F-4 ファントムII 米マクドネル社が開発した艦上戦闘機 ノウハウ蓄積の結果「F-4EJ改がF-15Jをバンバン墜とす」

F-4 ファントムII

アメリカ合衆国マクドネル社が開発した艦上戦闘機

 F-4ファントムIIが気になり調べてみたところ、まだまだ、現役で活躍できるらしいことが分かってきた。

 下記引用があるので、確認してもらいたいのですが、F-35A「ライトニングII」導入に伴い、今後どのようになるのか気になっていたところ、どうも、退役間近にもかかわらず、空自F-4EJ改がF-15Jをバンバン墜としているらしい。

 自分のような、中年にとって、元気が出るお話。

 

令和元年度小牧基地航空祭 RF 4ファントムIIの飛行 


令和元年度小牧基地航空祭 RF 4ファントムIIの飛行

ノウハウ蓄積「F-4EJ改がF-15Jをバンバン墜とす」

 イメージしてみたところ、昭和46年に導入されており、歴も長く、蓄積されてきた、ノウハウのようなものも多く、改良を重ねている結果ともいえる。もちろん、そもそもの能力が劣っているので、いずれ力関係が逆転することはあるだろうが、いずれにしも、元気の出る記事でした。ありがとうございました。

 

空自の「ファントムライダー」はいま猛者だらけ 
「今、F-4乗りは凄いことになっていますよ。訓練においてF-15を撃墜(判定)するレベルの猛者ばかりです」

 筆者(関 賢太郎:航空軍事評論家)は航空自衛隊の次世代戦闘機F-35A「ライトニングII」の導入遅れにともなうF-4「ファントムII」の寿命枯渇問題について、ある防衛省関係者にF-4の飛行時間節約にともなう練度低下が問題となっていないのであろうか質問したところ、以上のような回答を得ることができました。

 F-4は1971(昭和46)年に導入された、2018年2月現在の航空自衛隊において最も古い戦闘機であり、ステルス戦闘機F-35Aへの更新が予定されている退役間近の機体です。それにもかかわらず、200機が配備されている現主力戦闘機F-15との訓練においては勝利することもけっして珍しくないそうです....

F-4 ファントムII(McDonnel F-4 PhantomII)は、アメリカ合衆国のマクドネル社が開発した艦上戦闘機である。アメリカ海軍をはじめ、多くの国の軍隊で採用された。愛称はファントムII(Phantom II)。

概要 

アメリカ海軍初の全天候型双発艦上戦闘機として開発され、大型の翼と高出力のジェットエンジンを双発で装備し大きな搭載量を特徴としている。当初の機種番号は海軍ではF4H、アメリカ空軍ではF-110だったが1962年にアメリカ軍の軍用機の命名規則統一によりF-4となった。

ベトナム戦争での活躍から多くの西側諸国に採用され、各国の要求に応じて様々な派生型が数多く作られたことにより冷戦期の代表的な機体となった。数々の実戦戦績や各国へのセールスの成功も含めて傑作戦闘機と評価され、マクドネル社の発展の原動力としてその名を世界に広めた戦闘機とされる。

F-4 (戦闘機) - Wikipedia

永遠の翼 F-4ファントム

永遠の翼 F-4ファントム

  • 作者:小峯 隆生
  • 発売日: 2018/11/09
  • メディア: 単行本