TRICERATOPS / Going to the moon カラオケが好きなようで歌って発散 10年後20年後も元気でいられるように....


スターライト スターライト/TRICERATOPS_MUSIC VIDEO

Going to the moon

カラオケが好きなようで、歌って発散

 最近はお邪魔することが出来ていませんが、カラオケが好きなようで、歌うことでストレスを発散しているようです。家で過ごしていても、合わせて歌うこともあるようで、音楽を聴く事でゆっくり過ごすことも出来ているようです。ありがとうございました。

 TRICERATOPSさんの“Going to the moon”もカラオケで楽しく歌わせて頂いております。ありがとうございました。落ち着かない日々を過ごしており、長年テーマにもなっているようです。いかに、リラックスして過ごすか。幼少期から、兆候があったようで、耳鳴り、睡眠障害、頭痛、腰痛など、障害のデパート状態になっていたようです。

TRICERATOPS <トライセラトップス>Going to the moon 


TRICERATOPS <トライセラトップス>Going to the moon

「GOING TO THE MOON」(ゴーイング・トゥ・ザ・ムーン)は、日本のロックバンド、TRICERATOPSが1999年5月19日 にリリースした8thシングル

内容 
前作より3ヶ月ぶり、新作としては5ヶ月ぶりとなったシングル。
本曲はポカリスエットのタイアップに選ばれ大量オンエアされた。そのことから、バンドの知名度が一気にアップした。
初回特典:オリジナルステッカー封入

GOING TO THE MOON - Wikipedia

似た言葉going concern 「継続企業の前提」

 そんな時に音楽などを聴いて、一緒に歌う。楽しく過ごせていたようです。

 似たような言葉があるようで、ゴーイングコンサーン(going concern)といって、企業などが将来にわたって存続する前提のことを指しており、従業員も抱えている事から、そういった考えのもとで経営していかないと、従業員も不安になってしまうだろうから、そういった考えは必要になりそう。

 

継続企業の前提(けいぞくきぎょうのぜんてい)とは、企業等が将来にわたって存続するという前提のこと。

ゴーイングコンサーン(going concern)とも呼ばれる。企業以外の組織体の場合は、継続事業の前提、継続組合の前提などと呼ばれることもある。

継続企業の前提 - Wikipedia

「競馬」 年間スケジュールをこなす必要性

 現在、コロナウィルスの影響などもあって、無観客で競馬などが行われている。観客はいないのにも関わらずレースはいつものように行われており、中継などを見ると違和感を覚えたりもするが、やはり、脈々と受け継いで来たものを途絶えさせてはいけない。

 年間スケジュールというものもあって、そういった習慣から育まれるものもある。聞こえは悪いかも知れないが、大レースは選別といった側面もあって、続ける以外にない。コロナウィルスは問題なのかも知れないが、そういった事を無視できない事から、続ける以外ないのでしょう。

 ゴーイングコンサーンの考え方に近いかも知れません。

 

TRICERATOPS(トライセラトップス)は、日本のスリーピース・ロックバンド。略称はトライセラ。所属事務所はトリニティー・アーティスト。

GRAPEVINEとはデビューが同期であり、和田は「ずーっと共にこの音楽の道を歩んで来た、戦友的存在」だと発言している[13]。GRAPEVINEも同時期にデビューしたバンドの中でTRICERATOPSと仲が良いとインタビュー内で述べているなど親交がある[14]。デビューから11年目の2008年10月13日に新宿LOFTで初の2マンライブを行い、2012年に行われたTRICERATOPSの15周年ツアー、2014年の「DINOSAUR ROCK’N ROLL 6」でも2バンドによる対バンが実現した。2016年には対バンツアーが行われる。
NONA REEVESともデビュー時期が近く、知り合ってからの時期も長いことから親交があったものの、2012年にTRICERATOPSの15周年ライヴで対バンを行うまで、両バンドの2マンライブは実現していなかったという[15]。

TRICERATOPS - Wikipedia

DINOSOUL -BEST OF TRICERATOPS-(ALBUM+DVD)

DINOSOUL -BEST OF TRICERATOPS-(ALBUM+DVD)

  • アーティスト:TRICERATOPS
  • 発売日: 2012/07/18
  • メディア: CD