派手な活動とまではいかないと思います.
 このほか,5日頃を中心として,高原上の活動が見られることがあります.これは,おうし座流星群によるものと思われます.ロングエコー数も同様にあがることがあります.

 

星と空の日めくり: 願いと夢をもう一度、心が思い出すための ([実用品])

星と空の日めくり: 願いと夢をもう一度、心が思い出すための ([実用品])

  • 作者:KAGAYA
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2019/09/26
  • メディア: 単行本

10.ダンデライオン


BUMP OF CHICKEN 「ダンデライオン」を絵本にしてみた【さみしいライオン

ダンディライオン 仏 ライオンの歯 タンポポ キク科

 幼少期に夜尿症のような時期があって、小学生のある時期まで、おねしょをしてしまう事もありました。中学に上がるころにはおさまりましたが、小学校のある時期まで、まれに失敗してしまうような子でもありました。

 母も、おねしょに関して、叱るようなこともなく、いつものように過ごしていてくれましたが、自分としは、失敗してしまう事にショックを受けたり、ガッカリ自信を無くしたりもしていました。

 “ダンディライオン”をWikipediaを参照してみたところ、そんなことを想いだされました。 

 “英語名のダンディライオンは、フランス語で「ライオンの歯」を意味するダン=ド=リオンに由来。ギザギザした葉がライオンの牙を連想させることによる。また綿毛の球状の部分を指し、崩れるように散っていく様から、英名ブローボールスともいう。現代のフランス語ではピサンリというが、「ベッドの中のおしっこ」という意味である。これはタンポポに利尿作用があると考えられているためらしい。”

 

タンポポ(蒲公英)は、キク科タンポポ属 (Taraxacum) の総称である。多年生。多くはユーラシア大陸に自然分布する。中国植物名は、蒲公英(ほこうえい)。

名称 
属名のタラクサクム属(英語: Taraxacum)は、ギリシャ語を起源とする「苦痛を癒やす」という意味に基づく[1]。別説には、アラビア語で「苦い草」に基づくともいわれている[1]。

和名「タンポポ」の由来は諸説ある。花後の姿が綿球のタンポに似ているので、「タンポ穂」とよばれたとする説[1][2]。花茎を切り出して、その両側を細く切り裂いて水に浸けると反り返り、鼓の形になるので、タン・ポン・ポンという音の連想からという説[2][3]。タンポポが鼓を意味する小児語であったことから[4]、江戸時代にツヅミグサ(鼓草)と呼ばれていたものが、転じて植物もタンポポと呼ばれるようになったとする説がある[4]。日本語では古くはフヂナ、タナと呼ばれていた[4]。地方によっては、ツヅミグサ、フチナなどの方言名がある[1]。

英語名のダンディライオン (dandelion) は、フランス語で「ライオンの歯」を意味するダン=ド=リオン (dent-de-lion) に由来し、これはギザギザした葉がライオンの牙を連想させることによる[1][3]。また綿毛の球状の部分を指し、崩れるように散っていく様から、英名ブローボールス(blowball)ともいう[1]。現代のフランス語ではピサンリ (pissenlit) というが、piss-en-litで「ベッドの中のおしっこ」という意味である。これはタンポポに利尿作用があると考えられているためである。

中国の「蒲公英」は、モウコタンポポである[5]。

タンポポ - Wikipedia