AI / Story 自分と同じ心を、同じように愛す 対象の心から外れなければ、ロックな表現は成立する


AI - Story

無いものは見ることも出来ない

自分と同じ心を、同じように愛す 

 自分を大事にする。自分のことを愛するように、相手のことを愛す。

 同じものを内包しているものに同じものを見る。同じように思いを共にする。それを対というなら、そうなるだろうから、同じものをもち合わせている人と過ごしたほうが、上手に行きそう。自分を大事にするように相手のことも大事に出来る。これを愛国心といっても問題ないだろう。

 自分を愛するように、同じ心を内包している人を大事にする。愛する。愛国心、国体とも言えそう。

 それを、自分Aとして、同じ心を内包している対象に自分を見て愛する i

 “AI”

Story - Ai with lyrics 


Story - Ai with lyrics

AI(あい、1981年11月2日 - )は、日本の歌手、ソングライター。アメリカ合衆国生まれ、鹿児島県育ち[2]。所属レコード会社はユニバーサル ミュージック。

人物 
ロサンゼルス生まれのクォーターで、母方の祖母がイタリア系アメリカ人[2]。両親と妹の4人家族で、母親のバーバラ植村は地元鹿児島で講演やタレント活動などを行う文化人[3]、妹の幸(さち)はロサンゼルスでカメラマンやデザイナーをしている[4]。
ミドルネームのカリーナ(Carina)は「愛らしい、可愛い」という意味。

AI (歌手) - Wikipedia

Story

Story

  • 発売日: 2005/07/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
誰かの顔をイメージし、心に一致させるように

 たとえば、ロックな表現というものはあるのだとして、どのようにして考えれば良いのだろうか。

 みずから表現することが必要になる。自らの思いのたけを、何かに表現する。本音を表現していく。そのさまをとらえてロックというなら、そのようになる。

 あまりにも、対象の心から外れていると、本音だとしても、ロックな表現は問題になるから、常日ごろから、鏡を見る感覚で、あらゆるものごとと向き合う。 

 図1円を自分とすると、矢印が向かう方に、対象となるもの。繰り返し行う中で自然と上達するから、心を知るには、交換日記というものも良さそう。

図1

f:id:ktake0606:20190118042448p:plain

1 本来の音色。本当の音色。
2 本心からいう言葉。「本音が出る」「本音を吐く」

本音(ホンネ)とは - コトバンク

対象の心を外さない

「世の中における自分」「内輪の中の自分」「純粋な自分」

 ただ、自由気ままな表現を続ければ、いずれ問題視される。

 いくら、本音を表現することがロックなのだとしても、あまりにも常識から外れた表現をすると目をつけられ、問題視される。いずれお縄になるだろう。 

 なので、 自分がどのように世間から映っているのかも視点も必要になるし、また、働きかける相手にとってどうか、の視点も重要になりそう。どちらかと言うと、後者が重要なことがら。おそらく、こちらを外さなければ、問題視されることもないのだろう。

 成立している事から、問題なさそう。

対象の心から外れなければ、ロックな表現は成立する

 前者は、「世の中における自分」にあたるだろうし、後者は、「内輪の中の自分」「純粋な自分」のどちらか。

 前者は建前という言い方もできるし、後者は、本音に近い。なので、本音から発せられた表現を対象に受け入れられる事で、互いに心地よい気持ちになれ、それを自由というなら、そのようになる。

 互いに成立しているなら、商品としても成り立っている。口出しされることも少なそう。

 

BEST A.I.(Re-born EDITION)(初回限定)(DVD付)

BEST A.I.(Re-born EDITION)(初回限定)(DVD付)

  • アーティスト:AI
  • 発売日: 2009/11/18
  • メディア: CD